10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

[Fotolog]Canon Lens New FD 135mm 1:2 


Greeting in Green
Greeting in Green; OM-D E-M5 Canon Lens New FD 135mm 1:2 F5.6 2s ISO-200

ちょっと遠いが、スカイツリー撮影スポットとして使い出がいい市川へ。
流石に冬の夜には誰も居ないので、三脚持っていけばラクだったかも。
いや、ModopocketだとFD135mmなんて長タマ支えられないので、レンズ前に色々敷物したり、
置き場所も水平でないのでそれを微調整したりで、なかなか固定が難しく。
何とかE-M5の手振れ補正でそこそこ誤魔化せるかな、くらいの不安定さでした。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 夜景・夕景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM 


一瞬の静寂
一瞬の静寂; D7000 Sigma 150mm 1:2.8 APO Macro EX DG HSM F5.6 1/1250s ISO-800

昨日こっちに転記し忘れた、マクロ撮りなど。
結構間近にある葉っぱが少なかったのはやや惜しかったが。
つか、天気が不安定だったか、意外とアップに出来るヘルシーな葉が少なかった印象。
風が強い中で光にあたるタイミングを選ぶので、結構時間かかりますね~。

以下、続きに2枚。
-- 続きを読む --
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 紅葉

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G X Vario 12-35mm/F2.8 ASPH. / Power O.I.S. 


秋の鐘楼
秋の鐘楼; OM-D E-M5 Lumix G X Vario 12-35mm/F2.8 ASPH. (12mm) F5.6 1/200s ISO-200

てなわけで、お休みを取って新座の平林寺へ。
「京都行かなくてもここで十分ね」なんて会話が聞こえてくるような京都的紅葉スポット。
快晴で結構彩度の高い絵が色々撮れました。
取り敢えず、E-M5で風景的なやつを3枚ほど。
-- 続きを読む --
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 紅葉

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.4G 


Lord of South - Sky
Lord of South - Sky; D7000 AF-S Nikkor 85mm f/1.4G F5.6 1/320s ISO-100

もう一枚、馬写真を引っ張ってみる、的に。
楠公像、バリ順な秋の空に。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 馬の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ジャパンC回顧。 

 2頭の三冠馬、その肉弾戦(挨拶。

Wrestle for the Cup
Wrestle for the Cup; D7000 Sigma 150mm 1:2.8 APO Macro EX DG HSM(+EX DG 1.4x) F5.6 1/1000s ISO-800

 超一流の名馬は、だからといって必ずしも真っ直ぐ走ってくれるとは限らない。
 例を挙げるなら1998年のBCクラシック、*シルバーチャームがインの*コロナドズクエストを競り落として外から襲ってきたSwainを相手とするように左鞭をくれると、肝心のSwainが外ラチまで飛んでいくような大斜行、そして*シルバーチャーム自身も外にヨレるような格好となって、まんまとガラ空きになった馬場のど真ん中をAwesome Againに掬われて2着に敗れたレースなどを思い出す。
 オルフェーヴルもまた、必ずしも「真っ直ぐ綺麗に走る」ことを身上とする馬ではない。
 そして実際にそれで凱旋門を落としたとて、そこを矯正することは彼のあるべき持ち味ではないのか、というようにも思われる。先のエントリでも書いたが、「逆にそれこそが、あの馬の唯我独尊性」であろう。だからこそ、彼が「不利を受けた」とは思わない。あれは間違いなく「オルフェの勝負」の一部だった。思えば凱旋門でも「仕掛けが早かったからああなったのでは」との声はあったが、スミヨンはあの馬の加速のポイントを否定はしていないし、それはきっと正しい。
 結果として、この日の競馬もその部分では「本来のオルフェ」だったのだろう。ただ、多分あと一枚「実が詰まってなかった」恨みはあるし、ある意味池添が「フェアであること」に腐心した結果、何度ぶつかっても内に行きたがる相棒が敵とぶつかり合う中で、右鞭を飛ばして「報復」することを避けた面はあって、結果勝負を落としたにせよ。

 しかしそれにしても、ジェンティルドンナ。
 オルフェーヴルは、ぶつかられてもそう簡単に怯まず、何度もアタリを繰り返していた。ある意味岩田のアクロバティックな騎乗技術に助けられた面はあったが、それだけ体を押圧されても、却って勝負根性を発揮し、岩田の左鞭に応えて集中力を切らさなかった驚異的な守備力。2頭の三冠馬の争いとか、史上初の年間牝馬GI4勝とか、そういう字面の記録以上の「記憶に残る戦闘能力」を見せつけたと言えよう。
 それにしても、インを割ってピッチ走法で駆けるこの牝馬、今後少々活躍馬が出続けても文句なしにディープインパクトの上位に居続ける存在ではあるはずだが、やはり「ディープ的」とは言い難い何かを持っている存在がその地位に立った、というように思われる。
 潜在的な辺りでは、La Troienneを消化した母の血脈は、比較的「ディープ的」以前に「非サンデー的」でもある。ここで思い出す*シルバーチャーム。このBuckpasser系最後の名馬は、やはりBusanda≒StrikingというLa Troienne系のクロスを入れていた。とにかく勝負根性で僅差を制するのが持ち味の馬で、恐らくあのBCもSwainが外ではなく内にヨレてぶつかってきていたら、勝ったであろう。そうした地力を、LyphardクロスとDanzig経由のFair Trialをラップしてディープ配合として正規化した上で、「母の良さ」としてストレートに開花させたような見立てにはなろうか。

 オルフェーヴルの難しさは、恐らくあの馬、別に毎回ヨレる方向がインではないのではと思われる予測不可能性だと思う。で、もし外に先に逃げてたら、案外ジェンティルも*シルバーチャーム同様持ち前の根性が不発となって、後ろからまとめて差すAwesome Againが出ていたのかも知れない。2馬身程度の差が詰められることは、先だって*ソレミアが証明していた訳で。
 とか妄想すると、ルーラーシップがこの勝負から思いのほか遠くはなかった、という感慨はある。多分、展開は向いていたわけではないし、その意味では痛恨の出遅れではあった。結果きっちりとダークシャドウを差して、ある種の芸風的に3着に落ち着く当たりの何とも言われぬ感慨。しかし結局は、前走フェノーメノに先着された辺りでの「この世代相手の分の悪さ」を引きずった、とは言えるのかもしれない。これで有馬でオルフェ・ゴールドのステゴ産駒ワンツーの後塵拝して3着とかなったら、どういう顔していいのやら。
 しかし前走先着したフェノーメノは、先行して味なく5着。脚が遅いというよりは、距離が向かないのかも知れない。似たような競馬でやはり味が無かったトーセンジョーダンは、多分復調途上。ここで優しく乗られたことが今後プラスに転じるかもしれない。一方、上がりという点では全く案外だったエイシンフラッシュは、ビートブラックの後半加速する展開が不得手であった印象。そして先行集団に付けつつ伸びを欠いた*ソレミアは、やはり速い脚がなかったのだろう。去年の凱旋門賞馬とは随分タイプの違う馬ではあった。

 しかし、叩き合いの名勝負として非常に心に残る、盛り上がりの高いレースではあったが、96年阪神大賞典のユタカと田原の様式美的なそれではなく、00年ダービーの河内とユタカの覚悟を決めた決闘というものとも違う、実にストリートファイト的な荒事ではあった。サンデーの「勝負」への力みたいなものは、ステイゴールドとディープインパクトという、サンデー後期の種牡馬世代にあってむしろ純化する的な、この血脈の恐ろしさは、何とも名状しがたい。
 願わくば、この「遭遇戦」が、いつか「決戦」として結ばれる日が来て欲しいものだが、その舞台は、或いは来年の10月まで持ち越すことになるのだろうか?この国ではない場所で。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

レース回顧  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

[Fotolog]AF-S DX Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G VR 


Impression Color - 記憶色
Impression Color - 記憶色; D7000 AF-S DX Nikkor 18-55mm/1:3.5-5.6G VR (18mm) F8 1/200s ISO-400

ちょっと色を付けすぎ感はあるけど、紅葉の彩度は記憶の上では結構高い。
しかし、これだけ明るくすると、ちょっと油絵的な色合いにはなっちゃうかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 季節の風景

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM 


Girl on the Run
Girl on the Run; D7000 Sigma 150mm 1:2.8 APO Macro EX DG HSM(+EX DG 1.4x) F5.6 1/1000s ISO-800

快活に、強気に立ち向かい、喧嘩上手の先達に堂々たるレスリングを演じての勝利。
まずは、その力強さを讃えたい。
回顧とかは、また明日にでも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

[Fotolog]Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM 

 やや内輪的なジャパンカラーに(挨拶。

Interior
Interior; D7000 Sigma 150mm 1:2.8 APO Macro EX DG HSM(+EX DG 1.4x) F4.2 1/320s ISO-800

ジャパンC、一応シルシだけ。
◎フェノーメノ
○ジェンティルドンナ
▲オルフェーヴル
△エイシンフラッシュ
△ルーラーシップ
×マウントアトス
多分、買うのはアタマからの3連複ボックス。
ジェンティルドンナから買うのもありかと思ったけど、やはり古馬との対戦経験は見ておこう。
この両者の秋の充実度は、恐らく今のJCを制するに足りるだろう、と。
本来、海外帰りの馬に関してはある種の駄賃的に買うのだけれど、それでもオルフェを◎にはしないでおきたい。
海外を経験した馬に重くシルシを打つのは、そこで得たものがあると期待できるから、である。
オルフェーヴルは多分、そういう経験で大きくなる馬ではないだろう、と。
逆にそれこそが、あの馬の唯我独尊性である、と思えば。
そして、その中で帰国検疫のリスクを思うと、ここはシルシを落としていい場面でも。
もうちょい言えば、「有馬で戻すために」このレースを出なければいけない、くらい割り切っていいのかなとも。
ステゴ的にも、オルフェ勝つよりもフェノ勝たせた方が広がり的には望ましいかもだし。
あとは、マウントアトスに一票。これは来年欧州で天下盗るかもしれないから。4000とかでw
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: マクロレンズで撮った写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G Vario 100-300mm/F4.0-5.6 / Mega O.I.S. 


Through the Cage
Through the Cage; OM-D E-M5 Lumix G Vario 100-300mm/F4.0-5.6 (300mm) F5.6 1/500s ISO-400

雨の日はちょっと大宮辺りで新幹線をまったりと眺めて。
意外と使い時がないことはないけど、持ち出し頻度が低い辺りが悩み頃な100-300。
撮り鉄的には逆に長すぎる気もするが、思い切り圧縮で背景とかで遊ぶのもありかな、という感じで。

続き以下にE5系二題。
普通に12-35で。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 鉄道写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Macro-Elmarit 1:2.8/45 ASPH.  


Sol
Sol; OM-D E-M5 Leica DG Macro-Elmarit 45mm/F2.8 ASPH. F5.6 1/1250s ISO-200

空を切り取れ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (AT-X Pro 116) 


Through the Tree-Lights
Through the Tree-Lights; D7000 Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (11mm) F11 1/10s ISO-1600

こないだ来たばっかだけど、イルミ始まってるかと思って、取り敢えず。
ツリーのライトアップが変わる時に行けばいい気もするけど、まぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AiAF Nikkor 35mm f/2D 


Against
Against; D7000 AiAF Nikkor 35mm/1:2D F5.6 1/640s ISO-200

何となく、ホワイトバランスを転がしたくなって。
もうちょい短い焦点距離で良かったのかも、な、ストリートスナップ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G X Vario 12-35mm/F2.8 ASPH. / Power O.I.S. 


L'heure Bleu - Rainbow Bridge
L'heure Bleu - Rainbow Bridge; OM-D E-M5 Lumix G X Vario 12-35mm/F2.8 ASPH. (12mm) F4.0 1/60s ISO-320


L'heure Bleu - Aomi
L'heure Bleu - Aomi; OM-D E-M5 Lumix G X Vario 12-35mm/F2.8 ASPH. (12mm) F4.0 1/60s ISO-200

連作的に。
ともに、黄昏時の水上バスより。
ちょっと寒かったけど、いい時間帯に乗れて、景色を愉しめました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Macro-Elmarit 1:2.8/45 ASPH.  


Live View
Live View; OM-D E-M5 Leica DG Macro-Elmarit 45mm/F2.8 ASPH. F8.0 1/40s ISO-200

ランウェイを使っての撮影会。
オーロラビジョンに撮影のアップが出るのが何となく面白い。ライブビュー気分と言うか。
しかし、角度の問題か分からぬが、妙にモアレるビジョンだなぁ。やはりターフビジョン優秀(何)。

ついでに続きを読むな以下にイルミ開始なヴィーナスフォートで2枚。
高感度時ノイズ比較テストではありません!ありません!
-- 続きを読む --
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 子供

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Olympus M.ZUIKO Digital ED 60mm F2.8 MACRO 


秋の憩い
秋の憩い; OM-D E-M5 Olympus M.ZUIKO Digital 60mm 1:2,8 MACRO F4.0 1/13s ISO-800

結果として人物スナップになったので、アートフィルタかけてうp。
余り夜景感がなくなってしまうのは、ちょっと、かも知れぬが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 


浅草往来
浅草往来; OM-D E-M5 Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 F2.8 1/50s ISO-800

日も短くなる中、夜の浅草でスナップ功夫。
本当は60mmマクロでの狭い画角を鍛えたいが、やや安易に80mmも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AiAF Nikkor 35mm f/2D 


North Style
North Style; D7000 AiAF Nikkor 35mm/1:2D F5.6 1/40s ISO-500

今日も、ちょっと前に撮ったものの掘り出しではあり。
APS-Cの換算52mmは割と外食のテーブルでは近いと言えば近いので、ちょい絞って。
これうpった後絞りと食い物の関係とかTLでしてたけど、これくらいの皿の汁モノだと、全体をピンに入れたいかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 食べ物の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Olympus M.ZUIKO Digital ED 60mm F2.8 MACRO 


Yasunari Iwata
Yasunari Iwata; OM-D E-M5 Olympus M.ZUIKO Digital 60mm 1:2,8 MACRO F2.8 1/500s ISO-400

何となく競馬場で動作確認的に持ち出してたE-M5での撮影。
結局雨が言うほどのものでなかったので、余り使わなかったけど。
やはり一眼レフには劣るけど、この60マクロ、案外動いててもシングルポイントのAF速度で捕まえられる範囲はいい感じにシャープに決まる(室内の運動会の時も、まぁ似たような感じ)。まぁ当然コース撮りには短すぎるので本来はデジタルテレコン使う方がいいかもだけど、それでも引いた構図で撮る選択肢もあるし、まぁ鞄に余裕あるときに遊び的に使うのはいいかなとか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 馬の写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Lumix G X Vario 12-35mm/F2.8 ASPH. / Power O.I.S. 


Old Station-side
Old Station-side; OM-D E-M5 Lumix G X Vario 12-35mm/F2.8 ASPH. (18mm) F4.0 1/1250s ISO-200

まぁどってことないスナップだけど、アートフィルタを2枚がけ。
というか、単純にドラマチックトーンの上にリーニュクレールのレイヤ乗せて、微調整。
リーニュだけだと平板なイメージになるのを、ちょっとグラデ付けるような感じにはなるかな、と。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.4G 


Lord of South
Lord of South; D7000 AF-S Nikkor 85mm f/1.4G F4 1/1600s ISO-100

傾く日に向けて、走る。
秋の空と日射しの切り取る、楠公像。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.4G 

TwitterはID持たせる日が来ても、1日1時間しかさせません(挨拶)。

On the wall
On the wall; D7000 AF-S Nikkor 85mm f/1.4G F2.8 1/160s ISO-200

キムラタン・弓人くん特集~★@キッズモデルBLOG ( ファッションショー募集中)

 てな訳で、最近の撮影をまた載せていただきました。
 モデルとかは、コーデ考えるところから、時にオーディション撮影をしたりとか、ショーに出るために遠出したりとか、割と家族一緒に共同作業できるイベントとしては良いのかなぁと思ったり。習い事でも子供の好きなものを楽しませてあげるものもいいけど、そこにちょっと幅出せるかなぁ、とか。
#因みにダンスとかも習い事でやってるけど、得意とは言えないけど体が柔らかくなったのは羨ましいw
 まぁでも、そういうネタを振れるのは、子供が写真撮られるのがそこそこ好きというか得意ってのがあり、まぁそういう場所で初対面の大人と触れるのが嫌いだったらこういうことは出来ないんだろうなぁ、とか。そういう点では、自分の子供時代よりもちょっと外向的なとこがあるのには感謝したいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 子供

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Ai Noct-Nikkor 58mm f/1.2 

プラス、AF-S Nikkor 85mm f/1.4G(挨拶。

Soft Autumn Bloom
Soft Autumn Bloom; D7000 Ai Noct-Nikkor 58mm/1:1.2 F1.2 1/3200s ISO-100

真昼間の開放写真などを掘り出してみる。
やはり、何というか近接ではやたらソフトフォーカス。
単に個体の問題ではあるのかもだけれど、演出としては不思議感出るよなぁ。
丁度AF-S85/1.4Gと一緒だったので、比較版とか撮ってみたり。
ある程度85mmでもハロというかフリンジは掛るんだけど、掛り方が随分違うというか。
あと、色乗りはやはり今のレンズの方が良いか。

Noct 58mm f/1.2 x AF-S 85mm f/1.4 Comparison
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ニコンphoto

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]AF-S Nikkor 85mm f/1.4G 


要塞点描 - Type 600
要塞点描 - Type 600; D7000 AF-S Nikkor 85mm f/1.4G F1.4 1/3200s ISO-100

開放された先の蒲田要塞にて、大口径開放。
600形だと、余り4両編成っぽい感じがしないのは何故。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 鉄道写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (AT-X Pro 116) 


要塞点描 - Liberated
要塞点描 - Liberated; D7000 Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (11mm) F8 1/125s ISO-100

踏切も跡形はなく。
ただ上る高架の要塞だけな、新装蒲田。
反対側から見たら、もっと3階への上りが凄いんだけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 鉄道写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (AT-X Pro 116) 


要塞点描 - Track #2
要塞点描 - Track #2; D7000 Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (11mm) F8 1/250s ISO-100

この切欠きホームを使わない、浦賀行の各停。
電車によってここを使うケースと使わないケースがあるのは、そこそこ乗ってて読みづらいかも。
まぁ多分、下りだったら蒲田止まりが2番線を使う、くらいでいいのかなとは思いつつ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 鉄道写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH.  


Night Solamachi Overview
Night Solamachi Overview; OM-D E-M5 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F1.4 1/15s ISO-400

久しぶりにスノークロス。
しかし、ステップアップ忘れたので、52mmのを手で当てて押えてる始末w
ちょっと指紋付いたかもだから、メンテしないとなぁ。
うまく光が目立ちかつ目立ちすぎない場所を探しながら天望ラウンジ周回してウロウロ、と。
↓なんかは、手近なグラウンドの照明を入れて目立たせてみた。

River Sumida Jewelbox
River Sumida Jewelbox; OM-D E-M5 Leica DG Summilux 1:1.4/25 ASPH. F1.4 1/40s ISO-800
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (AT-X Pro 116) 


Traveling New Tokyo
Traveling New Tokyo; D7000 Tokina SD 11-16 F2.8 (IF) DX II (11mm) F4 1/20s ISO-400

何かあんま最近人を入れるスナップ出してなかった気がするので、ちょい1枚掘ってみる。
余りパースを強調すると、円がゆがむのはバランスの難しさ、かな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Fotolog]Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 


Tree in Milky Way
Tree in Milky Way; OM-D E-M5 Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4 F1.4 1/40s ISO-800

夜のスカイツリーとかに上ってみる。修学旅行生以外は、そう人も多い訳では無く。
でも、修学旅行生とか多いと、独特のテンションというか雰囲気はあるよな。
ハロウィンのステッカーとかを折角だから撮れば良かったけど、この川の流れみたいなのが気に入る。

あと、まぁ一応間近から外観も。一転して12-35でシャープに。
しかし、フォーサーズというのに余り4/3のアス比使うの珍しいな。

Tree with Blue Spear
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 東京写真

ジャンル: 写真

Fotolog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。