08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

*アーバンシーの、インブリードの可能性 

うちのぬこは無駄にアウトブリードな訳だが(挨拶。

お昼寝猫
お昼寝猫 posted by (C)有芝まはる殿下。
DMC-G1 SMC-Takumar 1:1.4/50mm F2.8 1/30s ISO-800

Inbreeding to Urban Sea a possible risk - Bolger@Racing Post

 タイトルとは裏腹に、積極的に Galileo 牝馬と Sea the Stars の配合をやってくよ、というボルガー師のお話。言及はされてないのだけれど、ある程度X染色体経路とかも意識はされてるのかどうか、って辺りは気になるところではあるかも。
 基本的な線として、*アーバンシーの場合、自身が優れた繁殖たる Allegretta と優れた種牡馬である Miswaki のアウトブリードって辺りで、まぁ実際それで能力あれだけ伝えてる訳だけれど、やはり外交馬の性として、近い代での近交はやや当たり外れは出て来そうで、ちょっとサポート血脈を必要とするか、相似配合的な別系統のクロスを要求する、といった部分はあるかも知れない。反面、アウトであれだけ能力を伝えた背景にはやはり性染色体的な部分での能力供給の安定を挙げられるタイプで、その意味では Galileo 牝馬使ってX経路狙うのは一つのやり方かも、とも思いつつ、まぁどっちかというと牝馬で繁殖向きが出やすそうかなぁとも思われつつ。
 因みに、*アーバンシー産駒の伝えるところの能力からは、Buckpasser 的な色合いを、Allegretta よりも強く感じなくはないが、この辺り解釈は如何か。>誰に?

 で、個々の配合を見ると、俎上に上がってる Lush Lashes にしても Cuis Ghaire にしても、どっちも Danzig が絡む、って辺り。個人的には、Danzig を絡めるならば、ネタ的に面白そうなのは Roi Danzig 辺りで、Roi Danzig≒Green Desert という、父と母父が共通ながらかなり特性の異なる種牡馬の疑似クロスで出てくるものと組み合わせる、なんてのがあり、そういう意味で Elle Danzig に丁度 Galileo 産駒の Elle Galante とか出てるから面白そうだなぁと思うのだけれど、Lush Lashes は、Anabaa において Sir Gaylord, Never Bend と、Green Desert に通じる血脈があって、これはこれでまぁ、的な。
 ただ、実際 Danzig がクロスしてしまうよりは、Mill Reef 辺りを絡めたサドリーフ的な Galileo 産駒で Green Desert 内の Never Bend を活用する、って辺りが英愛の血統プール使う場合には王道なのかもなぁ、とか思う。この血脈だと、Buckpasser に絡める血脈みたいなアプローチもあって、例えばもう1頭挙がってる Maoineach なんかは、Miswaki と Seeking the Gold でプロパサーを絡める手筋なんだけれど、こうなってくるとやや過剰感みたいなのが出てくる。つかこの配合、*アラジ経由で Blushing Groom や Dinner Partner も Buckpasser と絡んで、エグいよなぁ。同様な理由で、Nijinsky とかもちょい絡めづらい。実際、Nijinsky を入れた Urban Sea 仔である Melikah なんかが繁殖として輝いてないことを思うと(そこ、*ラムタラだし……とか言わない!)。

 後は、細かいところで、Alycidon とかは絡めて、Alycidon=Acropolis でドイツ血脈強めたいよなぁ、とか思うんだけれど。これもビッタリ Elle Galante が嵌るパターンなんだけれど、別に Alycidon くらいなら英愛の繁殖にもまだあちこち転がってると思うので、まぁ色々試して欲しいなぁ、と。
 一方で、ドイツ血統ヲタ的には、むしろ「プアマンズSea the Galileo」的に、Tertullian 辺りを Galileo や Sea the Stars の血脈と絡めてみたかったり。上述の*アーバンシーのアウトブリード問題も、Miswaki と Allegretta を個別のクロス馬として解決させる、的な手筋にはなるし。少なくとも、King's Best 辺り絡めるよりは色々面白そうではあろうか、と(笑)。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

血統雑談  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

Re: *アーバンシーの、インブリードの可能性

シーザスターズ×ガリレオ牝馬の交配……だと……?
猛伴性遺伝会会員にしてブサック厨の拙は久々に萌え死にそうです(挨拶)。

このメイティング、X経路的な意味を別としても、かなりイイ線を狙っている
ように思うんですががGaga。

>やはり外交馬の性として、近い代での近交はやや当たり外れは出て来そうで、ちょっとサポート血脈を必要とするか、相似配合的な別系統のクロスを要求する、といった部分はあるかも知れない。

後段については完全に同意なのでありますけども、前段について拙は
「外交馬だからこそ近い代での近交に当たりが多く混じるよ!よ!」
なる立場です。
すなわち、アーバンシーのアウトブリードは「問題」ではなく武器であると。

レーポス記事中にも触れられてますが、ボルガー師はブサックの手法を
強く意識しているように思います。
アーバンシーの血統表を上下逆さまにすると、米血近交×欧血近交→外交配
ということで、ブサック時代のトゥルビヨンと似た構図・立ち位置になり、
さらにガリレオもシーザスターズも、(やや)外交配×外交配→外交配
ということで、トゥルビヨンの娘、エスメラルダに通じます。
つまりシーザスターズ×ガリレオ牝馬とは…ジェダーやコロナティオンを
現代に復活させる試みだったんだよ!ΩΩΩ<な、なんだってー

5年以上前に書いた拙稿の引用で恐縮ですが

>>外交配合馬 Tourbillon の中には米仏の両近交配合馬が入っているので、
>>米仏どちらかの近交系を再び呼び覚ますことで、Tourbillon の代の外交は
>>言うなれば〈一時的な外交〉となり、また違った意味合いを帯びてきます。
>>父方・母方どちらの近交系を用いても、反対側がカウンターウェイトとなって
>>配合をビシッと締めてくれるからです。笠雄二郎氏が言う〈1/4異系交配〉の
>>原理ですね。

>>いったいなぜ Coronation は成功したのでしょうか。そしてなぜブサックは
>>他にも近交配合馬を成功させることができたのでしょうか。
>>近交系のくだりで述べたように、近交対象が Tourbillon であること自体は、
>>実はあまり重要ではありません。

>>Coronation の配合は、3代目祖先を強い近交レベルで揃えながら、両親祖父母で
>>ほぼ徹底して外交に転じ、2世代分の〈一時的な外交〉を挟んで、当代で再び
>>超近交側に跳躍する、という形になっています。
>> これは Tourbillon 産駒の一部近交馬、Djebel 産駒の大部分が用いていた
>>〈一時的な外交〉からの揺り戻しという配合パターンを、外交側にも近交側にも
>>拡張したものだ、とも言えます。

以上を敷衍して、シーザスターズ×ガリレオ牝馬は十分挑戦する価値のある
配合だと考える次第。

> 因みに、*アーバンシー産駒の伝えるところの能力からは、Buckpasser 的な
>色合いを、Allegretta よりも強く感じなくはないが、この辺り解釈は如何か。

オイロパで走っている限りにおいて相対的にバクパサっぽさを感じ、
北米に持って行けばアナテフカっぽさ(ラベル貼るならアレグレッタというより
こっち。X経路的な意味では特に)を感じるのではないかと。

一方でフランス血統ヲタ的には、Anabaa Blueをこそむしろ「プアマンズ(以下略)

URL | さ #KFnQoIb2

2010/02/19 18:33 * 編集 *

Re: *アーバンシーの、インブリードの可能性

ほ、本物ですか?
でしたら、初めまして。
更新、90%以上諦めているんですが、ずっと楽しみに待って居るんです。

URL | 岸辺円六 #UODr0Lv2

2010/02/22 01:49 * 編集 *

Re: *アーバンシーの、インブリードの可能性

は、はじめまして。憶えていていただいて恐縮です。
競馬キャリアや記憶は幾度かの断絶を経ておりますが、
鞘的人格はまだどうにか保持しておりまする。

誠に面目ないことながら、新書換算数冊分の積みネタはあれど、
それを満足ゆくレベルでネットにのっけるぱうわーが今は無い
というか、まあ完全主義長文厨にありがちな陥穽の中にある次第。
無限に推敲校正したいタチなので、ついったーなんてとてもとても。^^;

我が筆不精を鑑みると、継続的に表現活動を行っておられる
魔春殿下。らには深く頭を垂れるものです。
 # そうそう、あの笊様が、かつての予告通り海外競馬
 # 解説者になられていることも大きな喜びでありました。
 # どうかセカイのアキヤマとして更なる雄飛を遂げて
 # いただきたいなう。

URL | さ #mnvXAZkI

2010/02/23 21:13 * 編集 *

Re: *アーバンシーの、インブリードの可能性

レス有難うございます。

>それを満足ゆくレベルでネットにのっけるぱうわーが今は無い
お察し致します。
アップされているあの内容を考えると、
その何倍(何十倍?)もの資料と時間と労力が費やされていることを容易く想像され、
眩暈がしてしまいそうになります。
一ファンの無責任な希望を無神経に吐露してしまい、
申し訳ありませんでした。すいません。
ただ、おそらく競馬歴はほぼ一緒と推察されますが、
当方がネットを見始めたのが遅く、
鞘様が活動を休止された後に貴サイトに気づき、
その後はストーカーばりに2ちゃんの過去ログや、あちこち活動の後を漁り続けて参りました。
例えて言うなら、憧れのミュージシャンをリアルタイムで知らないファン故の悲しさというか…。
ご容赦下さい。

>殿下。
個人的な心情の吐露に使ってすいません。

URL | 岸辺円六 #UODr0Lv2

2010/02/24 00:28 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/1420-6c6b29ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top