FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

虚構新聞に騙されることについての幾つかの断章。 

 写真は、虚構の要素の方が強いことが多い(挨拶。

Ligne Claire Akihabara - Manseibashi
Ligne Claire Akihabara - Manseibashi; OM-D E-M5 CANON LENS(ex. Serenar) 28mm/f3.5-I F5.6 1/640s ISO-200

 で、何か虚構新聞回りで色々言われているようではあるが。
 個人的には、騙されるというか「リンクをクリックしないで反応する」みたいな辺りが、どうも割と現代的なネットの光景だよなぁ、みたいな辺りの感慨は強かったりする。ぶこめにもちょいカイタノだけれど、バーナーズ・リーはHTTPというものを「リンクをクリックして情報を参照する」ためのものとして創造したはずである。まさか、そこの手前にあるリンク一つすら踏む手間を惜しむ、というのは、まさに想像の埒外ではあっただろう。というか、そんなインターネットの使い方をするってのは、本来的な意味では、それこそ社主言うところの「猫を電子レンジ」的な域にあったのではないか、とは思われる。
 しかし、実際ネットを15年以上やってる自分でも、リンクいちいち踏まずに何かを書こうとしてしまうことは皆無ではない訳で、これは正直踏まない人をそこまで笑えるものではない。言わば、インターネットのあり方自体が変わった結果、そういう使い方が増えた、ということであろう。何となれば、やはりネットに流れる情報量自体はアホみたいに増えていて、しかもノイズの側に大幅に増えているのである。ノイズが増えたのも、「個人的なコミュニケーション」にネットが近づいたからであり、別に人間がたかが20年も経たないうちに急速に劣化した訳ではない。ただ、情報をVerifyすることの「手間感」は総じて上がっているのではあろう。
 一方で、基本的に虚構新聞見れば分かるが、あれって結構一昔前のテキストサイト的なノリのサイトであり、実際社主自身もそこそこネット的には「古株」な部類であることは想像するに容易で、で、あの人その辺の感覚が「古い」のかもな、ってのはある。言わば、本当に「何でリンク一つ踏んでくれないのか」みたいなのを、割と分かってない部分はあるのかもなぁ、とも。そういう辺りで感性がちょっと抜けてる、ってのは、何となくひろゆき的な性格のイメージをダブらせてしまう所はあるけれども、まぁ。

 しかし、「そんな虚構新聞が人を騙すことが害悪になってるのか」みたいなのは、イマイチ懐疑的ではあったり。もうちょい言えば、基本的に初見ではかなりの人が騙されるだろう。ただ、初見では騙されるのはある意味水疱瘡のような伝染病にかかるみたいなもんで、基本的には1回である種の免疫のつくものではあり。無論、伝染病でも水疱瘡ではなく破傷風やジフテリア程度の殺傷能力があれば、一回で免役つくものでも法的に予防接種を講じなければイカンのだけれど、そういう殺傷能力が虚構新聞にあるのか、っつーと、んー、としか。
 で、少なくとも「騙されて恥かいた」という人であればあるほど、その「罹患による免疫」は強いのではないか、とは思う。ただ、そこは個人差があって、まぁ何回でも騙されて、「また騙されちゃった、テヘペロ」的な人も居たりはするかも知れないけれど、そういう人は騙されたショックが低い、というお話ではないか。
 言わば、「騙されて傷つく人は2回は騙されないから、1回騙される以上の実害はなく、何回も騙される人はそもそも騙されて疵にならない」のなら、虚構新聞騙された問題に、そこまで対策のコスト掛けるもんか?ってのは、ぶっちゃけ疑問としか。

 一方で、騙されることについての「リテラシーの無さ」を殊更に言擧げするのもどうよとは、思うには思う。
 いや騙されるでしょ、騙される程度に秀逸なトラップは仕込んでるんだから。
 少なくとも、予備知識なかった人が騙された場合、そこは虚構を褒める場面であり騙された人を蔑む場面ではない。ある意味、当然すぎるくらい当然なんだけれど、初見で騙されたっぽい人まで、ミソクソ一緒にして低リテラシー呼ばわりすることは、虚構新聞の常連読み手であれば自重しなければならないところであろう。
 また、「騙される」ではなく、「政治的に自分に都合がいい」と、人は無駄に飛びついてしまう、みたいな辺りは虚構新聞的にももうちょっと意識されるべきではないかな、とは思ったり。要するに、今回のハシシタ話なんかは、冗談としてはそこまでぶっ飛んでないけれど、そのネタが「政治的に自分に都合がいい」人が一定数居るから飛びついちゃって、そしてそういう人は事実ではないと気付くと、無駄に裏切られた感というか敵意を燃やしちゃうよね、みたいな部分。
 無論、実社会と遊離して中立なお話やってもジョークサイトとしてはつまらん訳だけれど、現実との距離感については、もうちょっと折り合いを付けないと、今後もこのような空騒ぎのタネにはなりそうよね、とは思った。

 まぁ基本そんな感じで虚構擁護的な論調で色々書いてみたが、一方で、そこまで毎回毎回大笑いして見ているって訳でも無いそこそこ当たり外れあるなぁと思いながら読んでる読者としては、まぁサイトでかくなるとどうしても更新圧力は強いんだろうけど、適度に休み休みネタを練りながら、無理せずヒット率を上げる方向で頼む、くらいのノリで。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 今日、気になったネタ

ジャンル: ニュース

よしなしごと  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

 

長い。

URL | 殿下の下僕 #-

2012/05/16 08:02 * 編集 *

なーんだ。つまんね。

URL | 殿下の下僕 #-

2012/05/16 17:23 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/2085-efa77232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top