10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ジャパンカップ、回顧というよりは写真。 

てなわけで、ドイツでは見られない観衆を見上げるミナリクさん。
シュレンダーハンの勝負服を府中で写せたこと自体は、まさに感慨深いものではあり。
あとはグラディッツの服色を府中で撮れれば、JCはやめてもいいぞ(こら。
#因みに他の大馬主だと、フェアホフは*パゲーノ、レットゲンは*ドーン、ウルマンは*タイガーヒルで来日済み。

Gazing the 100000 Audience
Gazing the 100000 Audience; D800 Sigma APO 100-300mmD 1:4 EX DG HSM (300mm) f/5.6 1/500s ISO-800

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

レース回顧  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D-Lux (Typ 109) 

てなわけで、ちょいちょいと試し撮り。2枚くらいブログに甜菜。
しかし、何か「上手く撮らないと」的な変な張りが出るよな、高い機材買った直後は。
結果そう思っちゃうと上手く撮れないことも多いけど。
スカイツリー、晴れたタイミングで「これ雲海出るかも」と向かってみたが、案の定休日ってのもあって混んでた。
これでは上る前に晴れ上がっちゃうなということで、登攀は回避。

D-Lux typ 109; Perspective
Perspective; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (12.5mm) f/5.6 1/800s ISO-200


D-Lux typ 109; Tele
Tele; D-Lux(Typ 109) DC Vario-Summilux 1:1.7-2.8/10.9-34 ASPH. (31.5mm) f/4 1/640s ISO-400

【今日のスポーツ】
NCAAはPac-12とSECの弱い方のディビジョン王者決定戦。
勝ったらオレゴンにワンチャンありそうだったUCLAが無事死亡で、それを受けてアリゾナ州内対決は底力的にはどうかと思ってたアリゾナが結局粘って王座。これはこれで見上げたもんだけど、オレゴン相手に二番は…ないかなぁ。SECは難敵アーカンソーを何とか降してミズー。弱くは無いけど明らかにジョージアの方が強いだろうという感じで、これで脱落してくれてSEC西はどっちが来てもまぁそんな難しくはないか。
NHK杯女子はグレイシー、男子は村上大介と、キャロル師の名伯楽ぶりが冴えた。
にしても村上の演技、PCSはそこまで稼げなさそうだけど、とにかくやることなすこと決まってスカっとする展開。
あんだけ来られると、無良も最後はプレッシャー感じたか。
羽生はここですんなりGPF落として厄払いと思ったけど、最後のイスが獲れちゃった…というか。まぁ、がんばれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ある日の風景や景色

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Leica D-Lux (Typ 109)、開封の儀。 

ヤッテマッタ感のある買い物。
何かLX100やっぱ欲しい気もするけど、予約特典取り損ねたしパナ3台もあるのもどうなんよとgdgdしてたら、
これを触ってしまって、あーこれのが質感的にええやん的なのと、パナで被らないというのが。
Lightoomも最新版持ってなかったしw
このカメラが使い出あるとすれば、単焦点主体のシステム持ち出ししてる際のサブカメラ。
例えば遠出とかで気合撮りしてても、ふらっと広角寄りのポジション欲しくなるようなケースとか、標準ズームに
切り替えるよりはこっちでぱぱっと撮っても一定以上のクオリティ維持できるなら、みたいな感じで。
GRがそれを担当してた面もあるけど、GR自体単焦点なのでやはり柔軟性では限定される。
あと、日常持ちなカメラとしても、1台で色々手数を稼げるので、飽きないかな、とか。それとポトレで4Kフォト。


P1040349
My First Reddot; DMC-GX7 Leica DG Macro-Elmarit 45mm/F2.8 ASPH. F5.6 1/2s ISO-200

てな訳で、そう頻繁に買うブランドでも無いので、開封の儀写真とか、軽く。
-- 続きを読む --
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材

ジャンル: 写真

趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ai Noct-Nikkor 58mm f/1.2 


Faint Indoor
Faint Indoor; D800 Ai Noct-Nikkor 58mm/1:1.2 F1.2 1/180s ISO-800

夜に持ち出さなかったので、開放はほぼ室内限定。
そうなるとこういう感じで間合い詰めた被写体が多くはなり。
ピン合わせるのかなり難しいというか、後で確認しても本当に合ってるか良く分からんw
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 史跡・神社・仏閣

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Micro-Nikkor-P Auto 55mm f/3.5 

一時期フィルムとかで使ってたけど、最近は存在自体忘れかけてたオールドニッコールを、久しぶりに取り出し。
因みにちゃんとAi改はされてます。ただ、ヘリコイドが結構スカスカで、フォーカス合わせづらい。
中古屋持ってけばグリスくらい入れてくれるけど、そこまで投資するほどではなくw


Singular Age
Singular Age; DMC-GX7 Leica DG Macro-Elmarit 45mm/F2.8 ASPH. F4.0 1/13s ISO-800



Micro-Nikkor-P Auto 55/3.5, at shade
Micro-Nikkor-P Auto 55/3.5, at shade; D800 Micro-Nikkor-P Auto 1:3.5 f=55mm F3.5 1/60s ISO-800

で、帝釈天で。まぁマクロというほどの近距離ではないけど、まずは寄ってみて。
屋内手持ちなのでちょいブレるけど、これくらいの間合いならあんまり解像度負けは感じられないかも。



Micro-Nikkor-P Auto 55/3.5, at light
Micro-Nikkor-P Auto 55/3.5, at light; D800 Micro-Nikkor-P Auto 1:3.5 f=55mm F5.6 1/90s ISO-400
DxO FilmPack 5: Fuji Provia 400F

明暗のある被写体でも。
ちょいFilmPack掛けて演出してるけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 史跡・神社・仏閣

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 


Dark Gangs
Dark Gangs; D800 AF-S Nikkor 24-85mm 1:3.5-4.5G ED VR (34mm) F4 1/125s ISO-6400
DxO FilmPack 5: Rollei Retro 80s

お友達との撮影オフショ。男子小学生もイケメン多いっすな。
そんな感じで、めがっさ暗い室内写真を、チョイ悪風演出なラフモノ調で。
背景がちょっとゴミゴミしてるのが割といい味かな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Footlight
Footlight; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F2.4 1/350s ISO-2500
DxO FilmPack 5: Kodak Elite ExtraColor 100

D800の1.2xクロップで連写速度を速めてJPGでひたすら押しまくるの日。
写真が3000カット超えて、家帰ってからまずは整理である。
まぁ、そこそこ出来は良かったと思うけど、どうだろ。

【今日のスポーツ】
まぁ観てないことは無いのだけど、色々後で考えたいという気分。
カレッジフットボールは、何か最終週辺りは微妙につまらんくなりそうかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ai Noct-Nikkor 58mm f/1.2 


Corridor in Red
Corridor in Red; D800 Ai Noct-Nikkor 58mm/1:1.2 F5.6 1/350s ISO-800
DxO FilmPack 5: Fuji Provia 400X

何か結局余り遠出する気にならなくて、チャリで行ける範囲の紅葉撮影。
まぁ東京なのでまだこんなもんだけど、幸いちょっとは始まってる所もあり、まぁ一応撮影にはなったか、くらいの趣で。
因みに現像はFilmPack5のRAW現像を使ってみた。下補正の必要ないくらいに露出決められてれば、使えるかな。

【今日のスポーツ】
最後に何かガンバが決めたぞ、なんだけど、ちょいまだ勝ち点差としては逆転はせいぜいワンチャン、かなぁ。
というか、浦和が「強い王者」となれなかったみたいな試合にはなるのかも知れんが、やはりJはもつれる。
TEBは上の方の録画をさらっと。結構競技終わりに3Lz、やっぱなかなか100%とはいかんから、町田はまぁ慌てずに。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 紅葉

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 


Stalking Shadow
Stalking Shadow; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. F1.2 1/125s ISO-200
DxO FilmPack 5: Fujifilm Pro 400H

そこだけ穴が開いたみたいなシルエットを目指して。Nocticronで全体ボカしつつ、被写体のシャープさが目立てば。
てなわけで、新しいFilmPackに、新しいプリセットで。
確かにヨドバシでは見るけどFilmPackの中にはリストされてない製品ではあったな、Pro400H。
しかし、試しにInstaxとか使ったけど、チェキって本当にこんな絵出すんだっけ的な(この製品にはよくあることw)
ただUI変わり過ぎて、正直こっから慣れてくの結構しんどい…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens 18.3mm f/2.8 

昨日うpらなかったので、本日2枚。
やはり雨の日だからこそスナップを撮らねばなるまい、という感じで。


Akiba After-five - Red
Akiba After-five - Red; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F4 1/350s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Kodak Ektachrome VS 100



Akiba After-five - Blue
Akiba After-five - Blue; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F4 1/30s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Kodachrome 64(G)


【今日のスポーツ】
日米野球を見てた筈なのだが、どうも印象に残っていない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

プレミアム系コンデジ、現時点でのまとめと比較。 

何となく気が向いたのと、今日時間あった割に写真撮ること出来なくてむしゃくしゃしてうpる。
昨今比較的流行という感じのある高級コンパクトで、現在市場に出てるものを何となくカバーしてみる試み。
基本的にはヌルい機能紹介と短評なので、余り汎用的には約立たないかも。

【概論】
ざっくりコンデジと言っても、昨今の高級化の中ではそんなにコンパクトでは無い。
ただ、ダウンサイジング路線はともかくもスマホという万能かつネットワーク機能が充実したカメラ付デバイスが支配するこの世の中において、もはやカメラの「小ささ」はそれだけでは武器ではなく、ある程度の「写り」を担保し、ズームとレンズの大口径、センサーの大きさで差別化されたカメラ「しか」売れないので、必然的にこの路線が大型化しつつも充実することとなった。
ともあれ、コンパクトでないのにだったら何が「コンデジ」かというと、レンズが交換できないデジカメのこと。
レンズ交換できない代わりに、レンズが同じという前提でそこそこチューンアップされてるし、交換とか考えずに速射するのに向いてるし、少なくとも一眼レフよりは小さくて負荷にならない。実はこういうカメラ、結構ハイアマの人は使ってて愉しいのである。フィルム時代の昔から、ローライ35や(銀塩)リコーGRにニコン28Tiなど、そうした小型でも高級感あるカメラがカッコいいという文化自体はあり、スマホ云々関係なくそうしたジャンルのカメラがデジカメ技術全般の発展で完成度が高まったというのも、このジャンルの隆盛にはつながっているのだろう。
分類としては、ズームレンズ型、単焦点型、ネオ一眼型に大別されよう。
ネオ一眼は本当に大きいのでここでは取り扱わない。ぱっと見た目、普通の一眼と区別できないけど、よく見るとズームレンズが電動で伸びて来るやつ。大体300mmくらいの高倍率まで撮影できるので、それ一台でほぼすべての用途をカバーするものの、高倍率である宿命として、写りはそこそこ。大体旅行の記録用とか運動会や学芸会などのヌルい動画撮影で重宝すると思う。
そうじゃないズームレンズ型は、大体広角から中望遠(ライカ判フィルム換算で135mm以下の焦点距離)をカバーするヤツ。元々は対角1/1.7インチ程度のセンサーであれば「大型」であったのは一昔前までの話。昨今では、レンズ交換式のカメラにも採用される1インチ以上のセンサー積んだものが急速に普及しだして、ここに来てそれにf値が低く、ある程度ボケなどの効果を愉しめるレンズの搭載も可能となってきた。
そして単焦点型に至っては、ほぼ汎用的なデジタル一眼と同じAPS-Cサイズ(ライカ判フィルムの半分)のセンサーまたはフルサイズとも言われるライカ判フィルムと同サイズまでの大型センサーを誇る。ただ、このサイズとなるとまだ技術的には一定以下のサイズだとズーム機能を捨てざるを得ないので、単焦点になってる。やや制約は出るが、画質に関しては理論上一眼レフと同等以上に勝負が出来るのだ。
てなわけで、現行品からズーム型と単焦点型各5種類の10種類を紹介。

【ズーム系プレミアムコンパクト】


Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX100 4/3型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX100-KPanasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX100 4/3型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX100-K
(2014/11/13)
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る


・焦点距離:24-75mm(換算)、f/1.7-2.8
・画素数:1280万画素(4/3型)
・重量:393g
・機能:レンズ収納=△(でっぱる)、ファインダ=○、フラッシュ=外付、背面液晶可動=×、Wi-fi=○
・コントロール:5種類(絞りリング、多機能リング、シャッターダイヤル、露出ダイヤル、背面リング)
ミラーレス一眼の嚆矢となったパナソニックが、自社のミラーレス規格であるマイクロフォーサーズの同等センサーを積むというカニバリズム覚悟で世に送った意欲作。元々プレミアムコンパクトではライカとも一貫してコラボしたLXシリーズという締まりのいいデザインを特異的なラインとして長年展開していたのだが、その小型デザインがやや時代にそぐわなくなったとこでデザインを一新。電子ファインダを付けた上で絞り、SS、露出ダイヤルを入れるという古風なレンジファインダカメラ的なUIを採用する。一方で値付けが高めな割には「全部入り」という度合いはやや低く、例えばフラッシュは内蔵されていないし、ローアングルで便利なチルト液晶や背面液晶のタッチパネルなども排除された。
レンズのF値とセンサーの大きさの何れもが良好で、単焦点ほどではないがズーム系では一番よくボケる。ただ、センサー自体はミラーレス用のそれのやや周辺部を切り取る格好なので、画素数はちと低めで、解像的にはセンサーサイズほどの優位は少ない。
また、動画に強いパナソニックらしく、4Kからの動画切り出しという新奇な機能がチャレンジングである。ぶっちゃけ言えば850万画素まで落とした30コマ高速連写、というだけのお話ではあるのかもだけど、意外とパフォ良さげだし「4K」というバズワードの使い方が巧い辺りもちょい感心。




Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7XCanon デジタルカメラ PowerShot G7 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X
(2014/10/03)
キヤノン

商品詳細を見る


・焦点距離:24-100mm(換算)、f/1.8-2.8
・画素数:2020万画素(1型)
・重量:314g
・機能:レンズ収納=○、ファインダ=×(外付けなし)、フラッシュ=○、背面液晶可動=○、Wi-fi=○
・コントロール:4種類(多機能リング、露出ダイヤル、背面リング、タッチパネル)
Poweshotシリーズで様々なサイズの上級クラスを出してきたキヤノン。こちらも、一時期の主力は1/1.7型の小型なSシリーズであった。レンズ部分にコントロール用のリングが入ったのはこのシリーズが最初だと思うが、その後各社真似して標準を築いた名機である。ともあれ、1インチ化を進める中で、こちらより大柄なGシリーズに実質そのSシリーズ的な要素を統合しつつ、センサーを刷新したように見受けられる、一つの曲がり角的な存在であろうか。モードダイヤルの下に露出ダイヤルを2階建てで入れている辺りは、Gシリーズの伝統と言える気風を感じる。
ミラーレスのEOS MでもEVFを前面に出さないなど、キヤノンは余り電子ファインダを評価しない(恐らく一眼のファインダとの差別化でもあるか)が、それ以外は概ね機能を入れつつ軽量と焦点距離の長さ、レンズの明るさを折り合いつけた感じ。当然Wi-fiも対応している。また、ライバル機が敢えてタッチパネル機能を入れてない中で、こちらは入れているのも好感ではあろう。その上で、持った感じのサイズ感も重量比ほどは大きくない感じ。
センサーは、ほぼソニーのRXシリーズと同型らしいが、色作り的にはキヤノンのスタイルが一貫してるのではないだろうか。




ソニー デジタルスチルカメラ「RX100M3」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100MIII DSC-RX100M3ソニー デジタルスチルカメラ「RX100M3」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100MIII DSC-RX100M3
()
ソニー

商品詳細を見る


・焦点距離:24-70mm(換算)、f/1.8-2.8
・画素数:2010万画素(1型)
・重量:290g
・機能:レンズ収納=○、ファインダ=○、フラッシュ=○、背面液晶可動=○、Wi-fi=○
・コントロール:2種類(多機能リング、背面リング)
RX100というカメラは、近年における革命機というに相応しいマイルストーンであった。
ほぼコンデジというべきサイズとボディ内にきっちり収納されるレンズという条件で、1インチセンサーという当時のコンデジ比では大型センサーを押し込めて、かつレンズの明るさはワイド端ではf/1.8を確保。寄れないとかテレ側は普通に暗いとかケチつく場面も多かったけど、ともかくこのサイズ感でこのセンサーが入ったカメラが出来ることが、このジャンルの水準を一気に引き上げたのである。
その成功をベースに改良を重ねた第3世代となるのが今年発売になったこのMark3である。ワイド側はコンパクトカメラとしての要求が高い24mmに押し広げられ、テレ端は短くなったがこちらもf/2.8という競合に負けない「明るい」数字を確保し、ファインダを内蔵型にしてきた。かつフラッシュも背面液晶の可動も確保する「全部入り」を、300g以下の軽量機に閉じ込めている。そのため価格のゾーンが引き上がったのが惜しまれ、先代MarkIIと併売される格好に。
他社のカメラに比べコントロールが2種類とやや簡素で、その辺りの操作性が「ラク」か「物足りない」かで評価は変わるか。ただ、個人的にはファインダをポップアップで立ち上げたら電源付くという小技は好きだぞ。




FUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ X30 ブラック FX-X30BFUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ X30 ブラック FX-X30B
(2014/09/20)
富士フイルム

商品詳細を見る


・焦点距離:28-112mm(換算)、f/2-2.8
・画素数:1200万画素(2/3型:X-Trans)
・重量:423g
・機能:レンズ収納=△(出っ張る)、ファインダ=○、フラッシュ=○、背面液晶可動=○、Wi-fi=○
・コントロール:4種類(ズームリング、多機能リング、露出ダイヤル、背面ダイヤル)
富士写のXシリーズは、若干特殊なX-Transという色配列のセンサーを用いている。同社のスタンスとしては、これで通常のデジカメセンサーならフォーサーズ相当に機能するという触れ込みであり、そのため初号機はRX100よりも前に出ていると思うのだが、3代目になっても一貫して2/3型でありセンサー拡大には走っていない。ただ、センサーの質以前に画素数が少ないので解像における競争力がちと微妙とはなろうか。高感度には強いセンサーではあるのだけれど。
レンズは初代から余り変わらない28-112というスペックで、富士写の伝統として余り広角化競争には乗って来ない。ただ、その分テレ側は少し長めに確保しているというとこはあろうか。因みに2代目のX20との最大の違いはファインダが電子化されたこと。個人的には先代の光学ファインダ面白いと思ってたけど、電子ファインダの見え味では一歩リードする辺りで、その強みを生かしてきた感じではある。
高級コンパクトの争いを主導してきた富士写らしく、質感がとにかく素晴らしい。ズームレバーで手でズーム感覚も良好だし、それが電源スイッチ兼ねてるのもセンスある。ただ、その代わりにどうしても重いし、単純に機能という意味での多機能感は弱いので、ストイックにカメラの質感を愉しみながら機能の範囲の撮影に専念するスタイルが向く機種であろう。




Canon デジタルカメラ Power Shot G1 X Mark II 光学5倍ズーム F値2.0 PSG1X MARKIICanon デジタルカメラ Power Shot G1 X Mark II 光学5倍ズーム F値2.0 PSG1X MARKII
(2014/03/13)
キヤノン

商品詳細を見る


・焦点距離:24-120mm(換算)、f/2-3.9
・画素数:1310万画素(3/2型)
・重量:553g
・機能:レンズ収納=△(出っ張る)、ファインダ=○、フラッシュ=○、背面液晶可動=○、Wi-fi=○
・コントロール:4種類(多機能リングx2、背面リング、タッチパネル)
これの初代が出た時、まずは差し当たり「フォーサーズよりデカいセンサーで何か作っとけ」的な勢いというか力こそパワー的なゴリ押し感を感じたものである。デカい、ゴツい。何か確かにレンズバリアにレンズが収納されるんだけど、それも微妙に無理矢理感があったり。個人的にはそれはそれで、一眼レフのサブ機的に標準域をカバーするカメラとしてはありかなとは思ったけれど、カメラの基本機能としてAF速度が今一つだったりという辺りで、どうもアンバランスさも感じたものではあった。実際に先代、そんな売れなかったんじゃないかな…。
一方で、2代目となる本機はゴツいはゴツいけど、コントロールに2重のレンズ前面多機能リングを装備し、タッチパネルなんて軟派なものまで付けて来て操作性を向上する一方、レンズの焦点域やF値、AF性能などを刷新。ガタイだけ凄くて動きは今一つ感なプロトタイプがやっと真価を発揮した的な印象はある。
そうは言ってもどうしてもサイズ的にはちょい持つことに勇気が要る感じはするが、RX100IIIやLX100よりは安いし、先代よりも軍艦部がすっきりしたことで見た目的な部分の取っつきやすさは出ているのではと思う。惜しむらくは、レンズがちと暗いのでボケ的にはセンサーの小さいLX100の方が多分上回る、という辺りか。


あー、何かここまで書いたら結構な時間に。
APS-C以上の単焦点コンパクトは、ではまたの機会に。
趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens 18.3mm f/2.8 


Shitamachi Arcade
Shitamachi Arcade; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F2.8 1/200s ISO-400
DxO FilmPack 4.5: Kodachrome 64

秋の夜景撮り、気付いたらGRとSummilux25/1.4でばっかり撮ってた件。
まぁやはり自分の中でスナップは28と50がある種の基準値みたいな部分はあったりするんかな。

【今日のスポーツ】
代表戦と日米野球をザッピング。
大谷は詰まる所炎上はしなかったけど、まぁそこまで安定もしてなかった感じなのは、やはりちょっとビビってた面はあったりしたのかな、などとも。まぁ20歳で木鶏みたいなメンタルな訳もなく、そこは伸び白ということで。
サカーの方は、微妙にザッケロ時代と違うサッカーをまだ模索してるけど、ムラは多いのは仕方ないか。
個人的にはアジアレベル相手に「硬いサッカー」出来る所までをアジアCでは見たいかな、という辺りで、このゲームはクリーンシートの方が大事と思ってたら、最後にケーヒル先生の伝統芸で、ちょいもんにょり。ただザキオカさんのゴールは眼福。もう最近は完全にテクニシャンとしての一芸に期待してしまう。逆に言えば、ベースの部分はそこそこほっといてもうまく行くだろ的な信頼ではあるか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


Shin-maru Vista
Shin-maru Vista; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F2.8 1/5s ISO-400
DxO FilmPack 4.5: Agfa Vista 200

昨今の丸の内駅舎はKitteから撮るパターンが一番多い風潮で、あと丸ビルの7階辺りからも結構撮る場所が多いのだけど、割と地味というか目立たないところにあって気付かないのが新丸ビルの割とちっさい展望スペース。
結構換算50mmくらいで丁度いい感じに捉えられる構図ではあるかな。

【今日のスポーツ】
カウボーイズBYEの間にNFC東他チーム全敗とかいうメシウマ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens 18.3mm f/2.8 


Ginza High Noon
Ginza High Noon; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F5.6 1/250s ISO-100
DxO FilmPack 4.5: Fuji Velvia 100(G)

トリミングというよりはシフトで狭目の画角を。
結構画像弄ってる割に破綻してないのは、やはり元画質の素性ではある。
マイクロフォーサーズ辺りでも14mmでガチ画質な単は欲しいが、シュナイダー高いです><

【今日のスポーツ】
また日米野球はチャンネル権負けで、結局みられたのは阪神巨人OB戦。
しかし出てくるメンバーがいちいちツボるのは、何かそういう世代になっちゃったな、と。
NCAAフットボール、テキ基ことTCUが起きたら弱敵カンザス相手に微妙な試合だったが、結局ここぞでDが押し込んでパントリターンで勝負あり。ただ、この内容だとベイラーが最後K-Stateにいい勝ち方したらランク上も逆転もあったりするかな(カンファレンス上は相星なら直接対戦でベイラーの優勝)。
その後は流しだったけど、とにかく色々動いた週。アラバマがミシシッピ州立を下すのは計算の範囲にしても、オーバーンがあっさり。これだとアイアンボウルもホームのアラバマがラクな展開ですんなりトップ4かな。オールミスが残り2つ獲って最終週にオーバーン勝てばSEC西逆転なのだけど。一方オーバーンに勝ったSEC東のジョージアだけど、自身が敗れたミズーが難敵A&Mを超えて残り2戦はランク外という状況で、東優勝が微妙という皮肉。今の勢い考えると勿体ない。
オハイオ州立は勝つには勝ったがちょい点差詰められて、心象的には微妙。ここは相手崩れるの待ちか。
南地区がきれいに星を潰し合うPac12はアリゾナ州立も脱落。逆に一時期完全に死んでたUCLAがするすると差し返して、優勝戦でオレゴン勝ったらプレーオフどうなんだろ、ではあるが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens 18.3mm f/2.8 


Teisha-ba
Teisha-ba; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F2.8 1/60s ISO-1600
DxO FilmPack 4.5: Ilford FP4 Plux 125

夜景でも余りクロが潰れないようなスタイルとかを目指してみる。
実際にはラフな方が好みではあるが、むしろ夜景だからこそあんま潰したくない場面もあるというか。

【今日のスポーツ】
日米野球はノーヒッター。とにかく則本の作ったリズムが素晴らしくて或いは本人続投してもノーヒッター実現したかも知れないというくらいの感覚ではあったが、むしろ継投だったからこそ、これまで余り日本では評価されない傾向にあった「継投ノーヒットノーラン」の価値が認知されれば個人的にはハッピーである。
GPSロステレコムはソトニコワ欠場でロシア大正義軍団の隙が出たという辺りで、本郷が見事に優勝。ここに来てGPSくらいなら勝てる選手が増えてきたのは単純に良いことというか、ロシアの速成メソッドに対して晩成(っても今年シニアデビューの18歳だけど)でアンチテーゼを築ければ日本スケートとしても存在感の厚みは強化されるのでは、とも。
#まぁ一方でジュニアで今年JGPS進出した樋口なんかは、かなり速成傾向ではあるけど。
Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


Autumn Nakadori
Autumn Nakadori; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F2.8 1/160s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Kodachrome 64

むしろ狙って、ライトアップが始まる前の「特別でない秋の景色」を撮りに行った丸の内であった。
人数とバランス的にはいいタイミング狙えたが、ちと後ろの人の姿勢が微妙w

【今日のスポーツ】
かなり遅れて代表戦見たら、「本田、遠藤、乾らがゴール!」と。
「ら」って、ああそう言えば先制点マヤさんが取ってたのはついったーで確認してたっけ、と。
つか、CBだと長年不動のレギュラーでも前線がゴールすると「ら」扱いなのか。
まぁこういう勝ち方まだ出来るというのはある種の安心材料かもだが、こういう勝ち方しないために
現在の体制がある、という信念はJFA的には残しておくべきではないかなぁ、なんてことも。
無論、現在のサッカー文化としてアギーレがこの「日本」を利用するのはいいのだけれど、ここからの
テーマみたいなのは探していくことがボトムラインとしてはあるんだろうと思いつつ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


日常と非日常の間
日常と非日常の間; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F2.8 1/25s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Kodachrome 64

何となくガイジンが来たタイミングで対比っぽく。
本当はもうちょい寄りたいのだけど、基本的に人通りがあると柱の辺りでしかカメラ構えづらい。
こういうのは、実際にはズーム使っていい場面なのかなぁとは思うが、この焦点域のズームないのである。

【今日のスポーツ】
ちょい色々ハマってたら、日米野球見逃した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens 18.3mm f/2.8 


Mister G
Mister G; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F4 1/200s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Fuji Provia 400X

しばらくぶりに新宿。
大概用があるのは西口なんだけど、敢えて東口まで歩いて行ってお散歩撮り。
まぁ、結局はこういうベタな被写体撮っちゃってる訳だけど。

【今日のスポーツ】
日米野球とかを、あまり見てないけど一応はチェック。
何故か奥さんが適当に見てて、アルトゥーベみたいな選手が大リーグで雇って貰えるのが不思議だったらしい。
別に大リーグに身長制限とか無いのだよ…。でも、やっぱキャラ立つ、いい選手ではあるよな。
そろそろヒューストンにも浮上して貰いたくはあり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


Passed By
Passed By; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F4.0 1.3s ISO-200
DxO FilmPack 4.5: Ilford FP4 Plus 125

石畳とかがそこそこオサレな場所なので、ちょいそこを狙ってみる。

【今日のスポーツ】
何となくNFLの試合とか色々見てたら、今週だけででConcussionが3件くらいあったり。
この頻度だと、ある程度愚行権と興行で銭上げて年金積むくらいしかもうどうしようもない感はあるなぁ、とか。
ジャパンCを選んだとドイツでは既報だったIvanhoweも、JRA側でも来日確定、と。
取り敢えず行きがいのあるJCになりそうで、ちょい安心。ともかくも、無事に来てください。
Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 

青砥での撮り鉄。
APS-Hサイズで連写の動きをどの程度追うかのテスト的に。
高砂じゃなくて青砥で撮ってるのは、単に子連れだったので安全なとこで、と。


Aoto Departure
Aoto Departure; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F5.6 1/500s ISO-800


Aoto Entrance
Aoto Entrance; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F4.8 1/750s ISO-800


【今日のスポーツ】
 NCAAなフットボールは、割と熱かったのがアラバマ対LSU。
 同点の終了前2分そこそこで自陣10ヤード手前のファンブルをリカバーされるという大ピンチのアラバマ、しかし何とか相手を押し下げるDでFGの3点に留めて1分弱のラストドライブ、ロングゲインを焦らず繋いで攻め込みラストプレーでFG余裕の位置まで押し返して、最後は延長でアラバマがTD決めて勝利。LSUの粘りが目立つゲームと見えたけど、やはり大正義やなぁ、と。逆に同州のライバルで順位争い的には先行してたオーバーンは、テキサスA&Mを終盤崖っぷちまで追い詰めたところで、完全に凡ミスとしか言いようのないスナップミスでのファンブル2回でオダブツ。これも熱戦ではあったが、ちょい興ざめ感も。
 その他ノートルデイムやユタが無事脱落。こんな珍プレーもあって1敗対戦を制して残り弱敵のオレゴンはこれでほぼファイナル4を手中に収めたか。TCU対K-Stateも、まぁ「勝てればプレーオフに望み」な方のTCUが勝って、これは上手いことSEC各校が潰し合うかFSUがコケれば、ワンチャンか。多分オハイオ州立よりは評価されるだろ。
 サッカーな方のフットボールは、なんかブンデスリーガの試合で今一つ「これの録画を見たい」って感じの試合がなかったかなぁ…。
Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

羽生の中国杯FSの件、幾つか備忘として。 

 ともあれ、無事にNHK杯なり国内選手権なりで元気な姿を見せてくれよ、と>羽生、閻涵

Plus Ultra
Plus Ultra; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. F2.0 1/800s ISO-400

 この手の負傷がフィギュアスケートというスポーツにおいて発生して、それを乗り越えた美談というと、まず真っ先に思い出すのは張丹のトリノではあろう。しかし、アレは五輪だしそもそもアタマから行ってる訳でも無いので美談とはなり得るのだけれど、ちょっとああいう形で結構頭部に近いところを高速でやった状態と思うと、正直なかなかキツイものはあったよなぁ、と。GPSごときでそんな鬼神の如き姿を見せなくとも、と。

 つか、もう閻涵の演技の段階で思ったけど、フィギュアスケートって競技ではあるんだけれど、根本的な形式で演技なんよ。そこにちょっと色々と挟まるものが、あの状態ではデカ過ぎて、音楽を用いたエンターテイメントにならんのよね。それだけにちょっと少なからず後味悪かったなとは思う。
 実際のとこ脳震盪でないのなればそこまで外傷だけで競技生命にかかわらない可能性はあったとしても、ね…。
 いや、確かに「スポーツとしては」凄いもの見たと思うのよ。ただ、多分その凄さフィギュアスケートに求めてないから。一方で、多分あれを虚心に見た人の多くの「フィギュアスケートそのもの」に対するイメージ的にも影響は与えたかも知れないなぁ、とか。少なくとも羽生結弦という選手に関しては、恐らく「ソチ前とソチ後」ではなく、「2014年中国杯前と後」で一つのマイルストーンが出来るのか、なんてことも考えたり。

 あと割とフィギュアスケートってもともと政治的なとこが強く意識される競技ではあるから、あんまり競技者以外が棄権を決定する判断自体が安易に選択されないみたいなのがシステム的に出来てしまってるのかな、なんてことも。その意味では、興行サイドが「呼び物」的な両選手の棄権を認めなかったみたいな話では無いと思うし、逆に出て来られちゃったらメディア側ももう出て来た側の意思を称賛する以外の選択が消されちゃうかなぁという感覚も。その意味では、批判されるのはISUのこうした事故に対するスキームの不明確さとかであって、メディアではないかな、とは思ったり。

 強いて言えば、医療という意味ではああいう形でスケート靴履いた選手が倒れてるケースで、担架の一つも用意できないのかというとこで、まぁ氷上なので乗せる際の扱いとかも結構難しいんだけど、もうちょい安定した状態で選手を舞台裏まで運ぶようなフローとかはあって欲しかったかなとは思う。その辺りの細かい部分も、ちょいISUの「興行」としては求められてきそうかとは思うのだけど。
 正直、状況としては、テレビ桟敷から個人が判断したものがどの程度的を射た批判になるのかは分からないけど、少なくとも「見た目」としては、ああいう異常な状態から選手が「出られてしまう」ってのは結構厳しいというのが率直な感想ではあった。そして、フィギュアスケートという競技が他のどの競技にもまして「見てくれ」が左右するものだと思うと(実際羽生も閻涵もそのマスクもあって、相手国のファンが相当居そうなイメージではある)、うまいこと「出さない」仕組みを作れた方がいいんじゃないかなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: フィギュアスケート

ジャンル: スポーツ

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Rad Shibamata
Rad Shibamata; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F4 1/1000s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Fuji Sensia 100

久しぶりにポトレをうp。
撮ったのはちょい前だけど、別カットが雑誌に載った記念で。
つかその雑誌出たのもちょい前だな。
個人的にはもうちょい服の着せ方を工夫して脚長く見せれば良かったかな、とか。
あと、街の雰囲気とか服のディテール出すためにちょい絞ってるけど、f/2.8でも十分行けたか。
まぁ良く撮れてるけど、ちと反省あり。

【今日のスポーツ】
フィギュア、チャンネル権の兼ね合いで女子は間に合わず、最後のリプニツカヤちょいとだけ。
同居人に「ちょっと天然っぽく見えちゃう」と言われつつも、そこまであのコス嫌いではないっぽい。
羽生は出遅れたけど、あの後半のクワドかなり難しいので、時間掛けて熟成みたいな感じではあろうか。
全日本辺りで、町田の高い壁であるとこを見せてくれれば、というか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens 18.3mm f/2.8 


Mitsui Echigo-ya
Mitsui Echigo-ya; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F2.8 1/60s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Kodak Kodachrome 64

コレド室町辺りに寄る用があったのだけれど、結局写真としてはこちらが映えるよなという、老舗の表情。
シャッターがきっちり止まると結構解像する、GRのやや遠景だが、シフト掛けたら標準レンズみたいな画角に。
これも、リアルよりはちょいアンバー気味に転ばせてみた。
Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 


Yurakucho, Rail Vista
Yurakucho, Rail Vista; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. F1.2 1/400s ISO-400
DxO FilmPack 4.5: Fuji Velvia 100(G)

FilmPackでフィルム調にしたというよりは、そっから更に弱めの暖色フィルタかけて、新幹線を浮き立たせるような
色作りとかをしてみた。最初はもっと青系で、背景のビルに埋没する感じだったのだけど。

【今日のスポーツ】
何か見られんかった。アーセナルくらいは面白そうなんで見たかった(何。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 


Long way to Go
Long way to Go; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. F2.0 1/125s ISO-800

上昇志向、的な感じの仰角で。
夜でこの解像度出るのは、こいつの強み。

【今日のスポーツ】
アドマイヤラクティな…。
流して普通に最下位でも、ある意味ハンデ見込まれ過ぎてたし、前走で結構なクラスのレースを制したことで実力は認められてたのだし、勝った馬はドイツ馬だし、何かまぁそんな悲壮感のあるレース直後の感覚では無かったんだよな…。
それがこの顛末ってのは、何か神隠しにでもあった気分で、未だに整理がつかない。やや大仰な譬えになっちゃうけど、Phar Lapを失った時のオセアニアのホースマンの感覚とかも、そういう「何か分からんけど逝ってしまった」みたいなとこはあったのかなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


Daiba Stream
Daiba Stream; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F4.0 1.3s ISO-200

お台場の帰り、たまたま巧いこと端っこ取れたので、カメラ置いてレインボーブリッジのアレ。
割とトワイライト気味の光にいい感じで光跡が引いてくれた。
本当は手振れ補正切った方がいいのかなと思いつつ、どっちにしろ結構揺れるんだよな…

【今日のスポーツ】
特に見てない。ダラス連敗はちょい痛い。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens 18.3mm f/2.8 


Wanna be a Star
Wanna be a Star; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F4 1/250s ISO-400


何か整理していて、ふとうpるつもりで忘れてた写真とか、後付けで上げることたまにありませんか。
自分は稀に良くあり。この銀座写真も、ちょい前だなぁ。
何か前日のと同じようなテイストな気もするけど。

【今日のスポーツ】
何か割とセレッソがまずいパターンに。このクラブ優勝争いとか降格争いとか、競ると何か後手引くなぁ。
結構色々人気を上げることの策を精力的に試しつつ育成で結果を出してて、面白いクラブなので、出来れば
1部で留まりつづけてもらいたいもんなのだけれども。
秋天は後で色々考える。どっちかというとジェンティルドンナの負けたレース、という感慨かな。
NCAAはオールミス連敗で脱落。あとはオーバーンがジョージアとアラバマ相手にどんなアトサキをするかで、
SECの枠数が決まってくるという流れかな。ジョージアも今週脱落なのでちょいラクにはなったかもだが。
Pac-12はオレゴンがどうもこのまま4強確保しそうかなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. / Power O.I.S. 


Manseibashi Lonesome
Manseibashi Lonesome; DMC-GX7 Leica DG Nocticron 1:1.2/42.5 ASPH. F2.0 1/160s ISO-800
DxO FilmPack 4.5: Fuji Astia 100F

ある意味、こういうこぢんまりした赤レンガの方が、例えば東京駅より絵になる時間はある、かも知れない。

【今日のスポーツ】
サッカーは色々と見逃してる。ある程度までプルシェンコのせいw
本田望結、普通に和服似合うね。なお更に下に妹がいたこと、今日初めて知った件(不勉強)。
BCディスタフはあぁまぁそういうもんか的なレースであったが、レース後に妊娠7週で引退とか衝撃の展開。
こういう引退というか休養宣言はなかなか珍しいけど、かなりカッコいいぞ。
日本の方はアルテミスSのココロノアイ、一子相伝のマックスビューティ牝系が結構レース後の話題に。
何かそうなると、今後の競走成績以上に「無理せずに繁殖に」な期待の方が高まっちゃうのだけど。
Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。