FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

今年のディープ限定POG指名。 

 目黒記念流し撮り(挨拶)。
 個人的にはやや露出明るすぎて勝負服がちとトビ気味なのと、手前側多分スマートロビンのゼッケンがやや消えきってない辺りが反省点。先頭の頭とかが残せてるのはいい感じなんだけど。

Turfwind
Turfwind; D7000 Sigma 150mm 1:2.8 APO Macro EX DG HSM F11 1/8s ISO-200

 で、今年のディープ指名10頭(別にみんながディープ固めというルールでやってる訳では無いが)。結構2~4位くらい(ゼウスバローズ、シュタインベルガー、ベルキャニオン)を喰われてるので微妙にやられた感はあるけれど、まぁ20頭指名してハズレ含めて5頭くらいオープンに上がるくらいを基準で撃てればいいなとは思う。
 ハズレ含めて指名だけならブリランテもジェンティルも出来てた昨年とかはそういう意味では自分もヴィルシーナで食えたしまぁまぁ、という年で、今年は面白いくらいオープン上がれなくてようやっとデニムアンドルビーで重賞拾えてメンツ立てられた、みたいな感じ。
 ただ、去年は本当に走りそうな馬見つけるのが難しい世代だなぁ的なスイングしない感覚はあったのよね(実際今年ディープ産駒勝ち馬率低いし)。それでも結局桜花賞とダービーをディープが抜いてると考えれば完敗ではあるけれど。さて、それよりは気楽にセレクト出来た気がする今年はどうじゃら。


1)ステファノス(ココシュニック):牡・藤原英昭
 1位でキャロもスジ悪いかとは思いつつ、何となくローカルルールの指名ポイント的に余り冒険利きづらかったんで。あと、こういう配合的にベタセオリー的なニックスが入っていない中から狙ってみて、ディープのフォーマットを超える何かを見てみたい、その際にクロフネ的な血脈とかは面白そうかな、という辺りの見立ての捻りも含めて。
2)アドマイヤシーマ(ショアー):牝・友道康夫
 エックスマークとワールドエースで上位迷って前者…みたいなことがあったが、この血脈はもうちょい再試行して、ということで。結果としてこの手の血脈が「走らないことは無い」とは思いたい部分もあるのよね。シュペトレーゼも含めて3度目だけど、そろそろ。
3)サンドラバローズ(メジロサンドラ):牝・池江泰寿
 そんな上位で指名するタイプでも無かったけど、何となく上の方に入れたくなってという感じで7位指名くらい。大体この辺りで遊び心重視の指名が入りがちではあるんだけれど、この厩舎のマック血脈の仕上げみたいなのを、ディープとかでも見られればなぁというのも。
4)ノーブルステラの11:牡・堀宣行
 後で気づいたけど、ファンド解散の後に拾われてるのね。まぁ基本的に母父Monsunですから、ある種の宗教枠ということで。うまいことデビュー出来たらいいなぁというか、この繁殖を追っかけてることの生存証明的にも。
5)セウアズール(シャピーラ):牝・松田博資
 微妙にこの順位では低いとは思いつつ、拾えた感じで。Lord Gayle, Lyphard, Borealis と割とツボなところを押えた名前が絡む血脈で、もうちょい上位でも良かったんではというとこでも。厩舎がこの血統にスイングするタイプか、ではあるよなぁ。
6)マリアライト(クリソプレーズ):牝・久保田貴士
 母父エルコンを指名したのは初めてな気がするけど、一応ノーザン物件で、あと今年母父キンカメで重賞を獲れた辺りで、Kingmambo悪くないやんというとこから、1頭当たってみた。正直芝に出て、余りムチムチなマイラータイプには出ない辺りで、走るタイプだとしても辛抱させられそうではあるけど。
7)デュアルインパクト(デュアルストーリー):牡・手塚貴久
 エンドスウィープもちょこちょこ手を出しつつ、こっちは全然走ってないんだけれど、割とやっぱり何か走るツボみたいなのがないかなぁ、という感じで1頭くらい探してしまうものであり。母がHalo内包なのと、Heliopolisのクロスになってる辺りを一つ視点にしてみたけど、ちょい米血過ぎるのかな。
8)パスファインダー(ディスカバリングビューティー):牡・国枝栄
 セオリー的なとこでNureyev、というのはベースだけど、当然この見たこともないPretty Ways=Lipstickという珍しい牝馬クロスが目に付いたから指名してみた、というのはあり。厩舎はディープ実績ある訳で、まぁこの順位で取れるなら悪くないはずだろう。
9)エイシンヒカリ(キャタリナ):牡・未定
 Storm Cat、実はそこまでどうやったら走るのか判ってない部分もあるけど、まぁそうした中でちょっと安直に非社台で何か見つけて、という微妙なラインの。それこそ祖母父Caroとか、割と古い血ではあるって意味でキズナ的セオリーということにするw
10)チョコレートバイン(シャンクシー):牝・加藤征弘
 オリービンとか出て来て、そろそろ思い出したように走り出さないかなくらいの呼吸な気がする繁殖、まぁNureyev系ではあるし、ちょっと指名してみたくなり。Aureoleとかも、ディープにはいいようには思うんだけどなぁ、とも考えつつ。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/2385-617ed880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top