FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

凱旋門賞確定。 


Beyond
Beyond; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F2.8 1/80s ISO-100

遠くまで。

10月6日ロンシャン5R 16:15発走 芝2400m
第92回カタール凱旋門賞(G1)
総賞金4800000EUR 3歳上牡牝 定量(3歳56kg,4上59.5kg、牝1.5kg減)
馬枠 馬名      産地性齢斤量 騎手   戦勝 近走成績  厩舎     父
11Very Nice Name  FR 牡4 595コンヴェルテ166 3休742 de.ミュール   Whipper
212Novellist     IRE 牡4 595ムルタ   119 1休111 ヴェーラーGER Monsun
318Al Kazeem     GB 牡5 595ドイル   147 11132 チャールトンGB Dubawi
414Joshua Tree    IRE 牡6 595ヒューズ  296 休63102 ダンロップGB  モンジュー
52Meandre      FR 牡5 595リスポリ  226 69331 シャヴエフCZE Slickly
68Orfevre      JPN 牡5 595スミヨン  1710 2休1休1 池江泰寿JPN   ステイゴールド
74Going Somewhere  BRZ 牡4 595ベノワ   113 523休4 スマガ     Sulamani
817Haya Landa    FR 牝5 58 ブロンデル 231 22366 オードンたん  ランド
93Pirika      IRE 牝5 58 ブードー  173 14653 ファーブル   Monsun
107Flintshire    GB 牡3 56 ギュイヨン 53 12114 ファーブル   Dansili
115Leading Light   IRE 牡3 56 モッセ   65 休1111 オブライエンIR モンジュー
1213Ocovango     GB 牡3 56 パスキエ  63 11533 ファーブル   Monsun
1310Penglai Pavilion USA 牡3 56 バルザローナ74 12121 ファーブル   Monsun
1411Kizuna      JPN 牡3 56 武豊    86 111休1 佐々木晶三JPN ディープインパクト
156Ruler of the WorldIRE 牡3 56 ムーア   53 11152 オブライエンIR Galileo
1616Sahawar      FR 牡3 56 テュリエ  102 33232 フェルラン   Dark Angel
179Intello      GER 牡3 56 ペリエ   86 31131 ファーブル   Galileo
1815Treve       FR 牝3 545ジャルネ  44 1休111 ヘッドたん   Motivator


 今日は、何となく俯瞰的に出走表を眺める。

 凱旋門賞は、確かに3歳に有利な斤量であり、それゆえに3歳馬の出走も目立つ一方で、ここに出てきた3歳のうち、翌年も主役を張れる馬はそう多くない。勝ってしまったらそれはそれで引退を動機付ける面はあるし、実際に2400路線を維持するほど形の固まっていない馬も多いのかもしれない。まぁ実際、昨年3歳でこのレースに出た馬は1頭も居ない訳だが、そうした意味では、ここを超えてさらに強くなることの難しさ、みたいな辺りも、このレースに出る3歳勢については思ったり。キズナ、Ruler of the World、Treve辺りの有力馬含め、勝っても負けても、この後の物語をどう紡ぐのかな、ということも。
 まぁ昨年の3歳がそういうここに来てない現状と言うのは、実際今年の4歳が欧州においてそう恵まれた世代ではない、ということでもある気はするのだが、一方でこのカテゴリにおいてある意味「晩成化」が進んでいる面はあって、それがAl Kazeemやオルフェーヴルの熟成という形でこの出走表に繋がっているようにも。まぁ前者はここに来てやや失速気味だし、後者も春はさほど順調にレースを積めた訳では無いのだけれど、強豪として相応の立場を築いてこのレースに臨むことに。二度目の凱旋門というと地味な所でMeandreなんかもそうだけど、この馬もよう頑張ってバーデンでも好走してゴタゴタしたけどオイロパ勝って、とは思う。一方で4歳のNovellistであっても、やはりクラシックを賑わせた馬ではあるのだが、そこから*デインドリーム相手の完敗などを思うと「本来3歳でピークであるべき馬が経た回り道」という辺りの晩成さを思う。
 何となく、90年代から2000年代辺りの凱旋門も変わってきていて、競馬の風景が変わる辺りで、日本馬にもチャンスが訪れたのかなということは思う。それはレベルが下がったというのともちょっと違っていて、凱旋門は凱旋門で、やはりチャンピオンを選ぶ格を維持したレースではある、と言うしかないメンバーではあるのだけど。

 一方で、血統という点では、なかなかに「相譲らない三つ巴」な組手となった感がある。
 最早アメリカ産は退潮して久しいが、そうした中で12F路線の顔役というべき大種牡馬たるGalileoと*モンジューに、こと大陸の中距離ではそこに並ぶ存在に近づいたMonsunという欧州の本格派からはRulerとTreveにNovellist、そしてそれに対してやや軽量感を持ちつつ汎用性を秘めたDanzigとMr.Prospectorの父系を代表するような形で登場するFlintshireにAl Kazeem、に対して*サンデーサイレンスという巨星がサイアーオブサイアーとして磨きをかけて後継として繰り出すツートップたるディープインパクトとステイゴールドから、キズナとオルフェーヴル。
 第一のグループは、牝系もLassie Dear、Trillion、Naxosと、米仏独における文句ない名牝系に由来し、数代にわたりキズの無い配合を誇る。第二のグループは母系にShirley Heightsが入る一方、NijinskyやThe Minstrelといったアメリカのパワー系をキーとしながら配合のバランスを汎用的に振った感がある。そして、キズナとオルフェは、それぞれの父におけるベストニックを軸足としながら、ディテールの精緻さが地力を引き伸ばした。
 それぞれに実にキャラクターがあり、この噛み合わせはどういう方向の血統ファンからも、なかなかにワクワクするものでは無いだろうか。
 単純に、それぞれのアイデンティティがどうぶつかるか、それだけでも愉しめるレースとして期待したい。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

欧州競馬  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/2499-1f94b52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top