07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

[Fotolog]AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED 


Lotus
Lotus; D800 AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED f/4 1/500s ISO-125

単体じゃない絵でかつ望遠で狭い画角の中にボケ味を出すような構図探し出すと、
結構こういう写真撮るだけでも時間掛ったりする、蓮撮りである。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 花の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED 


Ready to Shoot
Ready to Shoot; D800 AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED f/1.8 1/250s ISO-1600

自由研究とか。
インドアでは感度要るので、子供にD-Luxとかを持たせてみる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こどもの写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Not so bright
Not so bright; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (15.9mm) f/4 1/30s ISO-800
DxO FilmPack 5.1: Ilford Delta 100

割と、Oazoってポジション的にじっくり居るよりは大手町から東京駅の通り道っぽくも。
華やかそうで、今一つ華やいでいない、というか。
ただ、まぁ丸善とかはゆっくりできるかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 


Together
Together; D800 AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED f/4 1/350s ISO-800

過ぎてみれば、ああそんな日もあったねぇ、的な夏の暑さではあり。
最近は子供のキャンプとかやる人も増えたのかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ある日の風景や景色

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Red Armed
Red Armed; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/2.8 1/180s ISO-1800

八重洲の真田丸企画展示、何となく気になったので撮影してみる。
多分、中望遠とか1本持っていく方が、写り込みとかを排除できるので作品的なのは撮りやすい。
まぁ全身撮りたいってのも人情としてはあるけど、空いてる時を狙わんとな、という。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 撮ってみた

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Micro-Nikkor-P Auto 55mm f/3.5 


Getting Wider
Getting Wider; D800 Micro-Nikkor-P Auto 1:3.5 f=55mm f/8 1/1500s ISO-400

社会復帰とか。
別に気分的にイヤな感じでは全然なかったのだけど、夢で震災とか起きてて、
「あー俺働きたくないんだなぁ」とか痛感するなどw
とか言ってたら、出かけた先で川崎方面の遠くの空に黒煙が立ってて、まぁ単に正夢だったのかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 花の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Rikisha Gate
Rikisha Gate; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (8mm) f/4.0 1/30s ISO-800
DxO FilmPack 5.1: Ilford Delta 100

マー様のピリっとしない先発を見た後は、余りスポーツを観られなかった土曜日。
世陸とか、ちょい観る時間を確保できなかった感じ。子供の宿題の手伝いとかもあったりで…。
そんな感じで、旅行の現像も進捗イマイチなので、古い写真を拾遺してモノクロ化とかでお茶濁しな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

鉄十字にハーケンクロイツがNGがたった一つの理由。 

旧帝国艦隊と違って、巻波・漣あたりが同型(挨拶)

Open Access
Open Access; D800 AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED f/2.8 1/180s ISO-100

 ちょっと最近話題になったしまむらさんのハーケンクロイツな鉄十字。
 大体、WW2の勲章のデザインをそのまま考えずにパクっちゃったから問題になったみたいな感じで、まぁ十字章の説明とかはこなたまさんの話のTogetterがまとまってるので、そっちをご覧になってることかとというとこではあるんだけど、はてブとかも含めて案外「いかんのか?」という疑念が多いようにも見える。個人的には割と表現の自由に関してはゾーンが広いけど、だからといってセーフとアウトでこれはアウトだという立場から、そうした人たちにちょいお目通し的なところで、軽くエントリ。
 個人的には、まぁNGってのはあくまで「この鉄十字のデザイン」という文脈性があるからであって、例えば少林寺拳法含めて卍のデザインを全世界で全て捨てろみたいな意見には賛同するところではなく。色々他にもあるしな、敷田とか≡└(┐卍^o^)卍ドゥルルルとか。…はサテオキなところで、標題の話として。

 何故NGかというと、それは鉄十字が、「ドイツ軍」という文脈においては現代も継続して利用されているから、という部分ではある。確かにもうドイツ軍は鉄十字勲章を発行してはいないが、現在のドイツ連邦軍はナチスのシンボルなどは全て廃棄した上でこのプロイセン時代の鉄十字を模した軍のエンブレムは特に問題なく継続使用されているわけだ。なので例えば政府専用機などにも機首近くの目立つところにこの鉄十字があしらわれている。
 それを服飾などを含めたポップカルチャーで利用することに関しては、全く問題ないところではあろう。しかし、一方で著作物とは言えないにしてもある程度オーナーが存在するデザインだということは意識した方が良い。その上で、ドイツ政府が第二次大戦の鉄十字勲章に対してどのようなスタンスかというと、ウィキペにも書かれているが、「佩用者には代替品を渡している」ものではあるのだ。そう考えると、やはりそういう状況のモノをこれだけのデッドコピーとして出すならば、当該国軍に対するディスリスペクト的な側面は否定できないであろう。もうちょい言えば、本朝が海外のポップカルチャーなどで旭日旗を使われることが多いという事実はあるが、そうした中で外国人だからこその気楽さである種のヘイトを前面に出したような使われ方をしたら、やはり不快であるし、またそれが「現在、国際的に許容されているところの旭日旗の海軍エンサインにおける利用」に対してもケチを付けられる端緒になる可能性として、いわばテロ的な展開を心配する必要も出るかも知れない類の意識とかも片隅に入れるべきかなと。

 そう考えると、ドイツが好む好まざるにかかわらず現役の「WW2系エンブレム」を保持しおおせている貴重な仲間であるがゆえに、やはり「旭日旗をヘンに使われない」程度のデリケートさは、このエンブレムに対しても意識はされた方がいいよなぁ、と思うのである。

◆ところで。
 本朝の旭日旗ほどには鉄十字って文句言われてないように見える反面(単にポピュラーカルチャーでの利用頻度の問題?)、WW1を起こしたドイツ帝国の戦争責任って当地でどう教育されてんだろ?かの戦争の災厄を思えば戦う民主主義の糾弾対象たるべしって理屈も充分に成り立つと思うけど、その辺りの批判をかわすロジックとかは、本朝で様々なシンボルを維持していくという伝統主義に親和的な立場からは、色々見習いたいところはあるなぁ、とも、ちょい考えたり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 気になったニュース

ジャンル: ニュース

国内雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 


Deep Lotus
Deep Lotus; D800 AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED f/4 1/500s ISO-100

ちょいとばかり、借りてみた。
明日はこれ持ってお出掛けの予定。
しかし特に動きモノ撮る予定ないのだけど、蓮とか低コントラストな被写体で結構AFまごつくので、
これ実際サラブレッドみたいなの相手にするとどうなんだろ?みたいな疑念もちょい。
あとやっぱVRが中速域で微妙ぽいので(逆に60くらいのが安定する感)、350辺りがデフォに。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 花の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


French Square
French Square; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (15.9mm) f/4 1/30s ISO-800
DxO FilmPack 5.1: Kodak Tri-X 400

そろそろ、子供の自由研究支援なシーズンである。
ちょっと工作はあんまそろそろなお年頃なので、読み物的な出力を指向したいところであるが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Lounge
Lounge; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (9mm) f/4.0 1/30s ISO-400

ガイジンの多いところは、割と撮影がカジュアルに出来るというイメージ。
日本人、自国民に撮られてちょい好ましくないと内心思う文脈でも、
ガイジンに撮られるのには結構寛容、みたいなとこはある気は結構する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ある日の風景や景色

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED 


Shibamata Shot
Shibamata Shot; D800 AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED f/2.8 1/3000s ISO-800

何となく、「柴又撮影してるレポーターみたいだね」とか言いながら撮ってた気がする、この辺りの写真。
どっかの雑誌に出す予定でボツったショットから拾ったのは、勿論モバマスアニメのアレで。
なおショットがボツなのは、ズボンがずりさがって短足に見えているためであるw
#そういや、前も何かだりーなが似た服着てたとか言ってうpってたっけ。
しかしあまり予期してなかったとこで柴又出たけど、結構縁日に声優呼んだりとか、頑張ってんだよな。

今日は、清宮が打ったり錦織がナダルに勝ったり、スポーツ的には割とイベントあった日。
しかし人外4人全員下した人間、ワウリンカ・ベルディフ・ツォンガだけだったのね。
フェレールが何故と思ったら、フェデラーに勝ってなかった。
上の3人よりも4つ5つ若いことを思えば、人間界最強争いでまた一つ前進といったところか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

終戦70年談話、への感慨。 

艦これには載らない、戦時病院船(挨拶)。
#しかし、あのデザインが妙にイケてるので、結構画像検索でも引っ掛かるのね

Witness of History
Witness of History; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (32mm) f/5.6 1/30s ISO-2800

平成27年8月14日 内閣総理大臣談話

我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明して…戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。

日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

 やはり、キモとしては、この両者に尽きるかと思われる。
 言わば「謝罪の義務から個人を免責させ、国家に代替えさせる」と大雑把に括れるのではないだろうか。
 ある意味、時間を経て風化し、また経済的な関係も変化する中で、「戦後の気持ち」を永続化させることは出来ないという所与の条件の中で、それはまぁ国家儀礼として残すものとして国民を「無理強いはしない」というようにも。その上で、民主主義を奉じる普遍性の中で常識的に振る舞えば、平和国家としての日本は維持されるであろうというのがボトムラインとはなっている。
 これは、ある意味中韓のようなポジションからは、ちょい反論がしても弱くなるような面のあろう部分かとは思う。というのは、中韓が一貫して要求していたのは「国家レベル」での謝罪の永続化であり、ある意味で安倍はそれに応えてしまっているわけである。もうちょい言えば、「隣人との徳のある付き合い」の中で、彼らとしては「日本人の個人レベルでの平和主義を疑う」ことはその徳にもとる部分はあり、だからこそ「軍国主義」などを言挙げしていたわけで。だから、多分中韓がこの談話をきっかけに「反発心を強める」方向になる談話ではない、とは見るべきかも知れない。

 一方で、むしろこれが妙に「刺さる」のは、欧米の方ではないだろうか。
 実際割と欧米のメディアの評価は辛口に見えるし、そうした中で「安倍個人の詫びが」というやや筋違いなコメントも散見されたりしてるわけで(実際に、政府が閣議決定レベルで出してる談話なので、個人レベルでの演説というものとは性質が違う)。それはやはり、欧米の特にメディア人程度の意識の中では、個人のセンチメントは重視されるし国家というものもまた個人の意思の集合として捉えられる部分はあるだろうから、まぁ、という感覚も。
 要するに、そういう視点からすれば、現下の政府として未来に亙るリビジョニズムの拒絶をうたったところで、「謝罪を続ける宿命を背負わせない」というのは、その将来の拒絶を担保しない可能性を等閑視する行為、ということにやはりほかならなくはなる。そういう意味では、「嫌らしい預言(というか呪詛?)」として上記の発言は受け止められるものではあろう。もうちょい言えば、「個人のセンチメントは永続しないって、いや、それを言っちゃったらおしまいだろ」と。例えば、ドイツなどであれば「戦う民主主義」なんてのは、そういう「個人のセンチメントを永続化させる」ためのエフォートではあり。

 ただ、彼らとしてもそれは「延々人間史の中で積み重ねた営為」というよりは、「20世紀の惨禍をきっかけに試行された実験」みたいなところはある。その上で、例えば両次大戦よりもより複雑な事情の環境であるセルビア辺りでは、ちょっとスレブレニツァの件なんかとか見ても空気読まずに反発を受けていたり、なんて事例も。まぁ、対ムスリムとか様々な局面においてそういう「永続」の維持の難しさや世界レベルでの適用、という辺りで実際に「永続させる」ことの自身をむしろ失わせるような心細い状況というのを、特に近年は痛感しつつある状況とは言えるのではないか。
 そういう意味では、結構「痛いところを衝かれた」みたいな感覚で、苦々しく受け止める向きはありそうで、まぁ結構練られた談話ではあるのだけれど、特にそういう対西側のソフトパワー的な所で、「日本の見せる闇」が落とす影響の危うさとかは出てくるものだったかな、という気も。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 国際政治

ジャンル: 政治・経済

国内雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM 


Imperial
Imperial; D800 Sigma 150mm 1:2.8 APO Macro EX DG HSM f/8 1/180s ISO-400

岩隈がノーヒッターを達成した日である。
しかし気付いたらイチローが今年5本目の三塁打と、やたらトリプル多い気が。
絶対無理と思われてた大リーグ単体での100三塁打、もしかしたらするのかなw
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ある日の風景や景色

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 


Awaiting
Awaiting; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (70mm) f/4.5 1/125s ISO-400

外から中庭を望む、開店前のカフェ。
ちょっとチェックアウトが早過ぎた、8月の横浜。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ある日の風景や景色

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Summer Shade
Summer Shade; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (15.9mm) f/2.3 1/160s ISO-800
DxO FilmPack 5.1: Fuji Velvia 50

こういうシンプルなのは、残暑見舞い向き、かも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 金魚

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 


Dusk on Her
Dusk on Her; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (44mm) f/5.6 1/30s ISO-1250
DxO FilmPack 5.1: Kodak Kodachrome 64

もうちょい引っ張ってみる、先週の横浜シリーズ。
やはり黒中心な被写体なので、露出バランス何処におくかはちと難しいが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Upward
Upward; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (7mm) f/4.0 1/800s ISO-200

何となく、もうちょい気持ちをしゃっきりさせたい時間帯と言うか。
夏バテってよりも、子供の夏休み気分に、今年は結構引っ張られがち。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Shitamachi Twilight
Shitamachi Twilight; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (22.7mm) f/2.8 1/250s ISO-640

そこはかとなく、ラノベ的なというか。
ちょっと盛ってるけど、割と自分で「出て欲しい」色が出た時間帯。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 


Lonely
Lonely; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (85mm) f/4.5 1/20s ISO-4000

割と家族連れにしてはお散歩的に撮影もしていたり。
そんな感じで、待ち人のある風景。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 


Bayside Approach
Bayside Approach; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (24mm) f/4 1/30s ISO-3600

週末は横浜でした。
家族連れてるし、持ってけるのはズームくらい、という感じでの夜景。
こういうのをさらっと撮るにはM4/3のがラクだけど、理由あって一眼必須ではあったので。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Ivy Gate
Ivy Gate; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (9mm) f/4.0 1/100s ISO-200
DxO FilmPack 5.1: Kodachrome 25

暑いと、たまに撮りに行ったもののシリーズになりがちという風潮。
昨日のエントリの、ちょい山側な天王洲のオフィス区画界隈。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Columns
Columns; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (7mm) f/4.0 1/125s ISO-200

ちょいリアルよりは青っぽいけど、これくらいの方が雰囲気出る脳。
因みにこの日は中庭はフェスティバル的な感じで、割と大衆感あったり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top