07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

2016アメリカ大統領選、地域別得票マップ前回比較付きで(西部編) 

ということで、このシリーズの続き、先に西から。

モンタナ州(トランプ3)
そもそもまずモンタナの都市部ってどこだ?というとこから始まったけど、西部中央の水色の部分がミズーラという都市、らしい。
最大のビリングス市は赤。結構面積大きめの郡で青いところは、インディアン居留地らしいぞ(結局ほぼノーコメ)

[2016]
Montana Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Montana presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

ワイオミング州(トランプ3)
ワイオミングにも都市部などない!ということで、唯一の青はやはりこっちもイエローストーンの山の中。
そこの民主支持は強まる一方で、全体の共和党支持も強まるという「両極化」の傾向。

[2016]
Wyoming Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link


[2012]
Wyoming presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

コロラド州(クリントン9)
個人的に共和党が勝つ時にはここを取る、と思ってたけどそういう州にはならなかったなぁ、的な基本僅差の州。
しかし上の方で前回より青くなってるボルダーとデンバーに、その他のより赤くなった地域という傾向はこちらも同じ。州南部に何が起きたのだろう。因みに都市人口で結構大きいコロラドスプリングスが赤だけど、これは空軍とかの根城だからだと思う。

[2016]
Colorado Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Colorado presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

ニューメキシコ州(クリントン5)
赤の中の青い州、ヒスパニック人口に引っ張られて大体民主党優位なお国柄。
しかし今回は第3の候補ジョンソンの地元とあり、クリントン・トランプいずれも得票減。

[2016]
New Mexico Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
New mexico presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

アイダホ州(トランプ4)
一般的には真ん中の下にある水色が同州最大の都市…と思いきやボイジはもっと西で、該当箇所はスキーリゾートなんですと。
ここも、ユタのマクマリンに食われてちょっと両者票を減らし傾向。

[2016]

Idaho Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Idaho presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

ユタ州(トランプ6)
マクマリン世論調査でトップとか、いい夢見させやがって結局20%くらいしか取れてねぇじゃねえか。
しかしそれでソルトレイクシティ周辺が青くなったのって、マクマリンがほとんど保守票だけを喰って行ったのだろうか。

[2016]
Utah Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Utah presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

アリゾナ州(トランプ11)
田舎州続くと「都会はねぇのか都会は~」となるけど、皮肉にもこの地域の大都市フェニックスは、珍しくというか、赤い大都市。
気持ちトランプが減らしているのは、ロムニーがこっち方面地盤だったのもあろう。

[2016]
Arizona Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Arizona presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

ネヴァダ州(クリントン6)
多分クリントン陣営ここは頑張ったと思うし、ここくらい拾っておけば普通勝てたはずなんだよ普通は。
ただ、単純にトランプが票を伸ばせてなかった的な感じにも見えて、キャラが合わなかっただけかなとも。

[2016]
Nevada Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Nevada presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

ワシントン州(クリントン12)
沿岸部引っ繰り返されてるのは、割と選挙に対するモチベみたいな方が大きいのかどうか。
投票的には、むしろ民主党が差を広げてるのだけど、西海岸だと大勢出始めてから投票とかあるしな…。

[2016]
Washington Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Washington presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

オレゴン州(クリントン7)
結構デモが過激化とかあるけど、別にそんな民主党地盤な訳では無く、今回もせいぜい51%。
君らの説得力が低かったのではないか感はあるか…。ポートランド・セイラム・ユージーンと都市圏は手堅かったが。

[2016]
Oregon Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
Oregon presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

カリフォルニア州(クリントン55)
全米最大の無風区。多分今回見た州の中で一番「傾向が変わってない」のではないかな。
いわゆる「日本人の思ってるアメリカ」って意味では、一番の近似値は間違いなくこの州であろう。

[2016]
California Presidential Election Results 2016.svg
By Ali Zifan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link
[2012]
California presidential election results 2012.svg
By Inqvisitor - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: アメリカ大統領選

ジャンル: 政治・経済

海外雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/3370-d6f072f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top