02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

A Sunday Saturation Trilogy -1- 飽和してるのは、血統なのか? 

 書いてたら、結構長くなったので、3分割(挨拶。

Saturation -定向-

ダービー全馬、サンデーサイレンスの孫対決 血統の偏り鮮明 主要競馬国でも異例@日経つかノモケン氏。

 てな訳で、割とバズってたこの話題。
 さて実際、サンデーの血は「飽和」するのでしょうか?
 という辺りに行き着く際に、まずは現在の本朝馬産界における社台グループという存在の大きさが、あるのではないでしょうか。要するに、飽和しているのは「サンデーの血」以上に、というか以前に、「社台グループの馬」であるようにも。サンデーが成功を謳歌しているのは言わばこの「社台グループの成功」の二次的な効果であるようにも見えますし、競馬ファン的にもむしろ「社台の飽和」の方に目が向きがちなのが昨今の傾向のようにも見受けられます。
 早田牧場やメジロ牧場などといった対抗勢力が次々と弱体化・崩壊への道を辿る中で、この牧場だけが配合から育成に至るまで規模とノウハウを半ば独占的に強化し、ガリバー化しているのが、そもそもある程度以上の規模の馬産国においては奇観というか極めて珍しいケースではないかと。例えば、フェデリコ・テシオやE.P.テイラーはイタリアやカナダのような辺境で大成功を収めますが、それでもテシオはかなりライバルにも恵まれていますし、テイラーのいたカナダは少なからずアメリカとマージナルではありました。
 その上で、「ライバルが無力化される」なかで独占的な地位を得ると、競争の不在からレベルが下がりやすくなることが案じられるものです。実際、サンデー御本尊が世を去ってもう10年近くなり、それ以降輸入種牡馬で*トニービン級の成功もなければ、落ち込みが発生してもおかしくない頃でしょう。

 ところが、転がる社台は苔を生さない。
 JRAのレースに対する国際的な開放路線が着々と進められた中で、外国馬や外国産馬、或いは在外馬主などの参入が進められたが、そのグローバル化に伍するためのあらゆる事業を、着々と進めていった。時には、不況すらある意味「利用する」化のように、外国の馬主の財布の不安に乗じて繁殖を購買してきたりもする。種牡馬については*エルコンドルパサーの早世や*ウォーエンブレムの性欲欠如に悩まされて血の更新が遅れたが、繁殖牝馬の方は輸入でリソースを着実に更新している。
 ディープインパクトの産駒でクラシックに乗った馬は多くがそうした輸入牝馬から生まれていますが、自身のキャラクターが決して順調に伝わっているとは言えない中で、そうした海外良血牝馬のポテンシャルで走らせているようにも見えます。言わば、国内にいながらにして、「海外の繁殖に付けて回っている」かのように振る舞っているようにも。それだけに、サンデー系全体として、繁殖牝馬ベースでは「飽和」は意外と緩和されているようにも見える。とりわけ、牡馬ベースではなく牝馬ベースでそれが出来るのは手強いと言うべきか。

 社台の成功というのは、そうした血統面や、或いはその他様々な面において、「国内で集中的に成功してる企業として産業界を集約し、世界水準の中に身を置き、国際競争に通用せんとする」という側面があり、言わば「本朝では稀有な、サムスン型ビジネスモデルの成功例」なのかも知れません。そういう意味で「モノが違う」からこそ国内では無敵を誇り、海外勢力の急速な浸潤も食い止めてきたのでしょう。
 ただ、サムスンと違い社台はまだ、国外での成功度はそれほど高くありません。
 国内の産業規模が巨大であるから、国外の成功無くとも海外に対してある程度伍せているのが現状ではあるでしょう。
 そうした中で、特に今年などは震災の影響もあり、年々低落傾向の馬券の売上減も加速が掛ってしまいましたし、馬主経済の縮小も留まる様子はありません。そこそこコアなファンが加齢しつつも一口養ぶ……ゲフゲフン、会員として、総じて社台を中心とするピラミッドを支える構図はありますが、それも限界はありか。
 そうなると、今後は現状以上に「海外で勝てる馬」を出すことが強く要請されるのかな、とは思われ、そのレベルに向けてグレードアップすることが、長期的な「現状の持続モデルの維持」にはなるのでしょう。

 ……というタイミングでドバイWCを勝っちゃうんだから、ある種の引きの強さはありますが、はたして。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

血統雑談  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/1797-17d80aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top