07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

マイクロフォーサーズのレンズの売れ筋とか 

 そろそろ、20mm=必須レンズ、でなくてもいいのかもではあるが(挨拶。

Tramway, Sous Bleu
Tramway, Sous Bleu; DMC-GF1 Lumix G 20mm/F1.7 ASPH. F1.7 1/50s ISO-100

 実際のところどうなんだろう、みたいなのは特に今迄用もないので調べてなかったんだけれど、まぁたまには見てみよう、てな感じで何となくBCNとか見てみたり。データは古いけど、最新の月別ランクとか見てもシェアの数字までは載ってないものの、大体の傾向は近いかな、と。

 で、まぁ普通に20mm/F1.7がトップというのはある種お約束ではあるのだけれど、意外にもそれとさほど差のない2位と健闘してるのが、パナの14-45/3.5-5.6だったりする。まぁ14-42を交換レンズとしては売っていないから、ではあるのだけれど、ある意味前世代のレンズでありながら結構これだけ売れてる辺りは、敢えてダブルキットではなくこっちを選んでる、みたいな人が居るんでしょうかね。ちょっとでもやはり、倍率がある方がいいんかな?
 ただ、それに比べるとパナにしてもオリにしても高倍率は売れてない辺りで、やはり高倍率=重くて暗い、で嫌われがちなのかな、なんてことも(動画には絶対1本欲しいが)。一方で、重さって意味では、やたら大口径の通しズームとか作っても、重さで敬遠されそうで、ある意味そのバランスをスイートスポット的に掴んで値段を抑えた「ちょっとだけハイクラス」が必要そうにも思われ。14-60mm/F3.5-4.5くらいとか、字面的には半端だけど、コーティングや見た目で差を付けて、サイズは14-45並みとか。

 単焦点はさほど売れてる印象はないけれど、これらは元々キットレンズで、バラで買う割高感はあるタイプなので、まぁ仕方ないかなとは思いつつ、実際にはバーゲン価格のレンズがどちらかというとズームに多いイメージがこれまではあったので、例えばオリが本当に45/1.8とか出したら、また傾向替わってくるかなぁ、なんてことは思いつつ。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材

ジャンル: 写真

趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/1824-436df7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top