10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

[Fotolog]AiAF Nikkor 24mm f/2.8D 


Night Planet
Night Planet; D800 AiAF Nikkor 24mm/1:2.8D F4 1/90s ISO-800
DxO FilmPack3: Kodak Elite Color 200

ちょっと背景暗いけど、イルミ的にはこれが適正露出、くらいの呼吸。
色々とゴチャゴチャ入る方が絵的にはいいよね。
ただ、やはり周辺のサジタルコマは大変な、安ニッコールではあり。
こういうレンズで撮るのが愉しいなら、お前Dfでいいじゃん的な感はあるが。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・イルミネーション

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica D Vario-Elmar 1:3.5-5.6/14-150 ASPH. 


Not Sustainable
Not Sustainable; DMC-GX7 Leica D Vario-Elmar 1:3.5-5.6/14-150 ASPH.(150mm) F5.6 1/1000s ISO-400
DxO FilmPack3: Fuji Velvia 50

初冬らしい写真を撮ってる訳だが、紅葉まだちゃんと撮ってない…。
明日辺り、六義園でも行こうかな。子連れになるし、土日だと人多くなっちゃうけど。
意外と今年はいい日どりでこの時期に休みとれなかったのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 花・植物

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AiAF Nikkor 24mm f/2.8D 


Faint Stella
Faint Stella; D800 AiAF Nikkor 24mm/1:2.8D F5.6 1/90s ISO-800

毎年のように撮ってる気がするので、ちょい露出落とすようなパターンで。
しかし、ドームシティ側のイルミは微妙に今年はケチりムード。
かわりにドーム本体に色んなカラーのイルミ入れたりしてるっぽいけど、ちょいさびしいかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・イルミネーション

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Fountain, Venus Fort
Fountain, Venus Fort; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (12mm) F4.0 1/50s ISO-800
DxO FilmPack3: Kodak Elite ExtraColor 100

お台場の例の噴水、ちょっとイルミで雰囲気変わった辺りを盛ってみた。
無理に画角伸ばさなくても、これくらいのパースも悪くないというバランスを取りつつ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: スナップ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma APO 120-300mm/F2.8 EX DG OS HSM 


Late Striving
Late Striving; D7000 Sigma APO 120-300mm 1:2.8 EX DG OS HSM (300mm) F2.8 1/1000s ISO-400
DxO FilmPack3: Kodak Elite ExtraColor 100

何となく、ピンがバシっと合ってて、馬の輪郭がちゃんと出た1枚とかを。
折角重いの借りたんだから、それっぽいのもうpらんとってことで。
せめて、デニムアンドルビーでこれ撮れてればな…ではあれど。

あとは、昨日のうp残りの、ジェンティル勝ち名乗り。
だんさくポイントだと、やはりここを撮れるのが良いよね。
岩田みたいに派手なガッツは無いけど、ムーアのストイックさもかこいい。


Hail Gentil
Hail Gentil; D7000 Sigma APO 120-300mm 1:2.8 EX DG OS HSM (300mm) F2.8 1/640s ISO-400
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ジャパンC回顧。 

 こんだけ完勝っぽい抜け方されると、外からPO馬が飛んできても一瞬「来ないで!」と思ってしまう件(挨拶。

2013 Japan Cup - Gentildonna
2013 Japan Cup - Gentildonna;
D7000 Sigma APO 120-300mm 1:2.8 EX DG OS HSM (300mm) F2.8 1/1000s ISO-400


 個人的には、「3強」は比較的安定した構図として競馬を見ることは多いが、今回は何となく例外と感じていた。
 特に確たる根拠というよりは、感覚的なフラッシュ、ジェンティル、ゴールドのそれぞれに内在する脆さみたいなものを体感してるから、ってのもあったと思う。してレースとしては、果たせるかなという感じでゴールドシップは行く気を見せず、エイシンフラッシュはハナに立たされてしまった。
 内からだとそう簡単に1角で外に膨らんでハナを譲れないという枠順のいたずらもあったが、ともあれそういう形で3つのうち2つが崩れる中で、一方でジェンティルドンナにとっても多分、これは「簡単なレース」ではなかっただろう。多分、スローペースってのはそれはそれで競走馬にとってストレスのある展開だとは思うし、特に今回のように多分騎手全員が体感できる程度に有意なスローさで、かつそれをアドバンテージに出来るような馬群の作りになったレースで、レースの主導権を握る形でゴーサインを出すことも騎手にとっては難しい展開だっただろう。
 そうした中で、ライアン・ムーアは世界のトップジョッキーに相応しい仕掛けの捌きを見せられたとは思う。単純に、ヨーイドンの力だけならば、デニムアンドルビーはジェンティルドンナよりも高いものを持っていたし、このレースはむしろそういうエキスパート的な適性により「向いた」展開であったが、その捌きによってむしろトータルパッケージ的な適性のジェンティルを勝利に導き、破滅的な配当の競馬となることを抑えたとは言えるだろう。
 一方、このレースが結果として「オルフェーヴルを倒しうるチャンピオン候補たち」のレースとして見たときに、強豪勢がスイングする結果とならなかったのは、ある種今年の競馬を象徴してるな、という感覚もあったり。オルフェーヴルが春天やJCを回避した中で、ゴールドシップ、フェノーメノ、エイシンフラッシュ、ジェンティルドンナ辺りがどのように牽引するかという今年の中距離トップレベルは、どうもそれぞれのレースで出て来られなかったりベストを見せられなかったりで、秋天のジャスタウェイ含め比較的「消去法」的に推移したのかなとも思われる。微妙なのは、何かオルフェーヴルが春競馬を元気に皆勤したとしても、そこまで無敵だったんだろうかみたいな感慨もある辺りで、どうもやはりステゴとかディープみたいに気力先行型の馬の産駒が前面出ると、MAX値は上げるけど、その辺りの持続に気を遣うのが課題だよなぁ、って面も。これはこれで、ある種の現代競馬の仕様ではあるのかな。
 ジャパンCのありようみたいなのが戦前から色々取り沙汰されるレースではあったけれど、どちらかというと、そうしたチャンピオンの安定性みたいなものを要求する秋天-JC-有馬という流れと、現代競馬のトップホースのミスマッチみたいな辺りを気にする必要もあるのかな、というのが何となしの読後感としては残ったところではあり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

レース回顧  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma APO 120-300mm/F2.8 EX DG OS HSM 

パドックは、そうテンション高い訳では無いし、結構持ちっぱなしなので、疲労感が高いですな(挨拶)。

Eishin Flash, Japan Cup Paddock
Eishin Flash, Japan Cup Paddock;
D7000 Sigma APO 120-300mm 1:2.8 EX DG OS HSM (300mm) F2.8 1/800s ISO-800

ちょい後ろからの撮影なので、やや守りの構図ながら、パドック。
エイシンフラッシュは、やはりいつもカコイイ。
当然ベストターンドアウトかと思ったよw


Dunaden, Japan Cup Paddock
Dunaden, Japan Cup Paddock
; D7000 Sigma APO 120-300mm 1:2.8 EX DG OS HSM (300mm) F2.8 1/800s ISO-800

どっこい、ベストターンドアウトは外国馬。
まぁ、こういうところで花持たせてやらんといかんもんな、と。
結局着順でもきっちり賞金稼げて、まずはおめでとう*ドゥーナデン。
有馬も愉しませてもらおう。

にしても、まだ持ち慣れてないってのもあるけど、やはりというか歩留まりはイマイチ。
どの辺りの距離感で開放使うかf/4まで絞るかとか、あとは持ち続ける負荷みたいなのとか色々あり。
そこんとこ含め色々よろしく使い続ければ、そこそこ使えそうではあったけれど。
まぁ初見にしては流石に高いレンズだけあってよく撮れるわいではあるものの、開放でがっちりとかを
期待するならば、やっぱりズームはズームであり、純正サンニッパなんだろうなぁとは思いつつ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ジャパンCである、のだが。 

 サンニッパズーム借りてはみた、が(挨拶)

Untitled
Untitled; D7000 Sigma APO 120-300mm 1:2.8 EX DG OS HSM F2.8 1/1600s ISO-800
DxO FilmPack3: Fuji Velvia 50


 なかなかどうしたもんだ、ではあり。
 オルフェーヴルがこのレースに出てこない辺りは、今季のこの馬が春天を回避したことと並んでどうも微妙な印象を残すものとはなっていると思う。とは言え、本来4歳で引退していていいような実績をそこまで積み上げてきた歴史的名馬が、敢えて5歳まで現役を引っ張って、少なくとも凱旋門で2年連続2着という相応に頑張ったと言うべき戦果を挙げたこと自体で十分に見事とは言えるのだけれど。
 ただ、やはり最後を締めるという意味で、戻ってきて有馬記念だけで足りるのかな、というのは思いつつ。
 いやそれ言ったらキズナも出るべきだろとか色々比較は出て来るかもしれないが、春に数走ってないし、実際に敗北がそれほどマイナスにならない文脈もあるのなら、「両方」を目指しても良かったのかなというとこではある。そうした文脈でジャパンCがどうも避けられる風潮として思い出されるのはサクラローレルとマヤノトップガンが回避した1996年辺りなのだが、あのレースは結局外国馬が勝ち、それに対して健闘したのは○外の明け4歳牝馬*ファビラスラフインであった。
 して、今年外国馬はと言うと、こちらもどうも…ということにはなってしまうが、基本的にはJCの遠征の流れとしてメルボルンCから、というのが出て来ているのはちょっと面白い。あのレースがかなり海外向けにアピールをし出して、そういう流れで戻って日本にと言うのがそこそこ敷居が低い現状というか。*シメノン辺りには、それが案外イケるというとこを示してほしいようにも思う。割と日本からのローテでアルゼンチン共和国杯がそこそこ通用するようになった辺り、どっちかというと「長め」の力が要求される色合いが出て来がちな部分もあるので、ゴールドC2着の実績を率直に「地力」と見たいようにも。
 その上で、スロー予想な中でジェンティルドンナとゴールドシップは「両方来る」パターンが薄目に思われるとこで、◎はエイシンフラッシュ。そこにジェンティルとゴルシ1頭ずつ絡める感じでヒットザターゲット、アドマイヤラクティ、ルルーシュ、*シメノン絡めて、あとはフラッシュ頭1頭ボックスに人気薄で遊ぶ感じで。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Biblio Corridor
Biblio Corridor; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (10mm) F4.0 1/10s ISO-800
DxO FilmPack3: Kodak Elite Chrome 200

シンメトリーな写真は、なかなかシンメトリーなポジションで撮るのが難しい。
しかしここ、何気に隠れ家っぽく気付きづらい場所で、人が来ないのは良い。
案外、こそっとそれっぽいインドアポートレートをまったり撮れたりとかしちゃうのかもw
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: スナップ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens f=18.3mm 1:2.8 


Time to Slip
Time to Slip; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F4 1/4s ISO-800
DxO FilmPack3: Kodak T-Max 3200

ハイコントラストモノクロっぽい仕上げ。
ただ、あの辺りのアートフィルタ的なの、なかなか自分で使わんよな。
後で思い付いてこんな感じでFilmPack使うことはあれど。
個人的には、オリンパスのラフモノクローム以来流行ってる、この「キツめに飛ばしてノイズ入れる」
というメソッド自体がそこまで好きな訳では無く、ってのもあり。
割と階調自体はそこそこ残した方が、モノクロとしてはセクシー感ある気もするのよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Steppin Now
Steppin Now; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (9mm) F4.0 1/13s ISO-800

背景の観覧車とかネオンが細かいところでうるさくなるのでモノクロ。
こういう動きを夜の撮影は結構意識している。
止まって写るのは、それはそれでいいと思うのだけれど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: モノクロ

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. 


Nifty Factory
Nifty Factory; DMC-GX7 Lumix G Vario 7-14mm/F4.0 ASPH. (9mm) F4.0 1/5s ISO-800

久しぶりに広角使った感じで。
ちょっと仕事帰りに用事でお台場。
パレットタウンは良く行くけど、子供居ないときはこういう場をまったり歩ける。
もう1mm焦点距離広げて、16:9でトリミングすべき構図ではあるか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 車のある風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens f=18.3mm 1:2.8 


Shibamata Street
Shibamata Street; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F4 1/2000s ISO-200
DxO FilmPack3: Agfa Vista 200

故障から復帰のGR、リハビリ気味にストリートスナップ。
いや、スナップってほど動いてるものも無いんだけど。
で、事故を繰り返さぬようにハンドストラップ物色中なんだけど、なかなかどうもピンと来るものもなく。
ちょい太めで長さはそんな要らないくらいの感じではあるんだけどねぇ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: スナップ写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


In Autumn Green
In Autumn Green; D700 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F1.8 1/750s ISO-280

ちょい前、D800を買う前のD700での代々木公園開放撮り。
軽くアンシャープ賭けたら、結構等倍レベルのディテールも出るので、余りカメラ替えて大きく違うものでも無く。
まぁ、これくらい良い日射しの条件だったら露出レベルさえミスらなければ大体どんなカメラでも、とは思う。
で、ちょい前なのはJetteさんの撮影でちょっと保護者勝手にカメラ持ち込みで撮影してたから。
そろそろWebカタログの方も出たので、解禁という感じで。
商材撮影、やっぱレベル高いっす。
フェイスペイントは初体験だったので、最初豪快に嫌がってましたな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


Glassman
Glassman; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F2.0 1/200s ISO-400
DxO FilmPack3: Fuji Superia Reala 100

やはり増えてるのかプロデューサー巻き、というマネキン。
ただ、この巻いてる方のワインカラーのカーディガン、ちょい欲しいなぁ。
しかしどうも金欠にて、余りセール品以外は手が伸びそうになし。
カメラばっか買ってるから自分のオサレ度が下がるんや…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. 


Toyota Supra
Toyota Supra; DMC-GX7 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F4.0 1/320s ISO-400

ちょっと池袋寄ったとこで、サンシャイン近くのトヨタのショールーム。
スープラは、80年代にアメリカで見たヤツは結構好きでした。
アンダー気味なのは、ショールームとかの背景消しがメインではあり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Macro-Elmarit 1:2.8/45 ASPH. 


Adachi, Tokyo
Adachi, Tokyo; DMC-GX7 Leica DG Macro-Elmarit 45mm/F2.8 ASPH. F4.0 1/250s ISO-800
DxO FilmPack3: Kodak T-Max 400

下町の何ともない道らしいニュートラルさ、というのをテーマにモノクロ。
このくらいの中望遠のスナップとか、もうちょい手数掛けて功夫したいけど、つい広角に頼りがち。
適度にごちゃっとした感じが出るのは結構好きなんだけれど、やっぱ構図探しが手間かかるというか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ai Noct-Nikkor 58mm f/1.2 


Noct Tokyo Modern
Noct Tokyo Modern; D800 Ai Noct-Nikkor 58mm/1:1.2 F2 1/125s ISO-800
DxO FilmPack3: Fuji FP 100C

撮った時は全然意識から抜けてたけど、これはアレだ。
ニコン公式のNoct-Nikkorの作例じゃねぇか(笑)
ただ、ちょい絞っちゃってるんだよねぇ。いっそ開放で撮れば良かったのか。
とはいえこの間合いでも服の胸にピン合わせて帽子にピン届いてない感じもするので、まぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma 35mm F1.4 DG HSM (A 012) 


Ginza X-ing
Ginza X-ing; D800 Sigma 35mm 1:1.4 DG F2.8 1/60s ISO-800

いわゆるマジックアワー。
かなり適当に歩きながら撮ったけど、意外と水平は良かった。
銀座って通りが結構南西寄りなのか、割と光がこの方向で残ってる。
反対方向だと、もうちょい夜景っぽく。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ai Noct-Nikkor 58mm f/1.2 


Garb, Marunouchi
Garb, Marunouchi; D800 Ai Noct-Nikkor 58mm/1:1.2 F1.2 1/60s ISO-800
DxO FilmPack3: Kodak Ektachrome 100 VS (Generic)

スナップぽいけど、実はカメラがっつり構えつつ。
しかし、ピン浅いのでSS少々早めでも顔が消せるのはある意味便利。


World Upside Down
World Upside Down; D800 Ai Noct-Nikkor 58mm/1:1.2 F2 1/90s ISO-200

あやしいオブジェ的なウィンドウ。
こちらは流石にピン浅くしてもしょうがないので、軽く絞って全体を。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 50mm f/1.8G 

D800を、ポートレートに投入。
基本的には「画素多すぎでお肌のアラが出る」けど、子供とかはそういう意味では肌キレイなので良いかも。

Brothers - indoor
Brothers - indoor; D800 AF-S Nikkor 50mm f/1.8G F2 1/125s ISO-1600

お祝い終わって、満足げに七五三のおやつを頬張るくつろぎモードで。
しかし室内はISO-1600まで上げないと、なかなか信頼性が。
そうするとそこそこノイズるが、このSSでも結構こっちのディシプリン意識しないと結構きついよね。



Brothers - outdoor
Brothers - outdoor; D800 AF-S Nikkor 50mm f/1.8G F2.8 1/250s ISO-560

子供ってポーズとってても厳密には「動きモノ」で、なかなか完全にシャープにってのが難しい。
だからって撮影に時間掛ると飽きちゃうから、そこのテンションの持ってき方だよなぁ。
一方で、そうした雰囲気作りに気を遣いながら勢いで撮ると、250でも余裕でブレる辺り、D800やっぱ大変。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma 35mm F1.4 DG HSM (A 012) 


Asakusabashi Bar Style
Asakusabashi Bar Style; D800 Sigma 35mm 1:1.4 DG F1.4 1/60s ISO-400

仕事の帰り道に、夜の開放撮り。
レタッチでちょいアンダー気味に振ってるけど、それでも割と暗所粘ってる気はする。
因みに風邪気味にてアルコールは自重気味な、ここ数日ではあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 

今日は純正の持ち駒エース格にて。

Akiba Resolution
Akiba Resolution; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F4 1/250s ISO-800

平面的な描写で、ひたすら解像度作例、的な。
後処理は彩度強調をメインで。
やっぱり3600万画素のカメラ買ったら、一回はこれやらせてくれ、的な構図。
リンク先等倍で、左右下の商品まで値札シールの価格がきっちり見えるのは、ベタだけど凄いよな。


A-la-mode imitation
A-la-mode imitation; D800 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F2 1/125s ISO-800

まぁ、そういう絵だけでもなんなので、絞り開けて露出上げてスイーツ描写。
お店のディスプレイなので、当然実物ではありません。
よーく見ると、焦点距離より大きいSSだけど、微ブレ気味なので大変。
撮影時の角度もちょっとキツいというかブレやすい感じだったのだけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma 35mm F1.4 DG HSM (A 012) 

 因みにこれの他にGRの修理代が33300円くらいで、大雑把にボーナスを先払い(挨拶。

Seiya in Blue-Cloth
Seiya in Blue-Cloth; D800 Sigma 35mm 1:1.4 DG F2.8 1/90s ISO-400

 ということで、D800早速色々。
 大体フル画素でアップするのは風景くらいで、ある程度以上近接すると大体ホコリとか写りこむケースが多いので、よほどその辺りのディシプリンをきっちり準備したものでないと、なかなか難しいと思う。この駅展示フィギュアなんかも、そうしたホコリ処理とかは結構ざっくりしたもんだから、まぁ縮小。
これでも大体1600万画素相当ではあるが、まぁ2.8と開けてる割に解像は確かにするよな、と。


Akiba Sidestreet Dimension
Akiba Sidestreet Dimension; D800 Sigma 35mm 1:1.4 DG F8 1/125s ISO-800

 f/11までは落としてみたかったが、案外SS落ちるので一段上げたが、まぁパンフォーカスにはなったか。
 ISO-800くらいでフル画素等倍にすると、流石にフルサイズにしてはノイズが多いというか、そりゃD700の等倍鑑賞に比べれば当然ノイズ度は高い。これでピーカンとかだったら低感度で細かいレベルまで試せたのだけれど、それはそれでまぁまた今度かな。


Hamakatsu Cutlet
Hamakatsu Cutlet; D800 Sigma 35mm 1:1.4 DG F5.6 1/45s ISO-800

 例えば35mmの焦点距離でそこまで手振れ限界が厳しいのか、というのを試しつつ、一発撮り45でまぁそこそこ止まった件。GRよりは撮る側がしっかりディシプリンを意識する程度に重い機材なので、止まりやすくはなりますな。とはいえ室内なので、露出はちょいアンダー気味で撮って後で持ち上げてます。レタッチ耐性はまずまず素子なりにある感じ。AWBでのアンバー転びはよく言われるけど、この条件ではそんな言うほどでも。むしろ温度下がり過ぎてた気がするので、ちょい上げたくらい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Macro-Elmarit 1:2.8/45 ASPH. 


Low Shoulder
Low Shoulder; DMC-GX7 Leica DG Macro-Elmarit 45mm/F2.8 ASPH. F4.0 1/30s ISO-800

ちょっと、暫く高解像系ボディで突っ走るモードに。
しかし、買値と売値で10000も差が無いのに、D700はいい仕事したもんである。
#まぁ、バッテリーとかでもうちょい細かい経費は掛ったw
レリーズ回数1150でウチに来たなで肩の新顔君も、負けないように使いこなさんとな。
お金ないからD7000も売ってニコイチすることも考えたけど、流石に予備的にDX持ってないと怖い機材ではあり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AiAF Nikkor 24mm f/2.8D 


Al Jazeera
Al Jazeera; D700 AiAF Nikkor 24mm/1:2.8D F5.6 1/8s ISO-1600

ちょい真ん中にモロ人が入ってしまったので、軽く失敗ではあるけど。
こんくらいのSSしか出ない条件で、でも絞ってピン深くしたいギリギリのディシプリンでした。
まぁ12MPだったら、ここまで落としてもブレは目立たないよな、という感じの。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 街の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ricoh GR Lens f=18.3mm 1:2.8 


Tree Stage
Tree Stage; Ricoh GR GR Lens 18.3mm f/2.8 F2.8 1/125s ISO-800

てなわけで、ぶっ壊してしまったGRの写真使い回し。
何となく時間あったので速攻新宿のサービスセンターに持ち込みも、修理見積りでまず1週間。
光学系だけのとっかえで済んだとして、どれくらいのお値段なのかは結構ガクブルではあり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ある日の風景や景色

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.8G 


Off Shot
Off Shot; D700 AF-S Nikkor 85mm f/1.8G F2.8 1/500s ISO-3200
DxO FilmPack3: Fuji Sensia 100

ちょっとモード設定ミスっててISOが3200に飛び上がってる件。125の800だよなぁ…。
家の用事とかあったり、天気イマイチで外撮りが出来てないので、先週の載せ忘れとか使い回しっす。
この時期は子供は何かと忙しいですな…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: こども写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Tamron SP AF28-75mm F/2.8 (Model A09)  


Yoyogi Park, Tokyo
Yoyogi Park, Tokyo; D700 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di (50mm) F8 1/500s ISO-200
DxO FilmPack3: Kodak Kodachrome 25

最近、割とこういうアンバー被り系のノスタルジック調とかがクセ気味。
まぁ元々ニコン機がアンバーっぽいからかも、であるが。
ニコンと言えば、新機種がそろそろ全貌出て来たけど、シャッターダイアルの「1/3STEP」はちと興趣が…。
個人的には割とSSや絞りは1段単位でやっちゃえ的なスタンスになってるかなぁ。
まぁでも、上はFM3、後ろからはD700、前からはD800的なキメラ感はあるね。
それをハイブリッドと言うべきかってのはあるが。
最後の方まで引っ張ったよく分からん部分とかが影響してくる操作感は、ちょい気になったり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 四季 −秋−

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。