FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

2冠にウォークオーヴァー、となるか。 

 ところで、かんべえ氏の日記にてヒラリー・クリントンを辛辣に扱った風刺の例として
●倒れこんだ競走馬の背中に乗っているヒラリー。「勝つまで辞めないわよ。安楽死なんてさせないわ!」
なんてのが出てた訳ですが、こういうのがスッと出て来る辺り、かの国における Barbaro の悲劇ってのはなかなかに膾炙されているということなんだろうか、みたいなことを思ってしまったり。ある意味、かの馬は日本におけるトキノミノル的な、ダービーを駈け抜けて星になったパーフェクトホース、みたいな部分はあるのだろうなぁ、と感慨を持ちつつ、プリークネス。
5月17日ピムリコ12R 18:15発走 芝9.5F
第133回プリークネスS(GI)
総賞金$1000000 3歳 定量(126lb、牝5lb減)
枠 馬名      性齢斤量 騎手   戦勝 近走成績  厩舎     ML 父
1Macho Again    牡3 126ルパルー  83 26171 スチュアート  20-1 Macho Uno
2Tres Borrachos  せ3 126T.ベイズ  71 112433 グリーリー   30-1 Ecton Park
3Icebad Crane   牡3 126ローズ   43 -1131 モーション   30-1 Jump Start
4Yankee Bravo   牡3 126ソリス   53 休1134 ギャラガー   15-1 Yankee Gentleman
5Behindatthebar  牡3 126フローレス 53 21511 プレッチャー  10-1 Forest Wildcat
6Racecar Rhapsody 牡3 126アルバラード61 34休44 マクピーク   30-1 Tale of the Cat
7Big Brown     牡3 126デザーモ  44 1休111 ダットローJr   1-2 Boundary
8Kentucky Bear   牡3 126セリオット 31 --173 ベイカー    15-1 Mr.Greeley
9Stevil      牡3 126J.ヴェラスケ61 42354 ジトー     30-1 Maris's Mon
10Riley Tucker   牡3 126プラド   71 休6223 モット     30-1 Harlan's Holiday
11Giant Moon    牡3 126ドミンゲス 64 11194 ショスバーグ  30-1 Giant's Causeway
12Gayego      牡3 126スミス   63 212117 ロボ       8-1 Gilded Time
13Hey Byrn     牡3 126ロペス   84 休1141 プレザJr    20-1 Put It Back
 大凡*シルバーチャーム辺りから Smarty Jones に至るまで、プリークネスというレースはある種の微妙さというか、「ケンタッキーダービー馬が2冠馬になるためのレース」みたいな淡泊な位置づけのレースになっていた気がする。一方同時に「ケンタッキーダービー馬がベルモントを勝てないためのレース」にもなっていて、またそれが3冠自体の意義を問うような部分もあったり、いやだからこそ3冠は凄いと思わせる部分であったり、なかなかそこは議論が分かれるんだろうけれど。で、それに対して、2006年のプリークネスでああいう事故があって、去年はダービー3着の Curlin による逆転劇、とあいなった訳ではありますが、どうも今年については何というかそういうここ2年の傾向からまた元に戻すようなレース、には見えたり。取り敢えずダービー出てるってだけで Gayego が2番人気になってるっぽいのが笑える。字面そこそこの Behindatthebar はシンセ巧者っぽいし、Icebad Crane も4戦3勝とは言え前走の2着が*カジノドライヴに打っ千切られた Mint Lane となると、やはり格下感は否めず、そうなってくると前走ウッドで2馬身差4着の Giant Moon 辺りが人気ない辺りでは手強い存在、つーくらいかと思いつつ、やはり勝ち負けにはどうかと。そうなってくると、Big Brown としては如何に負荷をかけすぎずにニューヨークへ行きたいか~、みたいなレースという位置づけではあるか。まぁ Smarty Jones なんかの時はダービーの2,3着馬も出てたし、Barbaro にとっても Bernardini は無事であっても手強い馬だったことを思うに、今年のダービー馬は相当ラクはさせて貰えてる気がするのは、*カジノドライヴ辺りにとっては不運ではあるかも。
 しかし、仮に*カジノドライヴが連闘でここに出てた場合、どれくらいのオッズなりMLがついてたんだろうね、みたいなことはちょっと思う。こないだのメンバーが出て来たレースに自分も出てた、みたいな出走馬は前述の Icebad と、フロリダで Tomcito と対戦した Hey Byrn 辺りだけど、両方ともまぁ20~30と普通に人気薄。そうなると、10-1くらいかなぁとか考えつつも、勝ち方が良かったし血統分合わせれば5-1くらい、にはなるのかな。ベルモントもこれくらいの面子なら、本番それくらいの人気と見てもいいかも。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

タグ: 競馬  レース展望  アメリカ 
北米競馬  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

こんばんは。ヒラリーの部分についてですが、こちらの話ではないかと思います。

http://www.courier-journal.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20080502/SPORTS08/80502008

URL | SeaBird #-

2008/05/17 00:23 * 編集 *

これとは多分ちょっとノリ的に違うんではないかと思いますが、それにしてもよくこんなニュース拾ってこられますねぇ、と敬服しました。
俺も英語版のGoogle Newsくらいは目を通すのですが、意外と後で面白いニュースを拾い損ねてたり。

URL | 有芝まはる(ry #LBrjZuRI

2008/05/17 18:13 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/1215-9b7934b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top