fc2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

亡きタキオンによせて。 

 「ひかり」「こだま」に続く新たな新幹線が出る、という話になった時、オヤジが自信満々に言った。
「光より速い新幹線なら、タキオンに決まっとるわ!」
……てな訳で、300系写真を掘り出してみてうp(挨拶。

新幹線300系 京都駅
新幹線300系 京都駅 posted by (C)有芝まはる殿下。

 社台としては、*エルコンドルパサー、*エンドスウィープ、アドマイヤベガといった辺りに続く、比較的供用年数の浅い種牡馬の死となった。強いて言えば、タキオンの引退は3歳なので、馬としては若死ではあるが種牡馬としては8世代もいれば十分にタマは残せている訳で、その意味ではまだ不幸中の幸いではある。
 しかし、何と言っても、リーディングサイアーである。
 内国産種牡馬としてクモハタ以来という壮大な快挙を成し遂げたこの馬は、惜しまれるに余りあるものではある。また、やはりある程度年を経て世代を跨る形で種付けした世代は、これまでの活躍馬ともまたひと味違ったタイプの馬が出てくるものではあったかともとも考えられ、そういう意味でもこの馬に10代後半から20代前半辺りの種付け世代が現れなかったことに関しては、惜しまれるべきではあろう。或いは、Hyperion 的な地力と Domino 的な爆発力という相反した才能を兼ね備えた*サンデーサイレンスの血脈にあって、生命力という側面では後者の要素をより強く享けた(*ロイヤルスキーは母方に Domino が強い)……などと妄想するのは考え過ぎか。

 それにしても、現在の社台のラインアップを見ると、20歳を越えるのがサッカーボーイにトウカイテイオー、そこに迫るのが*ホワイトマズルと、確かに産駒とてもよく走ったんだけれど、明らかにアンダーレートというか、長距離に実績が偏ったり芝に実績が偏ったり子出しが余り良くなくてちょっと機会を生かし切れなかったりという辺りが細々と生き残った感があるのはどういう風に表現したらよいのだろう、と考え込んでしまう。フジキセキくらい海千山千な種牡馬が20歳に至ったら、こうしたモヤモヤ感は和らいできたりするのだろうか。そこまであと5年、果たして。

 などと、彼の不在を惜しみつつも色々とそうした周辺の方に思いがいきがちなのは、やはり「サンデー系」がどのように今後遇されるかのある種のターニングポイント、みたいな部分を感じるからだろうか。恐らく、今回の訃報によりある種の「アドバンテージ」的なものを得るのは、2頭のディープ、というのがベタな見解にはなるのだろう。エース候補として相当な機会を与えられ、ここで父を同じくする先達の不在を得る3冠馬と、引退後に争うべき強大な父の不在を得る現役牡馬のトップホース。
 その上で、両者のうち明らかにアンダードッグである所のディープスカイが種牡馬入りした暁にせめてジャングルポケット程度に機会を得る程度の成績を持って帰れれば、案外面白いのかも知れない、と思う。社台は余り自牧場の牝馬に自牧場の種牡馬のインブリードは行わないが、牡馬側が3×で、なおかつ繁殖リソースがある程度増加する中で、そうした方向が新たに採用されるかも知れない。無論、失敗作も多くは出ようが(アウトブリードのサンデーはインブリード対象に不利、と俺の中の名古屋弁が囁く)、ある種の時代を切り開くスタートラインにはいるかも知れない。無論、時間が経つと今度はインパクトの方で2×4、なんて方向も出てくるかも知れないから、優しい勝負ではないが。
 ともあれ、ディープインパクト的な後発種牡馬によって Northern Dancer 的な展開をするのか、ディープスカイ的な世代更新によって Mr.Prospector 的な展開をするのか、或いは中間世代が穏当に世代を更新していくのか、その辺りの分岐点に現在は差し掛かっている、と思う。その上で、そうして見えてきた方向性が、Storm Cat と Sadler's Wells と*デインヒルの日本適性の低さによって一時的に停滞した輸入種牡馬勢の再襲来に堪えられるのか、ということも含めて。

 アグネスタキオンの思い出というと、自分の中では度肝を吐かされたのは勿論ラジたんであるが、一方で記憶の中により強く刻み込まれているのは外に振られ気味になってやや苦戦しながら勝利したように見えた皐月賞の方である。ある意味、こうした試練こそが、この馬を切り開くのではないかな、みたいな思いで彼のレースを場外のビジョンで眺めていた記憶が何となく生々しく残っていて。
 結果として、試練はやはり反動をより大きく残すものであったのだろうが、才能だけでなく「全力」が見られたことに関しての充足感は、少なくともこの馬に感じることは出来た。
 そうした思いを反芻しながら、類い希な競走馬にして種牡馬に、別れを告げたい。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

タグ: 競馬  血統  アグネスタキオン 
国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

Re: 亡きタキオンによせて。

サンデー父系孫初のダービー馬たるディープスカイが、種牡馬としては相当の苦戦が予想されて、カネヒキリ、デルタブルース的現役生活を続けざるをえないのか、と思っていた身にしては、ある意味で「死して美田を遺した」ことにはなるのかもしれません。
(ニュービギニングにとっても福音?なのか)

どうもこう、リーディングサイアーといっても、ノーザンテーストとサンデーサイレンスの間に挟まれたリアルシャダイ、トニービンの印象があって、というのはどうしたことなんだろうなあと自分では思います。
競走馬としても種牡馬としても、一瞬のきらめきを残して駆けていったということと、そうはいってもあと3世代は産駒を見られるということのギャップがあり。
その短い期間の中であっても、実に様々なタイプの馬を出したという多彩さもあり。
と書いてきたところで、どうも本来ならもっと時間をかけて考え語るべき内容を、あまりに短期間に一度に起こし、そして「それでじゅうぶん」とばかりに去っていくというあたりの振り回され感が残ります。

#ヘビー級ステイヤーとしてニュービギニングが開花していれば、もっと面白かったのになあというのが個人的な残念です。

URL | 宮嶋陽人 #sBScUCMc

2009/06/24 12:13 * 編集 *

Re: 亡きタキオンによせて。

>(*ロイヤルスキーは母方に Domino が強い)
*ダンシングキイとその子供たちは、Dominoの強さの割にかなりの生命力を見せてるわけですが、これはNorthern Dancerから受け継がれたものなのかしらん?

それは シラオキ さておき、
>恐らく、今回の訃報によりある種の「アドバンテージ」的なものを得るのは、
>2頭のディープ、というのがベタな見解にはなるのだろう。
自分なんかが思ったのは、結果としてタキオンは「中継ぎ」になっちまうのかなぁ、ということでして、本来はサンデー産駆達で凌ぎを削りながらリーディングを取り合う構図になるはずだったのが(良し悪しは別として)、先達であるダンスインザダークは父が健在な内に種牡馬としての全盛を越えてしまい、タキオンの台頭と三冠馬の種牡馬デビューを待てずに失速、タキオン以前で最良の後継となるはずだったサイレンススズカは競馬場に消え(これもDomino強い……)、フジキセキはタキオン級の現役時代とは裏腹に種牡馬成績は悶えたり、他にライバルたりえそうなのはダイワメジャーくらいしか見当たらない状況だと、もしかしたらタキオン一強なりかけ→ディープインパクト一強になってしまうかもね、などと思っております(長いよ)。
現役のほうのディープは種牡馬能力「それなり」っぽいですし(レースぶりから、個人的にそう思っているだけですが)。

URL | NOBIE #-

2009/06/28 01:12 * 編集 *

Re: 亡きタキオンによせて。

宮嶋さま>
しかし、今日のレースみたいなの勝てないと、ちょっとデスカ的にはいただけないかな、とは思いつつ、タキオン産駒って阪神2200未勝利だったんですよね。そこに阪神2000以上不敗のドリジャニがいたってのは不運ではあったか。メガワンも阪神巧い部類でしたし。
1頭くらい、菊で本領を発揮するタキオン産駒が残った中から出るといいなぁ、とは思われますね。

NOBIEさま>
ダンパなんかはそんな「Dominoっぽい」印象は残さなかった感がありますし、その辺のキャラはちょい違いますかね。Nijinsky がその辺りを埋める何かを持ってたかも。
ところで、宮嶋氏からも「中継ぎ」的印象が語られるところですけれど、その辺りの方向性を決めるのが本来2007~2008生まれの世代だったのかなぁと思われます。果たしてこの辺りがどれくらい結果を出せるか、でしょうね。
で、今残った中では実績最右翼はある意味ネオユニなんですが(牡馬で結果出せてるのはポイント高いかと)、この馬のそれこそ2007以降の票田って結構タキオンとディープに喰われてるような印象があって、タキオンとは逆の意味で「その不利をどの程度跳ね返せるか」という勝負になったような感も。

URL | 有芝まはる(ry #LBrjZuRI

2009/06/29 00:15 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/1332-ab3cb57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top