殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

[Fotolog]AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 

浅草スナップ二題。
何かブログに書きたいことあった気がしたが、大掃除してたら忘れた。
そんな感じで今年も一貫してタラタラしてましたが、多分これで更新おしまい。
皆様、良いお年を。


年末光陰 - Town
年末光陰 - Town; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (70mm) f/8 1/500s ISO-400


年末光陰 - Garden
年末光陰 - Garden; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (40mm) f/5.6 1/125s ISO-400
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Shadow
Shadow; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (15.9mm) f/2.3 1/6s ISO-400

ちょい前に六義園で撮った際のうpし忘れ。
つか、紅葉じゃないから何か上げそびれてたというか。
このカメラの「影の描写」とかは結構好きで、そういう良さが出てる感じの絵だとは思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 花・植物

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AiAF DC-Nikkor 105mm f/2D 


Belle in Rikisha
Belle in Rikisha; D800 AiAF DC-Nikkor 105mm/1:2D f/2(R:2) 1/2000s ISO-400
DxO FilmPack 5: Kodachrome 64

浅草にて軽くスナップとか。ちょっと変わった感じでDC105/2とか久しぶりに。
なかなか開放が決まりづらいというか、特にDCリングでR入れると前ピン気味になる気はするが、
そのピンずれ含めある程度計算してフォーカス合わせられた写真。
いい感じに上客の女性が和服姿なのが、個人的なポイントとして高かった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

有馬記念回顧とか。 

町田樹引退、あり得ない話では無いとは思いつつ、案外ショック大きいな…(挨拶)
プレイヤーとして成長し続けてたのと、あのプロの完成を見たかっただけに。

Shared Victory
Shared Victory; D800 AiAF DC-Nikkor 105mm/1:2D f/2(R:2) 1/250s ISO-400
DxO FilmPack 5: Ilford Delta 400

 と言う訳で、場外にて有馬は観戦。そして、勝った雰囲気のおっさんを撮影(向こうから撮って欲しい言われたw)
レースに関しては、割とエピファネイアがピタっと折り合った状態なのに対して、ジェンティルドンナがやや折り合いに手を焼いた感じで1周4角回った辺りで、「ありゃこれはエピファの展開か」なんて思っていたら、1000メートル通過が1分3秒で、「いや、それでは遅すぎるだろ」と。いや重いシルシ打ってた訳では無いけど、有力馬の展開として。
 しかし、どうも有馬記念でこういう展開においてエピファネイアみたいな持続力タイプの馬を伸ばすのであれば残り1200で作動しても最後でタレないというのは常識化されていないようで、結果普通に川田が相手が来るのを待ってしまったのが一番の敗因ではあるか。ジャスタウェイの騎乗は叩かれてるけど、あそこで前が仕掛けないのに自分から動くには2500は長いであろうと思うと、インでスルスルが出来る枠に居なかった辺りで詰んでいたのかな、という感慨も。ただ、引退レースとしてはやや淡白になったという意味では「ミス」の程度としては川田より小さいけど、心証は悪くなっちゃったかな、とかそういう面は。

 一方で、ラキシスが先行有力馬をマークするような形で一旦伸び掛ける一方で、最終的に判断として正解だったのはそれよりは後ろのポジションでインスルスルだったビュイックのトゥザワールド。Cデムとほぼ似た枠で明暗分かれたが、これも結果としてはビュイックだけど多分馬券張っての納得感がある負け方をCデムもやってる訳で、逆にスルスルがあのスローで利いたのもちょい僥倖ぽいなと思うと、なかなか騎手の判断と結果と心証の関係は難しいとこあるよな、と。…にしても、結果としてはこのレース「枠の抽選で最初に選んだ2頭のワンツー」ってのは、天の配剤と言うか、前半組がみんな内に殺到した部分も含めてドロー制度がベタに機能しすぎちゃったな。

 そして、ジェンティルドンナとゴールドシップのアトサキ。ジェンティルがなかなか有馬出て来なかったことも含めて意外とスイングしない(宝塚で1着3着はあったけど、あれは結構着差付いてた)両者という印象はあったが、ここは割と接戦でのゴールとなった。写真の上げ下げは最初ぱっと見でゴルシだなと思ったけど、中山のゴール前ビジョンは難しい。グラスペの時も「スペシャルか、同着」だと思ってたしな。まぁともあれ、2011年のドスローでオルフェーヴルがエイシンフラッシュを破ったレースがちょっとフラッシュバックするとこはあった。多分一番あの展開が向いてた筈のエイシンフラッシュをオルフェが完封したのは、やはりオルフェの桁外れの強さだなと言うことを再認識。まぁジェンティルドンナも多分エイシンフラッシュよりは強い、というとこもあるのだけれど。

 しかし、オッズ見て「近走不振のスターホースが4番人気引くとか」ってとこでいかんせんイナリ・オグリ・テイオー・グラスの故事を連想するほかはなかったのだけれど、まさか本当に勝つ辺りも、何というかジェンティルドンナは色々とこのレースに関しては「導かれた」感が強かった。枠も先程の言及の通り真っ先にゲットし、展開も持ち味が生きる、何というかやはり有馬記念と言うレースは魔力のあるレースであり、その魔法に選ばれる程度にはジェンティルドンナは特別な競走馬ではあった、と。

 個人的にはヴィルシーナのPOとして敵役的な存在ではあるものの、ディープ産駒の牽引役としてこの馬の進撃は頼もしいものであるという辺りの複雑さはあったが、ともあれ5歳まで現役を全うし、得手不得手はあるものの「得手な場面では着実に勝つ」安定感に関しては着実さを持つことで7つのタイトルを手に入れたという意味では、ダイワスカーレットやブエナビスタよりは、タニノウォッカに近い系譜の名牝なのではないかと思う。ジェンティルみたいな馬がこれだけ勝っている辺り、やはりディープインパクトはある程度フィリーサイアー的ではあるのかな、とも。既にダービー馬2頭含め牡馬でも赫々たる実績挙げてる種牡馬ではあるけれど、比較的精神的なインテンシティがよく遺伝していることで、牡馬に関してはそこの持続性が課題になる、というのはあるか。あとはもうちょい異形っぽい馬を出すことも求められているのかな、というのはエイシンヒカリ辺りを巡るバズとか眺めて思ったとこではあり。何れにせよ、牡馬でもう1頭、出来ればG1を8つ勝つくらいの子供出さないとという要求度のハードルは種牡馬ディープにはありそうで、そのハードルを上げたジェンティルドンナには、賞賛と同時に罪深さみたいなのも思ったりするのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

レース回顧  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 


Wagen in Gallery
Wagen in Gallery; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (24mm) f/4 1/30s ISO-1600

昨日が撮り鉄だったからという訳では無いが、撮り車。
前から上げようと思っていて忘れたのを、ふらっと思い出したので。

【今日のスポーツ】
 つか全日本フィギュア。
 宇野の粘りと小塚の意地が男子FSは華であったか。無論ゆづきゅんは圧倒的なのだけれど、いい感じにキャラの立つ存在が魅せてくれた感じ。一方で、そういう意味ではジャンプの豪快さは本来の物だったけれど粘りの面で僅かに宇野のやりきれたことをやりきれなかった無良が勿体なかったか。町田の調子落ちに乗じて4位ゲットできればワールドの可能性が保てたとは思うのだが。
 あと印象に残ったのは、町田の演技で解説が途中完全に黙った辺り。やはり、あのプログラムは、あんだけ出来が悪くてもそれをツッコませないような潜在的なパワーを持ってるのではないか。個人的には4位ではあるがワールドで観たいという思いは強いかな。卒論も気にする必要ないしw
 女子は何か多分会場で見てたら神演技続発みたいな快感があるような内容だったが、そこに回転不足が荒川が見切れない程度に結構キツめに来てややキスクラで「あれ?」みたいになることが続発するという、なかなか客席では咀嚼しづらいものにはなってしまったか。正直、あんま全日本でそこ厳しくとっても、ISUの審判のマークきつくなるだけで、得るもの少ないとは思うんだけど、今のトップである村上や宮原がジャンプの高さに課題ある感じで、ちょい厳しめにしてハッパかけたい面もあったのかな。結果として3T+3Tで完成度高めた本郷が、3Lz+3Tの宮原や樋口を抑えた感じにも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED 

年の瀬の鉄道写真、編成&風景。
俯瞰の方はスカイツリーからのスペーシア。D-Luxのデジタルズームの能力検証的な。
やっぱり結構ガビガビはするけど、まぁ観られる範疇ではあるか。

Keisei AE, Shin-Shibamata
Keisei AE, Shin-Shibamata; D800 AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED f/8 1/750s ISO-450



Sumida Cross
Sumida Cross; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (34mm) f/5.6 1/1000s ISO-200
DxO FilmPack 5: Kodachrome 64
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 鉄道写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 


Closeup
Closeup; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. f/1.2 1/400s ISO-125

つー感じの、Nocticron開放ポートレイト。
電車に乗ってて、何となくいい光が来たタイミングで、カメラ出して一発撮り。
奥側のややボカした顔の輪郭のテカり方が個人的に気に入ったり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Merry Tree-smas
Merry Tree-smas; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (10.9mm) f/1.7 1/40s*3 ISO-400
DxO FilmPack 5: Fuji Velvia 50

てな感じで、メリクリ的なスカイツリー撮り。
本当は、全然関係ないソラマチ入口辺りに寄ってもう1枚くらい混ぜてぽわぽわ感出しても良かったかも。
あと、2回絞り変えてボケ出してるけど、ちょいズラしが足りなかったか。
案外難しいぜ、多重露出。
まぁ帰宅しないといけないし、そんな試行錯誤出来なかったのね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Micro-Nikkor-P Auto 55mm f/3.5 


Corridor
Corridor; D800 Micro-Nikkor-P Auto 1:3.5 f=55mm f/8 1/180s ISO-400
DxO FilmPack 5: Fuji Provia 100F

冬至らしい影の写真、とか。
むしろ解像だけなら似た焦点距離のNoct辺りよりも上な気はする。
まぁあっちでそこまで絞らないから、ってのもあるんだけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Winter Mismatch
Winter Mismatch; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (15.9mm) f/4 1/10s ISO-400
DxO FilmPack 5: Fuji Provia 100(G)

CR7の像が本人に全然似てないと話題、みたいなネタにあやかって(違。
いずれにせよ、イルミ写真というには、ちょいコミカルな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


D-Lux Monochrome - Nostalgy
Nostalgy; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (10.9mm) f/4 1/30s ISO-400
DxO FilmPack 5: Rollei Retro 80

あんま意味のないスナップっぽいけど、何となく、モノクロ作例的に。
本日は妖怪ウォッチの劇場版を子供のお友達同士で。最前列で見てたけど、テンション上がる上がる、という感じで
大満足の子供たちでした。バトルシーンのカタルシス感とかは確かにまぁ巧い感じで出せてた気がするのね。
しかしケーゾウの世代大体逆算すると1943年生まれ辺りでかなり自分の親父世代に近いけど、そこだとまだああいう
テレビ漫画文化ってそこまで直撃してなくて、それはどっちかというとオフクロ世代の団塊層が近いようにも。
まぁでも、生まれてはじめてテレビ見てキラキラする感覚とか、当時の子供だけに許された何かではあろうな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Hood on Rad
Hood on Rad; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/4 1/350s ISO-1250

そういやオフショだけ出して実際歩いてる所うpってなかった過日のお台場写真。
今年はあとは習い事の内輪ミニショーでこの手のイベはおしまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED 


HTKAF, Shinobazu
HTKAF, Shinobazu; D800 AF-S Nikkor 35mm f/1.8G ED f/2.8 1/2000s ISO-280

某顔本サイトに載せていただいた最近の撮影にてのオフショット。
つか、昨日のカモメと同じ日の撮影だけどw
こういう全身写真とかに使う場合には結構両方するけど、実際のとこそれ以外はここんとこあんま使いどこが
無いのだけど(スナップとかはもうちょい小さいカメラ使うし)、まぁシグマ35/1.4みたいに無理矢理に使わなくても
こういうレンズは持ってると安心感があり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Shinobazu Wing
Shinobazu Wing; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/5.6 1/1500s ISO-200

不忍、冬の午後という趣の。
85mmの高画素で撮って、後からトリム。大体横4000くらいだけど、等倍はリサイズなし。
換算だと150くらい…と思うと、持ってるシグマのマクロと同じくらいか。
大体慣れた画角あたりに無意識に切ってるのかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Another Tricolor
Another Tricolor; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (15.9mm) f/2.3 1/60s ISO-800

お台場。
アクアシティの中とか見るつもりが、気付いたら全然違う方に行って、結局ガンダムとか。
トリコロールはトリコロールなんだけど、何か違うと思ったら…これ、ロスケの国旗柄みたいなんだな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Close to Holiday
Close to Holiday; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/1.8 1/180s ISO-2000

多分丸の内辺りで撮ったと思う。
近接でツリーのデコレーションというのも、年に一度は撮っておきたいものではあり。
現状だと、流石にDC-Nikkor持ち込むのは面倒なので、85mmの開放で。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 季節の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Under the Baccarat
Under the Baccarat; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (9mm) F5.6 1/25s ISO-800

恵比寿にて、バカラ撮影。
大体全体をきっちり撮れるポイントって限られてて、これなんかはその一つ。
撮る際にかなりガラスケース寄ってカッコ悪いことになるのが辛いさん。

一方、そこへ向かう道は人通り絶えず。スローシャッターで撮影の撮影の撮影。
つか、三脚撮影もオーケーなのね、と。こちらは、D-Luxにて。

Meta Shooting Night
Meta Shooting Night; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (12.5mm) f/8 8s ISO-100
DxO FilmPack 5: Kodachrome 64


【今日のスポーツ】
カウボーイズ勝ったでー!フロンティアーズ勝ったでー!
どっちもリアルで見とらんわ。Xボウルはチケ買っても良かったのかも…。
ドームだと撮影も覚束ないのでちょい足が遠のくのだけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 季節の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Caution, Falling Objects
Caution, Falling Objects; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/11 1/180s ISO-200

本日はご家族のポートレートなど撮影に上野へ。日射しあればそこまで寒くはなく。
冬空の水鏡@不忍池。
ちょっとゴツゴツした岩が浮いているような印象に。

【今日のスポーツ】
何か微妙にゴタゴタしてちょうど羽生の演技の前半を見逃した訳だが。
ある意味、勝った後のはしゃぎっぷりにしてもTES100超えという数字にしても、ちょっと憎ったらしいような強さになってきたのは好感。その点では最初の4Sがやはり象徴的か。インタでも相当そこを突っ込んでたのは、テレ朝つか信成臭臓GJ。
女子のトゥクタミシェワ、何か格好がどうもふくよかっぽく見えて「みどりちゃん以来の」とか付けたくなる件、どうするか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


Shimbashi SL - Mono
Shimbashi SL - Mono; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F/2.0 1/160s ISO-400
DxO FilmPack 5: Fuji Neopan 400

新橋。イルミネーションなのにモノクロ、的なスナップ風景。
手前のおっさん達の階調にかなり気合入れた。

【今日のスポーツ】
天皇杯。山の神、天才宇佐美の前に沈む。一回ノイアーみたいな上がりしてたのが面白かったけど。
競馬はエイシンヒカリ撃沈。もうちょい馬群伸ばすくらいの感じで行きたかったけど、あれだとオープン慣れした辺りの地力に飲まれちゃう的な感じ。左で膨らむと右に行って案外窮屈だった面もあるか(笑)
GPFはジュニアとかもネットで覗きながら。男子は宇野はこれで満を持してシニアでがんがれ、的な方向か。ただ、山本の2位が評価されて良いかもな。因みにテレビで樋口見て同居人が「女子はこの子出るまで我慢なのね」とか言われてしまう現在の女子の谷間感。
羽生は初見でスコア出過ぎてるかなと思ったけど、2回目見たらやはり所作が圧巻で、確かに本人も転倒したこと以上に自分のキレが思った以上に回復してたことに満足してた表情なのはあらためて納得という感じの。地元のハビちゃんマンがコケていたが、アレはやはりキムの地元GPFではないけど「普段あんま大一番開催されないマイナー国」の難しさなのかなぁ。個人的には、もうちょい復活まで時間掛って町田が「あの程度の羽生を倒しても意味が無い」とかケツ叩く姿を見たかったのだが(何。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Between Virtual and Reality
Between Virtual and Reality; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (12.5mm) f/2.1 1/125s ISO-800

すみだ水族館の大水槽にて、プロジェクションマッピング。
写真に残すのはなかなか難しい感じで、アンダー気味に撮ってRAWから持ち上げ。
こういう風景は、16:9が似合うか。

【今日のスポーツ】
GPF女子を追っ掛けで軽く視聴。ポゴリラヤがコンビネーション後半の跳び直しで3T付けに行ったのが面白かった。
流石に回転不足になったけど、普段そこまで練習してる訳でもないだろうに器用なもんだなというか。
ところで信成、リプの演技でLzの方のエッジ気にしてたけど、プロトコル見たらFeじゃねぇか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Marunouchi Amber
Marunouchi Amber; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/1.8 1/90s ISO-800

まぁ、割と恒例の年末丸の内。
多分もうちょい年の瀬になったら皇居も行くかな。
ところで、今年のイルミは中目黒が何か凄いことになってるようで、でも行く気はあんましない。
強いていえば、ガーデンプレイスのバカラとかはもっかい撮りに行ってもいいかなくらいの感覚で。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Christmas Street
Christmas Street; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (22.7mm) f/2.8 1/15s ISO-200

丸の内、イルミがあんま窓に入らなかったけど、キラキラした雰囲気は出せたかな、という感じの。
撮った時は-1くらいアンダーだったけど、現像してみたらオーバーの方が全然ハマった件。
この辺りのセンスが無くても後でかなり直せてしまうのは良いことなのかどうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 


Cosmic Maze
Cosmic Maze; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. f/1.2 1/800s ISO-800

つづら折りなLED襖たち。
某AE○Nの迷路にての撮影でした。
上から見たらこんな感じ、というネタバレ。
LED撮影はフリッカーのタイミングとかがあるので、結構バシャバシャな連写になるわね。




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 

佐倉お出かけ写真もう2枚ばかり。
そろそろ、イルミ写真に切り替えていきたい。

Ancient Comical
Ancient Comical; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. f/1.2 1/80s ISO-400


Isolation
Isolation; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. f/2.0 1/3200s ISO-200

【今日のスポーツ】
TCUとベイラーというテキサス勢落選でテキカス激怒。
まぁでも、今の勢いなら確かにOSUとやって普通に勝てるとは言えんし、
またなかなかプレイオフのフォーマット初年でいきなり不敗校のFSU落とす訳にもいかんしなぁ…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: お散歩お出かけ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


November Temperature
November Temperature; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (16mm) f/4 1/2500s ISO-200

今日はお出かけも写真もお休み。
のんびりNCAAをネットで追ったりJの昇格プレイオフを眺めたり。
格上のチームにとってはむしろ一発勝負だからこそ怖い、みたいなのは、あのフォーマットには間違いなくあるよね。
競馬は何か微妙にスルー気味でポルトドートゥイユ勝ってるなーくらいに流してて、気付いたらホッコータルマエが
勝っていた感な日曜日であった。
で、写真は佐倉の歴博まわりの庭園。
池の色彩感を出すのにかなり気合入れた。
全体的にJPGでシャープ強めるような設定にしてると、ちょいディテール的には等倍でゴテゴテする感じか。
絵的にはこれくらい写ってればまぁ、良いカメラではないかと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 史跡・神社・仏閣

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 


Suda Hachiman Mirror
Suda Hachiman Mirror; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (23mm) f/4 1/30s ISO-400
DxO FilmPack 5: Fuji Superia X-Tra 400

今日は午前中に一人で佐倉まで行って歴博。文字のかたち展である。
まぁ古代の金石文とか好物なので、半島含めてその手の様々なアレを眺めるのは愉しい。
自分の中では、日本の文字受容の特異さみたいなのは、常に興味をひかれる所ではありまして。
で、当然企画展は撮影不可なれど、常設展は撮れるので(まぁレプリカばっかだしな)、そちらから。
古代の金石文としては超A級な隅田八幡の「男弟王」銘鏡。
個人的には、継体ではなく允恭后妃の兄弟で継体の曽祖父である意富富杼説に魅力感じたりもするけど。

【今日のスポーツ】
何というか、浦和の「やってしまいましたなぁ」感というか。
丁度先週さいたまスーパーアリーナ界隈のNTTビルでJの順位表見てて、
「これ浦和がV逸して大宮が降格とかなったら、埼玉県民災難やなぁ」とか思ってたら、本当になるとは…
ところで、オシムのプレーオフに対する両チームへの励ましのお言葉、両方読み比べて味わいあるなぁ。
やっぱ少々厳しいくらいの物言いの方が、あの人に関しては愛があるのかなとか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 史跡・神社・仏閣

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Nightwork
Nightwork; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G f/11 10s ISO-180
DxO FilmPack 5: Kodachrome 64

KITTE屋上、意外とカメラを止められる場所が無かったけど、案外さくっと引っ掛かったのはむしろD800の方。
しかし、そんなにレンズ持っていった訳では無いので、85mmで狙うという珍しいことに。
やはり、ちょっと構図としては中望遠だと詰まるかなぁ。
解像的には流石にかなり良く撮れてはいるけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Phantoms Array
Phantoms Array; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F2.4 1/350s ISO-2800
DxO FilmPack 5: Fuji Sensia 100

ちょい前のファッションショー写真、ちょくちょくと現像してる。今日はやってないけど。
こういう顔の隠れた写真とか、ある意味ネットのうp用感あるなw
ただ、いずれにせよ、ビシッとポーズ決めた写真よりもこういうスナップの延長っぽいのが撮ってて愉しいというか。
因みに、何か背景がいい感じにライン引いてますが、これ単にエスカレーターだったり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 

六義園のライトアップ、広角はD-Luxにお任せで。
しかし、改めてNocticronの絵と比較すると、流石に単焦点と比較したらズームはズームなりという画質。
つか多分こうしたちょい遠景の細かい模様となるとちょい苦手分野になるのか、塗り絵みたいになるパーツも。
そうは言っても、このうpした3枚全部SS10以下、それを手持ちISO400で余裕で撮れるのが、こいつの意義ではあり。
実際、明らかにブレて撮り直しとか、殆どなかったし。


Lux Rikugien Night - 1
Lux Stabilized; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (12.5mm) f/2.1 1/4s ISO-400


Lux Rikugien Night - 2
Lux Stabilized; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (10.9mm) f/1.7 1/6s ISO-400


Lux Rikugien Night - 3
Lux Stabilized; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (12.5mm) f/2.1 1/5s ISO-400
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 紅葉の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

カレッジフットボール最終週目前、そして6校が残った。 

なお、本当のレギュラーシーズン最終戦は、陸士-海兵の定期戦(挨拶)
まぁそんな訳で、近頃の嵌りモノなNCAAフットボール。

毎週NFL開催を避けて土曜メインで行われつつ、年6試合のホームゲームに祝祭のように10万の観衆がボコボコ入る不思議の国の大興行というべきこのスポーツも、優勝争いという意味では、まずは残るのはカンファレンス優勝戦と、優勝戦のないカンファレンスに関してはレギュラーシーズン最終節。
NCAAフットボールの基本的な構成をおさらいすると、FBSという言わば一部リーグの中で、その中でも幕内格というべきなのが以下の5大カンファレンス。十両格のカンファレンスや無所属のノートルデイム、BYU辺りは脱落済みなのでオミット。因みに、各カンファレンスは大体9試合くらいをカンファレンス内で戦い、残りの3試合がカンファレンス外。
・ACC(Atlantic Coast=東海岸)
・SEC(Southeast=南部、メキシコ湾岸)
・Big-10(中西部)
・Big-XII(西部)
・Pac-12(西海岸)

因みにBig-XIIは12と銘打ってるのにあちこち引き抜かれて現在10校、Big-10は10と銘打ってるのに14もあるが、細かいことは気にしない。基本的に12試合しかないのでほぼ「どれだけ負けないか」という星の潰し合いというか大相撲的なマッチシステムになっていて、この5大カンファレンスでは現在、1敗以下が以下の6校残っている、という構図。
・ACC=フロリダ州立大(FSU)【全勝】
・SEC=アラバマ大
・Big-10=オハイオ州立大
・Big-XII=テキサス・クリスチャン大(TCU)、ベイラー大
・Pac-12=オレゴン大

ただ、大相撲的と書いたが、大相撲と違うのは、当然ながらセントラル開催ではない球技なので「開催中に勝ってる同士でマッチメーク」みたいなことが出来ないこと、そしてカンファレンスの強さには当然ながら毎年そこそこバラつきが出る、ということである。
そうした中で、この1敗以下のどれが強いか、というのを「審査」という年度代表投票的な実にファジーなシステムで決めるのもNCAAフットボールの大きな特徴。現在は、そうした審査によって上位25校を決めるほか、「トップ4」となるチームを最終的に選出し、その4校でのプレーオフで全米優勝を決めてる訳である。当然、「あの選出に異議あり!」とか>>>(超えられない壁)>>>的な最強厨の議論が発生するが、多分そこ含めておいしい、という割り切られ方ではある。
さて、で、では現在の力関係はというと、これはもうSECが圧倒的に強い、という構図で、更にSEC14校のうちアラバマを含む西側7校の西地区がハイレベル。同州ライバルのオーバーンや、隣のミシシッピ州のオールミス、ミシシッピ州立なども終盤までランク上位を維持し続けた。ただ、強すぎるから結局星を潰し合って、多分大概の相手に負けないようなチームも2敗3敗して脱落して、結果残ったのが1校だけ、という感じ。むしろ2敗で拾われる学校があってもおかしくないくらいだった。
という訳で、現在のプレーオフランキングにおいて当然1位なのは、そのSECで1敗のアラバマである。
さて、当然、と書いたが、実際には無敗校がこの時点でランクトップにならないのも結構珍しい。そしてそれどころか、今日発表されたランキングにおいて、無敗のFSUは何と4位というプレーオフギリギリのラインなのである。ディフェンディングチャンピオンにして無敗ではあるが、FSUの試合見てると、とにかく点差が付かない。昨年の最優秀選手でもあったQBウィンストンが今年はどうも冴えてないようで、圧倒する展開にならないが、試合後半で意外と守備が粘ったりして、ギリギリ追い付かれそうなところを辛くも逃げきったり、最後に逆転したりと。しかも、今のACC自体が比較的弱い学校が多いので(マイアミ大とかボストンカレッジとか、そこそこ名のある学校が近年冴えない)、更にハリボテ感があるのだ。
一方、残りの中ではオレゴンは頭一つ抜けている。ナイキの御膝元ということで潤沢な財政的なサポートを受けつつ、超攻撃的なスタイルで40点50点を連発する内容の良さ、そしてPac-12自体もそこそこ骨っぽいチームが多く、その中で盤石な展開を続けてるので評価が高く、現在は2位。唯一取りこぼしたアリゾナ相手のPac-12優勝戦を残すが、格上なら2回続けては負けないだろう。
問題は、残り3校である。
この中では3位にTCUを上げたのが、現在のランキングでの味わい深い判断。
TCUもまた強烈な攻撃力で気風のいい試合を続けていて、ベイラーとの直接対決で58-61という大激戦の末敗れた以外は不敗。一方で、問題はそのベイラー相手の直接対決で負けたことで、「カンファレンス優勝」にならない場合、優勝されたという意味でベイラーに劣るのではないか、という辺り。ただ、どうもその辺りでカンファレンス側が空気を読んで、タイブレーカーは敢えて設けず両者優勝にすることで、評価が上がったとこもあるか。12校以上ある他カンファレンスは最後に優勝戦をやる関係上直接対決をタイブレーカーとするのだが、たまたまチーム数が少なくて優勝戦ないことが、インチキ臭いけど柔軟性ある判断に繋がったというのも面白い。
ただ、ぶっちゃけTCUとベイラーみたいに、同じ1敗でも直接対決で勝った方が「強い」ということにするべきかどうかって、勝った方が「より弱い相手に負けてる」という事実と表裏一体で、なかなか判断に悩むとこではあったり。
そういう意味で「弱い相手に負けた」ことで評価を落としてたのがオハイオ州立大。負けたバージニア工大が、そう強くないACCで最終週勝ってでやっと5割というレベルだけに、と。ただ、もともと格と伝統という主観的評価で影響のある元値がある上に後半の勢いは結構あったので、何とかギリギリでテキサスの田舎校ベイラーをかわせた、という印象。Big-10優勝戦のウィスコンシンもなかなかここに来て骨っぽいので、勝てばベイラーがカンファレンス3位のカンザス州立に余程圧勝しない限りは逃げ切れるか。

そんな感じで、最終週のこの辺りの組み合わせは以下の通り。
#1 アラバマ大-ミズーリ大(10勝2敗、#16)
#2 オレゴン大-アリゾナ大(10勝2敗、#7)
#3 テキサス・クリスチャン大-アイオワ州立大(2勝9敗)
#4 フロリダ州立大-ジョージア工大(10勝2敗、#11)
#5 オハイオ州立大-ウィスコンシン大(10勝2敗、#13)
#6 ベイラー大-カンザス州立大(10勝2敗、#9)
アリゾナがオレゴンに勝ってかつ1敗以下がこの週末で3つまで減ったらワンチャンだけど、まぁ、流石にないか。
ともあれ、果たしてどうなりますやら。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: アメリカンフットボール

ジャンル: スポーツ

スポーツ一般  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top