07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

ディープ固め。 

 ダービーウィークはPOGウィークでもあった訳で(挨拶。

Hofbräuhaus in Tokio
Hofbräuhaus in Tokio posted by (C)有芝まはる殿下。
DMC-G1 Ai Noct-Nikkor 58mm/1:1.2 F2.0 1/80s ISO-250

てな訳で、自分とこのPOG馬10頭決まったのを軽く晒し。
取り敢えず今年はディープ心中モードで。

1)ヴィジャイ(オイスターチケット):牡・松田国英
 さしあたり、金子馬を上位で撮っておきたかったのが第一義。やっぱあの勝負服の馬で走られたら普通に萌えるしな。ベタに祭で*カーリングも悪くなかったけど、気持ちピンと来なかったというか行きづらかった気持ちもあったので、こちらで。まぁサンデー産駒種牡馬で*トニービン入れて悪いタイプも余りないし、*テスコボーイもちょっと軽いけど悪くはないかな、と。あとは自分とこの厩舎の相性の悪さだけが課題か。
2)リトルダーリン(エリモエクセル):牝・角居勝彦
 で、やはり金子馬らしいこちらも。厩舎が馬持ちすぎなんじゃないかとかあるけど、やはりどうしても入ってくる厩舎ではあり。基本、割と好きなオークス馬なので敢えて的に取ったけど、何か、小柄というかパーツが狭くまとまりすぎてる気はするかなぁ。98クラシック組応援の意味も込めてというか、エリモの血が久しぶりに来て欲しい的な願望もあり。
3)オンリーザブレイヴ(プラウドビューティー):牡・角居勝彦
 こっちも角居馬。この馬は純粋に配合見て祖母父に Unfuwain のいる Cocotte (経由で Alycidon も入る)のファミリーならばまずは申し分なし、という辺りでの獲得。何かぐぐると元々そんな順調な経緯を辿って無い馬っぽいけれど、馬体は雰囲気あったし、こういうのがビシっと初年度から走ってくれると嬉しいという願望で。
4)ディヴァインクレア(ペトラ):牝・池江泰郎
 カイシュウタキオンとかミッキーペトラの下。てことで、割とPO的に初速が付けばいいなぁという訳ですが、骨瘤でデビュー遅れか……。まぁこの馬も配合で取ってて、要は Burghclere の3×3。繁殖になっても追っかけていきたいタイプの馬、という側面もあり。若干周縁の米血がキツめなので、どう出るか微妙と言えば微妙ではあるんですが。
5)アルティシムス(アルーリングアクト):牡・野村彰彦
 字面的にデビュー早そうかなぁくらいのイメージで。実際どの辺りで降りてくるのかよく分からんですが。比較的サンデーとの相性が良かった*エンドスウィープの地力も期待込み、という辺りで。馬体はややパワー的な印象はありますが、この辺りが稼げるかが今期のポイントな気はする。
6)シュプリームギフト(スーヴェニアギフト):牝・池江泰郎
 池江父Qの馬が来年何処にいるかは分からんのですが、逆に早いデビューでどれだけガシガシ稼ぎに来てくれるか的な辺りの早馬。この順位で取れたのは割と幸運かも。因みにこれより上ではアドマイヤカーリン競り負けてます。大物感って意味では微妙だけれど、1/4スピードで配合嵌れば。
7)ペルレンケッテ(プンティラ):牝・音無秀孝
 ドイツ血統利権とか言って、赤本に載ってないとかいう罠のような展開もあるのですが、まぁ流石にディープ産駒だったらどっかには引っ掛かってくる件(笑)。まぁ実績馬の仔ですし、それなりに期待してもいいかなと。あんまり短いところでは……てな辺りで牝馬ってのは難しくはあれど、まぁ、頑張ってくれ。
8)マヤノアブソルートの08:牝・森秀行
 去年はステラリードでスタートダッシュを決めてくれた森Qで柳の下的な何か。一応夏デビュー目標らしいという辺りで。配合はややゴテゴテ系だけど、競馬場で疲弊してなければ、Buckpasser の位置的には面白い繁殖だと思うんだよなぁ。>マヤノ
9)フレールジャック(ハルーワソング):牡・友道康夫
 キャロ馬。一口の評判とかは全然見てない(笑)。一頭くらい Halo クロスあってもいい気はしたし、それならば Glorious Song の牝系だよなぁ、デビューもそこそこ早そうっぽいしまぁ悪くないかな、くらいで。牡馬が結局4頭になってしまったので、この辺りの順位でも何とか頑張って欲しいが。
10)デラモーレ(ベラミアモーレ):牝・伊藤圭三
 何故か Storm Cat×Seattle Slew×Raise a Native なんて、配合的にはどうやってディープ相手に嵌るねん的な馬を指名してしまったのだが、関東馬も1頭くらい欲しかったとか割と軽い意図だったりもする。ただ、サンデー系に変わってスズカベラミーで新馬結構強かったし、この母父で結構稼ぐ馬取ってるイメージはあったので。

 ……後から考えれば、メジロダイボサツくらい獲っとけよって感じなのですが、まぁ。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

ディープ固め、おみそれしました。

リベルタス、確かにこれだけ前評判が高いと逆に行きづらいって気持ちはわかります。
こんだけど派手にいろんな要素てんこ盛りだと、取るのにかえって臆面のなさが必要とされそうだし、走らなかったときに妙に気恥ずかしいし。
(なんてことを書くのは自分がPOG未経験者だからですが)
気分としては、これが走ってくれたら爽快なのですけれど。

ペルレンケッテ、これが大きなところ取ってくれたら、これもまた嬉しいなあ。

ところで、エイシンフラッシュの解説が基本あっさり味だったのは、書くべき点って旧ウェブサイトであらかたお書きになったとか?
そう思って昔お書きになったものを検めてみようと思ったら昔のものが意外に読めない件について。

エイシンフラッシュ、バーデン大賞出ないかなあ?

URL | 宮嶋陽人 #-

2010/06/08 01:26 * 編集 *

コメント遅れましたが。

宮嶋さま>
やっぱ、ちょい繁殖としてトウ立ってるかなぁって辺りも気になって>リベルタス。
エイシンフラッシュ話は、ちょっと違うアプローチから書いた話をやや取っ散らかして締まってて、ちょい尺的に薄味になった次第。ヴィクとこの馬は、欧州向いてる気はしますねぇ。

URL | 有芝まはる殿下。 #LBrjZuRI

2010/06/15 19:45 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/1494-9a785d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top