01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

CP+点描 Panasonic 

パナソニックブース、100-400とか12-60は何となくそんなものか的な。
ただ、後者は何かの機会にふらっと買ってしまいそうにも思うが、そうなるとD-Luxが
要らん子になりそうな辺りがまたちょいもどかしいとこか。
技術の見せ方みたいなのがちょい面白かったなという辺りの、3D-NRのデモ。
ある意味、ソフトウェア的なとこでの勝負も頑張れてる会社ではある、ではあるのか。
にしても、GXは何とか小さくなってくれんかなぁ…。

CP+ 2016: Cut and Dual
CP+ 2016: Cut and Dual; D800 AF-S Nikkor 58mm f/1.4G f/2 1/180s ISO-1100



CP+ 2016: 3D Detection
CP+ 2016: 3D Detection; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (15.9mm) f/5.6 1/30s ISO-400
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 祭り/イベント

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

CP+点描 Sigma 

みんな大好き山木ジュニアと愉快な仲間たち。
やはりこの手のイベントで盛り上げる存在ではある。
それがsdの新作ミラーレス、しかもトンチキな形状とまでやったら。
しかし、個人的にはシグマのモノづくり系展示がちょい退潮気味だったのは惜しかった。
30mm F1.4 DC DNは、かなり良く写るんじゃないかなという感想。

CP+ 2016: Dome Jig
CP+ 2016: Dome Jig; D800 AF-S Nikkor 58mm f/1.4G f/8 1/500s ISO-400


CP+ 2016: SD quattro-H
CP+ 2016: SD quattro-H; D800 AF-S Nikkor 58mm f/1.4G f/8 1/90s ISO-450
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 祭り/イベント

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 58mm f/1.4G 


CP+ Portrait
CP+ Portrait; D800 AF-S Nikkor 58mm f/1.4G f/1.4 1/180s ISO-100

やはりコンパニオン撮影とかはストロボ無いと光回らないけど、こういうステージ撮影を
遠目でやる長いタマは持ってこないという半端さ。
まぁそんなにおねいさん撮りをガチでやりに来た訳では無いのだけれど、やっぱストロボ
1つくらいはあってもいいのかな。因みにこれはパナのブース、何故かおねえさん系撮り
タッチアンドトライの所にコンデジ置いてブツ撮りとかやらせる謎仕様だったので、一番
後ろからは撮りやすいと好評だった感。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 祭り/イベント

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Blue Flight
Blue Flight; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/2.8 1/8000s ISO-250

割と適当にバシャバシャ撮ってた中の1枚ではあり。
意外と、背景ってきっちりと整理できないものではあるのね。
これなんかも、嵌ってるかというともうちょい嵌められたんではとも思ったり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 空の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 


Untitled
Untitled; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. f/1.2 1/80s ISO-800

セピアっぽいけど、普通にカラーw
天王洲、85mmだとちと間合い狭いけど、そうは言っても撮りがいはある、かも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 58mm f/1.4G 


Asuka Uphill
Asuka Uphill; D800 AF-S Nikkor 58mm f/1.4G f/5.6 1/1500s ISO-400

子供連れて、モノレール乗り待ち中に。
単に画角がピタッと合った感じがしたので。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Low Key City
Low Key City; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/4 1/750s ISO-400

新橋、烏森界隈。
何となく、休日は覇気が感じられない一角という印象。
そんなどんより気味なローキー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Sumida Trilogy - 85
Sumida Trilogy - 85; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/5.6 1/250s ISO-400

水上バスからの隅田川越えなスカイツリー。ちょい下町感のある建物の向こう側に。
三部作的にDistagonAF-S58/1.4Gの作品もFlickrには上げたけど、取り敢えずブログ向きではこちらをPick。

【今日のスポーツ】
四大陸男子シングルは、なかなかの名勝負。
あれをパトリックの勝利に帰結させたプロトコルは、なかなかに美しい。
しかし、だからこそ金博洋にとっては最高のレッスンにはなったと思うし、そこに宇野が絡めなかったことを惜しむ。
にしても、デニス・テンと閻涵と宇野のレベルで最終組に入るだけの争いになるってのも、なかなかキツいねぇ。
…で、それを座視する羽生は絶対金博洋の演技見て「俺の見てる前でそれやれ」って思ったに違いないよな、とw
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 


Mukojima Run
Mukojima Run; DMC-GX7 Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 f/5.6 1/500s ISO-200

実はバイク待ってた訳では無いので、ピントは後ろにあたってるはず。
この被写体が来たのは単純に偶然でした。
まぁでもマイクロフォーサーズでf/5.6まで絞ってたら、何となく当たって見えるよね。

【今日のスポーツ】
四大陸。宮原の2A+3Tを2本ってそう褒められた構成ではないと思うけど、あれ結構加点来るのよね。
3回転のエッジジャンプ系の3+3で高さが無い分GOE取りづらいと思うと、構成上げるよりそっちが正解か。
にしてもそれで140点超えるんだから、大した完成度ではある。
こういうスケーターが出て来る辺りも、「幅」ではあるよなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 


Not so closeup
Not so closeup; D800 Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 f/2 1/3000s ISO-400

前のエントリとは撮り方を変えた、水仙もうひとつ。
これで最短の、開放撮り。
ちょいコントラスト強めたら、リアルで見た光の感覚とはちょい変わってしまったけど。

【今日のスポーツ】
早帰りして、四大陸女子SP。
宮原は、割と滑り見てると精緻さが技術先行っぽく見えてしまう嫌いあるけど、何というか
その技術にある種のマジカルさみたいなのを思ったり。
歴代の世界最強クラスに比べて、アスレティックな感じが前面に出ない面白さというか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 季節の花たち

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]KIPON EF-MFT / Canon Macro Lens EF100mm F2.8L IS USM 


Narcissus Glow
Narcissus Glow; DMC-GX7 Canon Macro Lens EF 100mm 1:2.8 L IS USM f/8 1/200s ISO-200

マクロ花撮りは、スクエアが似合う。
しかしこのレンズも、三脚が欲しくなるとこはあるな。
Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 


Waving
Waving; DMC-GX7 Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 f/1.4 1/8000s ISO-200

先日の梅撮り、このレンズの分をうp忘れてたので、再掲的に。
この冬はあんまスナップに持ち出してないというか、夜に撮る元気があんま残ってないことが多かったというか。
因みに何気に結構使えたのが子供の学芸会で、立ち位置の間合いから絶妙に焦点距離が合ってた。
絞れば普通に良く写るレンズなので、ピン固定で動画撮りっぱなしモード。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 季節の花たち

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Tokyo Classic
Tokyo Classic; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/5.6 1/250s ISO-400

都電、子供は普通な緑が好きとのことだが、おっさんはやはり黄色派。
こういうくすみ気味な景色に、浮かび上がる感じとかは好物。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 


Crossing
Crossing; D800 Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 f/2.8 1/30s ISO-1000

風景撮りにはいいんだけど、やはり夜の手持ちには限界も。
一回三脚抱えて行きたいんだけどなぁと思うが、本日は雨予報もあってそうもいかず。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]KIPON EF-MFT / Canon Macro Lens EF100mm F2.8L IS USM 

建国記念日は向島百科園で、という昨日のお出掛け。

White Awakening
White Awakening; DMC-GX7 Canon Macro Lens EF 100mm 1:2.8 L IS USM f/8 1/800s ISO-200


そう言えば昨日ブログにうpり忘れてたので、広角のも一枚。
こっちはProminar。何というかゲテモノ的なコンビネーションである。

Plummy Day
Plummy Day; DMC-GX7 Kowa PROMINAR f=12mm F1.8 f/1.8 1/5000s ISO-200
Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 


Blue Shibamata
Blue Shibamata; D800 Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 f/5.6 1/6000s ISO-400

おばちゃんの入り具合とかは、何か下町風身になってる気がして割と気に入ってる。
にしても、ベルビア調スキーマを仕込んでるんだけど、順光では空が本当に青すぎるくらい青い。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 58mm f/1.4G 


Winter Style
Winter Style; D800 AF-S Nikkor 58mm f/1.4G f/2.4 1/180s ISO-3200

冬っぽいけどあんま寒々しくない系のコーデ。
結果としてオーデ通ってないんだけど、まぁ撮ること自体は結構楽しいし学べる。
で、本日はスーパーボウルとか見てたり。とにかくカタい試合だった。
キャム・ニュートンは序盤に緊張して流れ乗れなかったのが痛かったかな。
あれで、結果として走るオプション自体も試合通して消極的になった感じで。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 


Yurakucho Way
Yurakucho Way; D800 Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 f/4 1/45s ISO-2200

定番な有楽町から丸の内での夜景スナップルーティーン。
屋外のカウンターに人がいないのが、ある意味冬の夜景らしく、って感じにはなるのかも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 


Yurakucho, North Exit
Yurakucho, North Exit; D800 Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 f/2 1/60s ISO-900

仕事遅い日の、何となく有楽町辺り歩いてみたくなった感。
特に撮るかどうか分からなくても一眼抱えて何故か出かけているという。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 58mm f/1.4G 


Dusk
Dusk; D800 AF-S Nikkor 58mm f/1.4G f/2 1/250s ISO-900

最近、こういう暗めの時間帯のスナップにおける位相差AF不信が微妙に強い。
これなんかもライブビューでざっくリフォーカス入れて、そのまま真っ暗なファインダに接眼して撮ってたり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

フォトジャーナリズムと、倫理以前の手続きと。 

「原発事故で人が住めなくなった村」という印象操作の手口@Togetter

丁度こんなのが話題になって、まぁ要するに「原発事故で放置された車両」というキャプションでデカデカとカバーを飾った写真について、Google Mapで確認したら2009年には既に廃棄車が並んでたので、これ要するに廃棄場ですよねというオチだった、というお話。まぁそれ自体は「あー貧すれば鈍するやねぇ」程度でそれ以上の感慨はなかったが(まぁ、Google Mapでこういうのがしれっと検証されてしまうとこは、面白いっちゃ面白いかもだけれど)、それに対して出版元のDays Japanからの謝罪があって、共同通信にも流れてきた、という次第。

Days Japanの記事は、写真・文ともにArkadiusz Podniesinski氏のキャプションなので、恐らくはこのサイトが原文であるとは思われる。
http://www.podniesinski.pl/portal/fukushima/
結構浩瀚なページで画像も重いので、問題の写真にまつわる部分だけをまるっとコピペするとこんな感じ。文脈としては、双葉町に訪れてという辺りからの続きだが、特に場所を変えたニュアンスは文中に無く、そのままの流れで出て来る。

In the vicinity of the red zone I happen to notice an abandoned car. It is hard to make it out from a distance, it is almost completely overgrown with green creepers. When I get up closer I notice that there are more vehicles, neatly organised in several rows. I guess that the cars became contaminated and then were abandoned by the residents. A moment later the beep of the dosimeter confirms this.

これ「誤訳」と言えばまぁ誤訳だろうなぁと思うのは、"vicinity of the red zone"と書かれていて、まぁそのものの帰宅困難地域ではないってのは書かれている。
実際このロケーションであるとこの富岡町北部は、ほぼ全域が帰宅困難地域の大熊町に隣接してるので、そこは間違ってないし恐らく写真家本人としては「そこを出てから」のことと分かって書いてるのだけれど、恐らく原文が舌足らずだった辺りとvicinityという単語の見落としで「双葉町」ってそのまま書いちゃったのかな、くらいの。
その意味では、はてブ辺りで指摘されてるような「何が誤訳だよ」みたいな指摘はちと外してて、まぁ本当に誤訳みたいな面はあったりも、と。
一方で、恐らく写真家自身も「印象操作」としてそこまで悪意を持ってこの写真を撮ったというようには思われない。まぁ単にその辺りの転がってるクルマ見て「これは放射能汚染された車を廃棄したのだな」と早合点したくなる気持ち自体は分からんでもない。その意味では、「白を黒といい含める」的な捏造ではないし、そのレベルでの倫理欠如を疑うべきではないだろう。
ただ、絶望的になるのは、単に撮影した写真に対しても、詰まる所、撮影者はかくもカジュアルに「間違った意味を含める」ことが出来るという辺り。その危険さを自覚して、かつジャーナリズムとしての主張を印象的な場面を切り取って表現するというのは、なかなかに因果なものではあるな、と。基本的には、「倫理欠如」はこの場面では問われないけれども、やはり「写真家としての資質」として、これは汚点とすべきものであろうとは思う。しかし、その「汚点」をどう自律すべきなのだろう、と考えると、それはそれでなかなかのリソースを要求される、みたいなとこはあったりも。
その意味では、フォトジャーナリストはやはり「編集」によって、自らの写真が誤ったメッセージを発する危険を制御される方が良いとは思われるし、特に今回のように書籍として再録するようなケースでは、編集の側が写真に対するウラ取りと尋問を果たす必要はあったのではないか。
そういう、スーパーバイザー的な役割の「手続き的な瑕疵」が、本件の本質ではとも思う。
「編集」として拡散する主体としては、一次情報に対してフレームアップするのが「本義」ではなく、そこで情報の強靭化を何らかの形で果たさなければならないのだろう。そして、そういう厄介な役割は、ネットにおいて情報を「拡散する」主体としての我々にも、ある程度は求められるもの、なのかも。単に拡散する前に、そこに何かの考察を入れ、そのまま流すべきか、コメントを加えるべきか。やはり、情報を見たら「そこに絡むもの」は、幾つか考えるクセは付けたいよね、と。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 報道・マスコミ

ジャンル: 政治・経済

国内雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 


Pasta in natural light
Pasta in natural light; D800 Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2 f/2.8 1/500s ISO-400

昼光が入る席にて。
そこそこ最短が短いので、食べ物は撮りやすい。
Flektogon 2.4/35とかもお食事レンズとか言われてたっけ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 食べ物の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top