fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

DQIVにおけるピサロのマネジメント能力の件。 

魔王のマネジネント能力について。@不倒城

 なかなか愉しいエントリ。
 で、この辺りの力感覚で面白いと思うのは、DQIVのピサロ辺りかなぁなどと考えつつ、彼の失敗について軽くケーススタディでもしてみよう。

 基本的に、魔族を統べる存在でありながら、地底を除けば実効支配してるのはリバーサイドの上流のみで、高度な科学技術を誇りドラゴンキラーなどの重武装を誇るリバーサイドの民辺りとガチで戦ったら多分いい勝負程度の「弱い魔王」的なパワーバランスという感じ。恐らくその程度の能力でしかないので、自身の目的とする「人間を滅ぼす」という野望を達成するには「進化の秘法」などに頼らざるを得ないのでしょう。ただ、個別の魔物は結構強いわけで、では何故にその程度の弱い現況で燻ってるのかというと、結局のところは「数で劣る」からだと考えるのが妥当っぽく思われます。そして、そうであるならば、基本的にその辺で出くわす魔物たちは別に魔王との支配~被支配の関係にはないのでしょう。

 それは、決して根拠の無い話ではなく、例えば5章のサントハイムでバルザックを倒した後も、城の中の魔物たちは落城に慌てる様子も無く普通に残っている訳で、恐らくバルザックが連れてきた魔物はせいぜい数匹のサイ男くらいだろうと推測。また、勇者の村を襲ったときも、恐らくエビルプリースト以下の四天王辺りを直々に動員して、余り部下の魔物みたいなのを大量に連れてくということはなかったとも思われ。その上で、ある程度その辺に転がってるモンスターに関しては、基本的には勝手にそこにいるだけなのではなかろうか。ただ、例えば周りが強い魔物だらけだとやはり弱い魔物は淘汰される一方で、弱い魔物は類友的に集まる側面もあるかも知れない。また、人間の多い場所には基本的にそう強い魔物は来ないのかな、とも思われる。というのは、ある程度強い魔物相手だと、結構人間の側が本気こいて対策を講じようとするため、賢明な強い魔物は余りおいそれと近づかないのではなかろうか。何しろ、人間だからと言ってナメてかかると、HP800と無限のMPを持ち、ヒャダルコやスクルトを使いこなすバゴタのようなツワモノもいたりする訳だし、結構魔物といえどそう人間と差がある訳ではないのかもしれない。

 結論として言えば、ピサロの場合は手駒をそう持っておらず、悪事を働くにも一定の限界があり、その上で強い魔物を分散して配置しようにも人間に大真面目に応戦されたら勝ち目が無い、みたいな状況に元々あって、プロジェクトマネジメント能力がよしんばあったとしても、限定的な力しか加えることが出来なかったのかなと思う。まぁそんなピサロや魔物に苦戦するんだからある程度勇者はヘタレな訳であるが、基本的に彼らは元々世界を救うってよりは自分たちの都合で導かれてる部分もあり、余り世界の国々の協力を受けられない情勢だったから仕方ないのかとは思うが。ただ、その上でピサロの最大のミスは、勇者の村を制圧した後、せめて見張りのスモールグール1匹くらいは残しておくべきだった、という辺りに尽きるかもしれない。恐らく彼が勇者が実は生きていたと気づくのは、キングレオが倒されるよりもヘタしたら後であり、サントハイムでバルザックが倒されて進化の秘法の実験が失敗した辺りではないかとは思う。そして第2のミスは、その勇者が実は生きてたと気づいた段階で、エビプリだとかその辺りの最高の戦力を集中して勇者を倒しに行かなかった辺りで、ここがまぁ彼のプロマネ的なミスとは言えるのかな、とは思う。反面、この辺りでエスターク復活に関してかなりメドが立っていたので、そちらを優先すればあとはどうとでもなる、みたいな見立てはあったのだろうか。その見込み違いが最終的に彼を敗北に導いたには違いないにしても、まぁこの辺りの判断は微妙かな、とも思われなくは無い。また、先にあげた勇者の村の制圧後の件であるが、これはエンドールというこの世界でも屈指の人口密集地帯に比較的勇者の村が近かったという地政的な事情が、「強い魔物」を配置するために難しかったかな、とも思われるだけに、やや弁解の余地はあるところでもあり。逆に言えば、マスタードラゴンもそこまで考慮して、天空人の仔をあそこに匿ったのだろうなどとも考えられるし。

 まぁ、ことDQIVに関して言えば、多分魔王たるピサロがプロマネ力がなかったから敗れたってよりは、単純にピサロの勢力が大して強くなかった、という結論になるかなという気もする。その辺りで、ロト編のラスボスと比較して彼のカリスマ性が微妙である、ってことにはなるのかなとも。実際、そんな比較的少人数のセクトなのにエビプリには裏切られるし、悲しいラスボスだよなぁ、と振り返ることでこの話を措くこととしよう。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ドラゴンクエスト

ジャンル: ゲーム

タグ: ドラゴンクエスト  ゲーム 
よしなしごと  /  tb: 0  /  cm: 11  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

NoTitle

リンク先の主がその昔運営していた掲示板はよくROMってた(死語)んですが、住人(主含む)がほどよく壊れてて楽しかった思い出が。
――いや、どうでもいい話ですが、こんなとこで繋がりが出るとわ。

それはともかく魔王が世界を制せない理由ですが、ドラクエに限って言えば、魔物・魔族は単独行動が基本だから、というのはあるでしょう。前者は本能的にしか生きられないために、後者はいわゆる「プライド」が高いため、というのがその理由に考えられます。
また、魔王の意志に従うのは魔族クラスのモンスターということになるわけですが、こいつら、やる気があるようには見えません(w)。これは、人間を滅ぼす(もしくは支配し続ける)理由が希薄だ(※トップ以外が)、というのが大きいように思います。これじゃあ勇者一行に情勢引っくり返される罠、と冷静になっても思えなくは無い。特に件のピサロなんて、本人のやる気は十分だったものの、その理由が理由だもんで、部下のやる気はほとんど無いに等しかったわけで、エビプリの裏切りも、マッドサイエンティストな自己の欲望を満たすためのもの(だったような気がする、違ってたらスマソ)と惨々。

ちなみに、戦力的なものは、どの魔王も似たようなものなんではないでしょうか?

URL | NOBIE #aEcLkrJQ

2007/07/20 00:44 * 編集 *

NoTitle

NOBIEさま>
>後者はいわゆる「プライド」が高いため
あぁ、こういう発想は確かに重要ですね。
ダレン・シャンなんかでもしきりに「ヴァンパイヤとしての誇り」みたいな話が出てきますが、そういう辺りで魔族がその能力が高すぎるゆえの制約を負っている、みたいなのはあるのかも。
先進国が途上国ほど労働者を無茶使いできないために、低次産業での競争力を減衰させていく、みたいな事情に近い部分はあるのかも知れないですね。

URL | 有芝まはる(ry #LBrjZuRI

2007/07/21 17:30 * 編集 *

NoTitle

たまたまPS版DQ4を買ってきて十数年ぶりに第一章を終わったところでこのエントリを目にするシンクロニシティに苦笑しつつ。

記憶が定かでないのですが、ちょっと実家においてある久美沙織の小説版を読み直してみたい気になりました。自分の厨房時代の二次創作と記憶の混同があるかもしれませんが、確かピサロは現魔王の第三王子か何かで、下克上で権力を手にしたような設定だったように。この設定はピサロが個人的に非常に納得できるものだったと思います。やはり小説などのメディアにおいては、序盤に勇者側に時間的余裕があることについてそれなりのしかけが必要で、その点これは、ピサロの性格を損ねることなく序盤にピサロ側が動ききれていないことに適合的でしたから。

ピサロは多分、PS版の第6章のように個の力は群を抜いていたと思うのですが、一方でそれまでの魔王とは全く違う青さがあったのが特徴的で、おそらく堀井雄二はシャア・アズナブル的ポジションのボスとして設計したはずです。PS版が本来の構想であったということも含めて。

だからというわけではないでしょうが、CDシアターDQ4で、
ピサロ:池田秀一、ロザリー:藩恵子
というキャスティングは、厨房の当時はよくわからず、遙か後になって腹抱えて笑わせてもらったのですが、やはりピサロはギレン元帥とシャア大佐を足して割ったような色合いのボスだろうとは思うのです。個人の資質にまだ手持ちの勢力が追いついていないと言うか、尾張統一前後の織田信長的魅力というか。

URL | 宮嶋陽人 #sBScUCMc

2007/07/21 20:29 * 編集 *

NoTitle

(追記)
ピサロの勢力が小さいというのは、多分ちょっと違っていて、マスタードラゴンという具体的で強大な力がいるが故の勢力均衡というのはあると思われ、逆に言えばマスタードラゴンを天空城に釘付けにできる程度には魔族の勢力は強いと思います。
むしろ、精霊ルビスという曖昧な守護力しか抵抗勢力のないロト編の魔王は、その意味で相当に恵まれていたと言うべきかと。
(ゾーマはルビスの封印には成功してましたが、封印の有無は決定的なものでないというのはその後の情勢に鑑みて多分正しいはず)

そのように考えると、エスターク以来誰もなし得なかった地上への侵攻をなし得たピサロというのは、ロザリーの死という偶発的な事件がなければ紙一重で困難な二正面作戦を成功し得た可能性が高かったという点においては、カリスマ性がないどころか、むしろ稀代の魔王だったのではという側面もあり、その点では殿下に異を唱えるものです。
手勢の少なさは、むしろマスタードラゴンを釘付けにするために主力の大半を留める必要があったためで、そこでマスタードラゴンの介入を許していないという点で戦略目的の達成には成功しているかと。

URL | 宮嶋陽人 #sBScUCMc

2007/07/21 21:24 * 編集 *

NoTitle

宮嶋様>
>マスタードラゴンという具体的で強大な力がいるが故の勢力均衡
そう言えば、いましたね(ぉ
よく考えたら、ピサロが「進化の秘法」に固執したのには、この「神越え」が念頭にあったからなんですよね。
そうでなければ、そんなものには見向きもせず、普通に地上へ侵攻しているでしょうから。

URL | NOBIE #aEcLkrJQ

2007/07/22 04:07 * 編集 *

NoTitle

PS版ドラクエ4に限っていえば、エビルプリーストの策略も関係したのではないでしょうか?

ネタバレになってすいませんが、PS版では最終的なボスは進化の秘法を完成させたエビルプリーストです。しかもロザリーを殺した張本人。
エビルプリーストに最初から「自分が強大な戦闘能力を手に入れ、ピサロを失脚させ、魔族軍の玉座につく」ことを考えていたのなら。ピサロには勇者の情報を伝えず、あえて勇者に力をつけさせて相打ちを狙ったのかもしれません。
簡単に征服が進みすぎれば進化の秘法は不必要になるでしょうし、下克上するよりピサロが勇者に殺された方が権力を握りやすいと考えて、あえて勇者がある程度成長するまで情報操作したとか。

そう考えればダンジョンに宝箱が放置させている理由もわかりますね(笑)

URL | じっふぃ  #Qi8cNrCA

2007/07/22 17:13 * 編集 *

NoTitle

>じっふぃさま
その説はファミコン版でも充分適用可能ですよね。もともとカットされた構想に過ぎないわけで。

URL | 宮嶋陽人 #sBScUCMc

2007/07/22 17:48 * 編集 *

NoTitle

>宮嶋陽人さま
ありがとうございます。
元々そういった構想があったけれども何かの事情によりカットされたのですね。始めて知りました。
ロザリーヒルでのピサロの評判が良かったり、エビルプリーストが意味深な台詞を残すことに違和感があったのですよ。
「カットされた構想」と聞いてようやく納得できました。
ありがとうございます。

URL | じっふぃ  #Qi8cNrCA

2007/07/22 19:30 * 編集 *

レスのバックログ急増

宮嶋さま>
今やっておられましたか。
久美本というと、アリーナ僕女状態なのがアリーナヲタにいたく不評、みたいな話も耳にしたりしますが、当方は未読。因みにCD本はたぶん4章までは一通り耳にしたのですが何故か5章辺りを聞いてる記憶がないっす。
マスタードラゴンの掣肘というのは確かにあると思われますが、天空の塔にウジャウジャいる強力な魔物はあれはマスタードラゴンが偽天空装備で入ってくる輩を警戒してるのか、或いは魔族が結構あの世界ではそこそこ押してるってことなのかはふと疑問に思われました。
しかし、ピサロはむしろロザリーの件がなければ、進化の秘法をかなり冷静に自身のために制御することが出来る状況にあったかもみたいな辺りで、そういう意味では「そこそこいい所まで行ってる」面はあったのかも。

NOBIEさま>
>そう言えば、いましたね(ぉ
マスドラがその程度の存在感にある意味抑えられているのは、もし真面目にこのストーリーを突き詰めれば、勇者は或いはピサロを倒した後マスドラへの復讐を果たさなければいけなくなる、みたいな状況が発生するかもなためと邪推(ぇ。
#前もこのネタどっかで書いた気がするが。

じっふぃさま>
結局あれは当時の容量ではどうしても足りなかった、みたいな話らしいですね。ただ、章ごとのキャラ入れ替えやAIシステムやらNPCやらが新登場してることを考えると、よくあのストーリーを当時の貧弱なインフラに収めきったという方がむしろ感心するのですが(笑)。

URL | 有芝まはる(ry #LBrjZuRI

2007/07/22 23:57 * 編集 *

NoTitle

>ロザリーの死という偶発的な事件
て書きましたが、あくまで「ピサロにとって」偶発的であったに過ぎなかったと言うことで、自己訂正。
しかし、この辺りのピサロとエビルプリーストの心理的な動きは、小説に焼き直すならば、魔族のヘゲモニーという部分も含めて、最もおいしい部分になるのかと。

>殿下
>アリーナ僕女状態なのがアリーナヲタにいたく不評
当時工房だった私も不満でした。ただ、といってPS版会話システムの話し方もどうも違和感があって。
これが今現在なら、ツンデレ美少女のテンプレ適用で一気に解決できると思うのですが(笑

>或いは魔族が結構あの世界ではそこそこ押してるってことなのか
ゴッドサイドのあの島が魔界と人間界のゲートであって、それを
封じ込めるために天空城はあそこから動けないとか、いろいろ妄想はできそうですが。

URL | 宮嶋陽人 #sBScUCMc

2007/07/23 03:19 * 編集 *

ツンデレもちょっとw

宮嶋さま>
>ピサロとエビルプリーストの心理的な動き
ある程度、進化の秘法の開発を進める中でのエビプリの心境みたいなものは結構妄想のしがいがあるところかも知れません。ただ、同人にしたら恐ろしく絵的に見映えがしないであろう点が泣ける(苦笑)。

>ゴッドサイド
よくよく考えると相当不思議な空間の割に余り説明されてない部分ではありますよね。

URL | 有芝まはる(ry #LBrjZuRI

2007/07/24 23:17 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mdenka.blog85.fc2.com/tb.php/1076-97ed5022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top