FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

赤い伯爵の、馬主時代。 

 新日暮里!(挨拶。

無題~室内1
無題~室内1 posted by (C)有芝まはる殿下。
DMC-G1 Micro-Nikkor-P Auto 1:3.5 f=55mm F3.5 1/50s ISO-400

 さて、過日のオフで「ロイド・ウェバー卿ってわざわざSirじゃなくてLordだから、世襲貴族だったのか一代貴族なのかよく分からなくなるよね~」みたいな話をヨークシャー・オークスのレープロとか見ながら何となく話してた記憶がありますが、勿論ロイド・ウェバー卿は後者な訳で。
 一方で、芸術系の大物で文句なしの貴族、それも相当な名家に入るであろうミラノのヴィスコンティ公爵家に生まれたのが、「ベニスに死す」「ルートヴィヒ」といったゲイ術のピナクルを築いた、イタリアの映画監督、ルキーノ・ヴィスコンティ。このヴィスコンティ伯爵(嫡子ではないので公爵位は得てない)も、実は馬主であり、オーナーブリードまでしていたホースマンでありました。代表馬としては、生産はしてないものの、1932年にシニョール・フェデリコ・テシオから二束三文で買い上げた Sanzio。多分、Sanzio Raffaello から取ったと思われる馬名のこの馬は、どうも気性に問題があってドルメロでは活躍しなかったっぽいのだけれど、オーナーが変わって何か良い作用があったのか、一気に本格化してミラノ大賞・オステンド大賞を制し、年度トップの座は1歳年下のクラシック4冠牝馬 Jacopa Del Sellaio に持って行かれたものの、当時のイタリア古馬最強馬となりました。
 その後も精力的に牝馬を導入したらしいのですが、戦績としてはこれを上回る実績は出せなかったヴィスコンティ伯は、その10年後の1942年に、厩舎を畳みます。奇しくも、その翌年の1943年に、彼は貴族ではなく映画監督として「郵便配達は二度ベルを鳴らす」によって華々しくその名を知られることとなりました。或いは、映画を本腰でやっていく中で、オーナーブリードとの両立を諦めたのかも知れないですし、逆にテシオのような傑物の居る中で、これに取って代わるのを諦めた部分もあったのかも知れません。
 一方で、彼がイタリアの馬産界でもう一歩ステップアップするチャンスは、すぐそこまで来ていたように思われます。彼が1933年に生産した牝馬に、Talma という Papyrus の産駒がいました。偶然ながら、Sanzio の父も Papyrus なのですが、ともあれ、この牝馬は繁殖として成功を収め、1941年生まれの Dalmazia はレジナ・エレナ賞を、1942年生まれの Traghetto は伊ダービーを制したのです。この辺りの繁殖を持ち続けられていたら、或いは生産者としての栄光も近かったのかも知れません。ココ・シャネルによって映画の道に彼が進まなかったら、なんて思いをちょっと味わいつつ、一方で、彼とシャネルの親交にはフランスの繊維王マルセル・ブサックは絡んでたのだろうかなどと、ふと気にしてみる。
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

血統雑談  /  tb: 0  /  cm: 5  /  △top