07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

何となく民主政権を展望してみるTweet(嘘)40本。 

 特に脈絡もなく、たまには子供写真(挨拶。

デジカメ功夫
デジカメ功夫 posted by (C)有芝まはる殿下。

 で、民主党政権になった訳だが、一晩寝かしてTwitter的に今後の雰囲気などを箇条書きでつぶやいてみる試み。実際Twitterに昨日書いたことやブコメに書いたこととも被り気味つつ、どんぞ。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 民主党

ジャンル: 政治・経済

国内雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

花火モードと、露出時間の関係。 

 昨日は、水海道まで花火観戦。一人オフで(挨拶。

空中のパームツリー
空中のパームツリー posted by (C)有芝まはる殿下。

posted by (C)有芝まはる殿下。

 何とか雨にたたられずに良い感じで花火を愉しみ、色々と撮影できた訳で、まぁ充実の一人オフだった訳ですが、今持ってるコンデジの花火撮影における若干の難しさはあるなぁ、などと思ったり。TZ-7は花火モードというシーン設定があり、基本的に今回はほとんどこれで撮ってる訳ですが、このシーン設定だと、露出はMax2秒になります。
 この2秒ってのが結構厄介で、花火のある程度大きなタマとかを想像して頂くと分かると思いますが、花火って軽く3~4秒くらいは開き続けるので、例えば「花火が開くのを見てから半押しのシャッターを押し込み、そのシャッターが切れるまで」くらいのレベルで撮影しても、まだ花火が開き続けてる途中だったりするのですよね。その意味では、撮れるは撮れるのだけれど、その花火の物語のある種ダイジェスト的な絵になってしまいがちというか、この色とこの色が出きってない、みたいな出来映えにはなってしまう。
 一方で、通常の夜景モードもあるのですが、こちらだと8秒。これだと、確かに色の変化含めがっつり撮れるは撮れるんですが、何故にこのカメラが「花火モード」と「夜景モード」を分けてるかというと、前者の場合、絞り気味な設定を加えているんですね。これで、背景が無駄に明るくなったりするのを防ぐ効果がある。要するに、やや光りすぎになるというか、まぁ今回は田舎の花火だったんでこっちでも良かったかもだけど、それでも夜空がヘンにテカったりするし、形によっては花火自体が眩しくなりすぎたり(少なくともスターマインで連発する時は明らかに光が過剰になりげ)と、ちょっとしたデメリットが発生したりもする。この辺りの中間を取った設定……となると、結局マニュアル設定のあるカメラっつーか一眼とかに頼らないとイカンのかな、的な感じではありました。
 しかし、この露出時間の2秒ってどういう根拠なのかなぁ、みたいなことは思ったり。
 上にも書いたように、結構今時の花火4秒くらい上がったりするし、そういう意味で社内でこれの仕様を決める時も色々と議論はあったんじゃないかと思うんだけれど、やはり結論としては「花火が開いてから撮影しても適度に間に合ってしまう」くらいの前提というか、そういうレベルにおいて歩留まりの極大化を図ってるのかな、みたいな辺り。あとは、連発の花火で白トビが発生しない、くらいを考慮している、ということなのかなぁ、などと思いつつ、この辺語れる人がいたらツッコミお願いします、というお話。
 因みに、色々グダグダ書いてる割には、出力には満足しているのだ。
 ただ、田舎の花火大会とかを間近で見ると、絵的に副題的な構図を作りようがないので、出来たもの並べると非常に殺伐に花火だけ捉えてる感がどうしても強くなる罠(笑)。

◆追記。
 後で気付いたが、露出のプラマイでシャッター時間変わる……。いや、それはちょっと直感的に見切れんだろ。マニュアルの注意書きにこそっと書いてあるが、気付かないって。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 花火

ジャンル: 写真

趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

赤電・青電ツーショット@京成 

 本線で何となーく車輌をヲチしてたら、お花茶屋駅にて。

京成 赤電・青電すれ違い お花茶屋駅
京成 赤電・青電すれ違い お花茶屋駅 posted by (C)有芝まはる殿下。

 事前に調べてた訳ではないので、数待ってれば赤電はそのうち来るくらいの心算だったが(実際に朝の段階で金町線運用になってることは把握してたので)、にしてもこんな早くに赤電・青電が並んでるのを見つけられるとは、ってことでかなり焦って撮影(笑)。夜なんでノイズ出まくりな塗り絵モードですが、まぁ。
 にしても、こういう記念塗装みたいなのが複数違うカラーいると、見てる側も愉しめますな。京急でも2種類あったけど、京成はここから3種類目も出てくるので、色々組み合わせも含め捕捉できるといいなぁ~という感じで。特に今回は金町線地元民的には、4両編成は基本千葉線か金町線に入るってことで、ホームに記念列車が入る的なオトク感はあります。
 どっちも、デザイン的に決して洗練されてるとは言えないというか、いかにも下町仕様の京成らしい色合いではあるのですが、それでも塗り替えたばかりのカラーリングだと無駄に新しく見えるのも味わい深いところだし、写真とかで現役時代のものを見るよりもカッコいい雰囲気もあって。

◆青電単体(画像クリックで1024サイズ)。

柴又の青電
柴又の青電 posted by (C)有芝まはる殿下。

◆赤電単体(画像クリックで1024サイズ)。

京成3300形赤電塗装 金町線
京成3300形赤電塗装 金町線 posted by (C)有芝まはる殿下。

◆一応、通常時も(画像クリックで1024サイズ)。
京成3000形 金町線
京成3000形 金町線 posted by (C)有芝まはる殿下。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 鉄道

ジャンル: 趣味・実用

よしなしごと  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ブエナビスタ遠征回避雑感 

 どうも、ブログさぼりがち(挨拶。

早咲きなコスモス
早咲きなコスモス posted by (C)有芝まはる殿下。

ブエナビスタ、凱旋門賞を断念@Netkeiba

 個人的には、この馬はどこかに遠征して欲しい馬ではあるけれど、凱旋門をもって乾坤一擲の勝負ってのもイメージしづらい馬で、その意味では回避自体にそこまで残念感はなかったりする。
 確かに、はじめ男爵のように国内最強馬じゃないと凱旋門賞は出ちゃいかんのか的な議論はあろうけれど、例えばリーチザクラウンが凱旋門に登録して出走することを想定すると、そりゃ勝ち負けしてくれりゃと思うだろうけど、「まぁ、テレビでどっか印象残してくれればいいや」的な、新潟県人が甲子園の1回戦で新潟県代表に対して考える程度の思い入れではあったんではと思う。要するに事前のwktk感としては、そんなもの、ってこと。無論、勝ち負けしそうになったら新潟県人よろしく体中から変な液体出して燃えたぎると思うけど。

 ブエナビスタの凱旋門挑戦ってのも、そういう意味ではwktk感はそこまで違うものではなかったかな、とは思う。むしろ、こういう「真の意味でまだチャンピオンでない馬」が、「自分の身の丈に合った目標」を選ぶ方が、ある種の真剣味を感じると思われただけに、そもそも「凱旋門」ってのが出てくる時点でその程度のコミットメントだったのかな、と。
 思うに、確かに日本の馬は強くなっていて、そこそこの大レースでも勝負になるとは思うが(かりに今現在、海外に遠征できるような*サンデーサイレンス産駒が存在せずとも!)、それでも日本馬が未踏の大レースは数多く、そういうレースを数多くの馬が一つ一つ勝っていく、という姿勢が必要かなという思いはある。そうした積み重ねの向こうに、凱旋門賞という、格的にも、競馬シーズン内の位置的にも、日本馬の経験値的にも(ああいう「馬を騙す」ような仕掛けのあるコースは本朝にはあまり無い)、決して簡単とは言えないレースへの視界が開けてくるのでは、とも。

 ところで、ハナから回避するつもりで負けるレースに出たんでは、的な陰謀論も散見されるし、ああいう形で後付で「負けたら回避」を出されるとそう勘繰りたくなる気持ちも分からんではないけれど、実際、ある程度「出世払い」的な意味合いで成長を見越して夏に臨んだけれど、そこまで成長してくれなかったってことではという柏木集保的な「勘繰り」も、また成立するところではあり、事実はその辺りの色んな所の中間辺りにあるようにも思われる。
 ともあれ、札幌記念を使ってある程度緩めない状態でフランスに向かう、しかもここで洋芝を使い古馬との対戦を済ませておく、という狙い自体は少なからず戦略性の感じられるものではあったので、逆にそういう戦略性と「負けたら回避」というベタさ(しかも後出しジャンケン)がかなり極端なアンビバレンツだったために、ややズッコケ感が大きくなった、という面はあろうか。いずれにせよ、3歳馬で凱旋門を狙うならば、札幌記念を使ってというのはかなり妥当性の高いレース選択だと思われるだけに、今回の一件に懲りずに、今後3歳馬を凱旋門に挑戦させようとする陣営はこのステップを考慮して欲しいな、とは思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

フランスの両次大戦と、「蹂躙される痛み」。 

 夜道でストロボ焚いたら、何か怖い色の目になった(挨拶。

夜の使者
夜の使者 posted by (C)有芝まはる殿下。

フランスから見た第二次世界大戦を、三十年戦争までさかのぼってみる@Drupal.cre.jp

 を、興味深く呼んだという備忘程度に、雑駁なエントリをば。

 で、個人的にここで指摘されてない辺りで考えるのは、そもそも近代以降でフランスの国土がある程度以上激戦の場となったのはWW1まで意外と存在しないというか、百年戦争終結以降、結構フランスって革命とか色々激動があった割には、ドイツほどしょっちゅう戦争で蹂み躙られてるイメージはない、ということ。そもそも、太陽王ルイ14世から両ナポレオンに至るまで、基本的にフランスの戦争は外征軍であった、と思う。革命戦争でもそこまでガチな戦闘はフランス領内で多かったように思われないし、ナポレオンは最後の敗北をライプツィヒ・ワーテルローと、二度とも国外で喫している。その上で、ナポレオンもそうであるが、普仏戦争なんかもスダンの決戦で敗れるとそこから一気に瓦解したように、結構決戦一発でフランスは敗れ去る、というイメージは強い。

 個人的には、確かにシュリーフェン・プランはアホな作戦だったとは思うのだけれど、一方で、フランスのこの「打たれ弱さ」を思うと、ドイツ参謀が「取り敢えず決戦で勝てばサクっと終わる」と考えたくなる気持ちは分かるというか、そもそもドイツという散々大陸に一朝あるとグチャグチャに掻き回された歴史のある国家から見て、フランスのような国内で激戦を経験してない国が今更そんな粘るとは思われない、的な視点はあったのかなぁ、なんてことは思う。
 詰まるところ、それがWW1で成り立たなかったのは、鉄道というそれまでの時代に存在しなかったインフラが存在する一方で、内燃動車というその後の時代に当然のごとく勘定に入るインフラが存在しなかったという非常に偶発的な時期にこの戦争が起こったから、ではあるのだけれど。

 で、話は逸れるけど、WW1がそういう「フランスが散々蹂躙され、ドイツが対して国土的に大怪我しなかった」という、欧州の戦史的には非常に希有な戦争だったことを思うと、これによって受けたフランス人の衝撃ってのも、大革命に匹敵したんではないかな、なんてことを思う。そして、その結果として、「外征の軍」であったフランス軍が、「外征すらも恐れる」ようになってしまった、みたいな面はあったのかな、とは思う。実際、マジノ線なんて引き籠もり戦術に汲々とする大戦間のフランス軍は、栄光のグランダルメと比してある種憐れみに近いものを憶えなくはない。むしろ、第二次大戦時のレジスタンスなんかは、よく頑張ったの部類に入るだろう。
 しかし、第二次大戦のそうした「頑張り」も所詮、フランスという「外征の栄光」に彩られた歴史にとってみれば、「外征でなかった段階で敗北」だったんだろうな、とは思う。その上で、現在はその外向性を、「統一欧州」というコンセプトに乗っかって果たしてみよう、と冷戦以降動く訳だが、所詮「統一欧州」なんてのは神聖ローマ帝国以降1000年にわたり「神の国」を志向してきたドイツ的な文化であり(敗戦後の基本法に置いてすら、彼らは「世界に平和を供する欧州の対等なる一員」という文言を入れることを忘れなかった)、悪く言えば「巨大な田舎」的なフランスの性質には合わなかったことで、国内でも同意を得られなかったのかな、なんてことも。

 一方で、こういうことを書くと、実際、欧州戦線に比べれば規模的に明らかに小規模な太平洋戦争の敗北でこの世の終わりのようなショックを受けた本朝が、人のこと言えた義理ではないなぁ、とは思う。我々も、大坂の役以降国内においては革命内乱以外に大きな戦争での疲弊を避けつつ400年余りの「平和の時代」を謳歌した後に敗北を経験し、ある意味大戦間のフランス程度かそれ以上には、戦争に倦んだ訳である。その上で、幸いにして我々は戦争を経験せずに60年を過ごした訳だが、一方で、戦争がなかったゆえに、コラボラシオン的な思想が定着しきった活力の低下が無いとも思われない。果たして、我々が「智識を世界に求める」ような外向きな向上心を、いかにして涵養すべきであろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 歴史

ジャンル: 学問・文化・芸術

世界史  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

終戦の日は暮れて。 

 戦い済んで、日は暮れて(挨拶。

管制塔の夕景
管制塔の夕景 posted by (C)有芝まはる殿下。

 てな訳で、コミケで秋葉なうとかオフなうといった遣り取りを寂しく眺めるだけの簡単な仕事が終わり、何となく8月15日らしい話を8月16日に書いてみるってことで、ぶくまで拾った辺りから2件。
 まとめた割に、無駄に長ったらしくなったので、続きを見るでどんぞ。
-- 続きを読む --
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 戦争・原爆

ジャンル: 政治・経済

日本史  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

現代文の授業が必要なたった一つの理由 

 テレマクロ功夫(挨拶。

リアドロ人形@実家
リアドロ人形@実家 posted by (C)有芝まはる殿下。

現代文の授業とかなんのためにあるのかわかんね@G.A.W.

 書き手と読み手の円滑なコミュニケーションのため、に尽きるかと。
 例として2つばかり、本エントリを素材に「駄目な例題」をひねり出してみる。

問1)nakamurabashi氏は何のために本を読んだりアニメを見てきたかを説明せよ。
問2)nakamurabashi氏が川端康成作品は万人にとっての課題をまったく含んでいないとする理由を答えよ。

 これの正解は至って簡単で、問1についてはほぼ「自分の楽しみのためだけ」と言えればいいし、問2は「みずからの生を玩弄物として放り出すことに慣れた人の、それゆえになにものにも「真実」触れることはできない人たちのための物語」は「多くの人に共感されうる性質のものではない」と氏が考えてるから、と文脈から導き出される。

 これに対して「正解がない」とするのは、ある意味正しいだろう。或は、この文章の中から漏れているものまで慮ったり、或は他のエントリから類推されるようなものまで考慮に入れないといけないのかも知れない。
 だが、例えば私が「お前は本当に『自分の楽しみのためだけ』に本読んだりアニメ見てたのか?」と疑問に思って、そうでない可能性を色々思い付いてはnakamurabashi氏に提示したとすれば、或は万人にとっての課題でない根拠として、上述した文脈とまったく離れたところを提示されたら、氏はさぞや不快な思いをするのではないだろうか?少なくとも「そう書いてるじゃねぇか」って言いたくはならないだろうか?
 要するに、「正解」を理解しない、もうちょっと言えば「曲解」する読み手は、書き手との間にディスコミュニケーションを引き起こすのである。
 このディスコミュニケーションは、それこそはてブや2ちゃんのような空間、或はもっとリアルな空間におけるリテラル・コミュニケーションでも常に繰り返されては諍いを惹起しており、言わばある種のコストとして世間に流通している。中にはメンヘルのごとく意図的な曲解によって諍いを起こす向きもあろうが、実際にはお互い巧くやりたいのに、スキルの不足の結果起こる諍いもあるかも知れない。こうしたリスクを事前に低減させるための社会的なスキルとして、現代文の授業の成果は機能するのではないかと考える。
 とりわけ、現代のネット時代において、人が「書き手」である機会は明らかに増加しておりそれにつれて「書き手」の側が「曲解されない」ことのメリットも高まっている。むしろ21世紀の方が、我々が坐学していた時代以上に、現代文の価値は高まっているとも言えるだろう。
 一方で、逆に書き手の側からすると、このディスコミュニケーションは必ずしも全面的に負のコストとしての要素な訳でも無く、自らものした文章に対して「読解できない」人を、自分がリソースを投下するコミュニケーション対象の埒外にあるとしてスクリーニングするための材料になる、といった効果もある。こうした、ある種の謎かけ的な「値踏み」ってのは、結構日常のコミュニケーションの中で意識的無意識的に行うものではなかろうか。
 こうしたスクリーニングに引っ掛からないという「読み手」の側を利するための社会的スキルとしても、現代文の授業はその初歩的な手段を提供しているように見える。

 一方、個人的には、上で例示したような小テスト的手法が、そうした「現代文」的スキルの育成手段として正しいのか、みたいなことは確かに思う。
 例えば、読書報告のような自由記述によって、それらの意図は達成できないだろうか。
 本朝では、読書感想文とはなぜか「感想」というように個々人の書籍読後の感慨にスポットを当てて記述することが重視され、本のあらすじをなぞっただけの感想文を書くと、教師に怒られたりする訳だが。しかし、「あらすじをまとめる能力」ってのは、それこそ「読解力」の基本として重視されて良い。それを、ある程度まとまった分量で過不足無く克つ明快に記述するスキル含めて、「読書報告」ってのはそうナメたものではなく、むしろ読後の感慨をダダ流しするよりもよほど知的克つスキルフルな営為であろう。
 そうした辺りで、もっと「現代文の役の立て方」を洗練する必要はあろうが(実際、現行の「現代文」のように小説や論文を用いずとも、基礎的なロジカルシンキング学習と組み合わせることの価値はあろう)、一方で「現代文の授業」が不要かというと、確かに現代文のテストの設問は鬱陶しいかもと認めつつも、首を捻る面はあったりするのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 日本語教育

ジャンル: 学校・教育

国内雑感  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ナイト・ミュージアム2、見たよ。 

 1は未見(挨拶。

旅路のジオラマ、的な。
旅路のジオラマ、的な。 posted by (C)有芝まはる殿下。

 個人的には、子供がもうちょっと年行ってたら、こういう映画を子供に見せつつ、アメリカのカルチャーとか、アメリカ人はアル・カポネとナポレオンをほぼ似たようなものと思うようなアフォなんだよと教え諭したりとかしたいような作品ではあり(笑)。実際に、本朝の子供でも十分愉しめる内容ではあるでしょうが、それ以上にアメリカの子供とかにとっては、教科書や童話・伝記レベルで有名なキャラクターとかがワラワラと出てくるので、そういう図書館好き文系っ子とかには大いに愉しめそうな作品なんだろうなぁ、とか思ったりした。

 一応、ネタバレありで。

-- 続きを読む --
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 映画感想

ジャンル: 映画

映画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

週末の近況。 

 麻智さん撮影(挨拶。

たこルカ、阿佐ヶ谷に浮かぶ!
たこルカ、阿佐ヶ谷に浮かぶ! posted by (C)有芝まはる殿下。

 てな訳で、阿佐ヶ谷の七夕飾りは結構面白いらしい。
 で、自分はと言うとこの日曜は家で引きこもり気味にお留守番。して、掃除したりとかしつつ「青い花」のここんところのアニメと原作の読み合わせなどをしつつ。個人的には、この作品が「けいおん!」のブレイクした次のクールに出てくる、って辺りにある種の意義を感じる。しかも、幾原邦彦にOP映像を作らせる、という気合いの入れようで。
 「けいおん!」という作品は、ある種の「ヌル百合」的な部分の一つのスタンダードを固めた作品、ではあったように思われた。男子禁制的な作品としてはそれこそ「苺ましまろ」から「らき☆すた」に至るまで色々あったように思われたけれども、そういう作品のある種の学園作品の中の到達点的な意味で、良くできてるなぁ、的な。
 そうした中で、「青い花」ってのはそうした「生活的な」趣の百合カラー(エロチカならぬユリチカ、とでも言えばいいのだろうか、あーゆーのは)とは一線を画す、ある意味「気持ち悪い」と呼ばれかねない線での相克な作品な訳で、こういうアンチテーゼ的なものがこのタイミングで出た、ってのも。で、その試みは、幾原のウテナなんかを思うと、決して新しいものではなく、むしろ生活感の中に埋没し掛かったものを再度拾う、みたいなものなんだよなぁ、と。
 あー全く、本当はあのアニメを語るならそれこそ鎌倉の情景とかをgoldhead氏よろしく書きたいところなんだが、下町住民の自分にとって鎌倉は遠すぎるんだよ!みたいなのもあり(笑)。

 あと、今日ではなく昨日の話として、西新井までヱヴァ破のレイトショーなど。ところで、この作品を「ウェヴァンゲリウォン・は」と音読してるのは正しいのでしょうか>エヴァ部各位。どっちかというと「イェヴァンゲリウォン」の方が語感的に良いのだけれど、それに対応するカタカナフォントが存在しない現状ゆえ、致し方なしか。
 で、作品としては自分が語るべきものでも余りないかな、と思いつつ、真希波さんの「エヴァに乗るかどうかなんて、そんなことで悩むやつもいるんだ」という科白を聞いた時に、何となくシンジ君とかが安藤美姫で、この娘が浅田真央か、的なことは考えてみたり。
 ……はサテオキ、何となくこないだ極東おじさんのポニョ話を見つつ「神話、ってなんだろう」みたいなことを考えてた所で、最後にベタに「掴んで、抜き取る」という神話定番なシーンが出て来たのが自分的にはタイムリーというか、赤い人形のコアが出た瞬間に、脳内で「NO-THUNG!! NO-THUNG!!」と、8度下がりのライトモチーフが鮮やかに再生されたり。その上で、庵野氏が作りたいのが果たして神話だったのかどうなのか、みたいなのはあって、その辺りの方向性に対する是非感があの作品の世中での評価に影響してるのかな、なんてことも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

よしなしごと  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ハングル普及話とか。 

 何となく、夏祭りっぽく(挨拶。

ヒルズ スカイアクアリウムIII 3
ヒルズ スカイアクアリウムIII 3 posted by (C)有芝まはる殿下。

 何となーく、ふーんと思って読みつつ、結構ぶこめが盛り上がってるのと、昨日@xev_ra氏や@momdo_氏辺りとついったーで話してたののまとめ的に。

文字をもたないインドネシアの少数民族、ハングルを採用@AFPBB

 個人的には、ややハングルが、余り実際に韓国語という言語に触れる機会が少ないからか、過剰評価気味になってる面はあるかなぁ、って印象はある。
 極めて常識的な話として、例えば我々が「ビビンバ」と読む食い物はハングルで「비빔밥」と書くが、これを我々が単純にハングルをアルファベット的に転記してBIBIMBABをのBを全部バ行で読んでしまいがちな一方で、実際の韓国人はそれぞれの「ㅂ」をある程度単語内の位置に即して読むので、「ピビンパ(プ)」的な発音になる。つまり、「ㅂ」という字母は単一の音と結びつく訳ではない。これは、日本語のガ行が鼻濁音と濁音を兼ねていたり、ンの発音に(方言云々関係なく)3種類か4種類くらいあるのと似ている。
 ともあれ、この例のように、ハングルってのはそうした「言語の構造」と必ずしも疎結合な言語ではなく、国外において適用される場合には一定の注意が必要であろう。ある意味、漢字言語の表音化という部分に対して合理性のリソースを注入したという点で、ハングルは合理的であるが、その合理性はガラパゴス的である、とは言える。

 一方で、広げる側の韓国人の側はその辺りは恐らくある程度意識しているものと思われ、こちらのKoshianX氏のエントリによると、口蓋音や鼻音用のハングルを実際追加している、らしい。ただ、これやると今後コンピュータとかの文字コードの上で結構厄介者っぽくなるよなぁという指摘は氏の指摘通りで、自分もブクマに書いた。ただ、これ結局一国だけで突っ走ると、逆に他の言語の拡張とかとコリジョン起こして逆に韓国がガラパゴス化するリスクもあるんだよなぁってのが、自分の感覚としてはあり。特に、字母だけではなく字母の合成についても、多言語の場合はパターンが増える訳で(例えばKrzynowekとかYastrzemskyのごとくやたら子音の続くポーランド語的な言語に適用した場合など)、ダイアクリティカルマーク的な合成の今のところ利いてないハングルでは結構フォントレンダラが混乱するっていう@momdo_氏の指摘も当たりそうで。

 ただ、ハングル普及っていう戦略的なもので言うと、個人的には無文字文化ってのがそこまで現在にあって多いかってのはあるし、仮に言語構造的にハングルの適用に魅力の多い文化であっても(今回適用された言語ってのは、多分に導入される側がハングルとの発音・文法の相性を評価した上で導入した可能性も高いとは思うが。実際に導入失敗した事例も多いみたいだし)、国家中央とかでの高等教育レベルでアルファベットの取得が義務に近くなるようなケースでは習得コストを余計に掛ける結果となっては、ってのはあるだろう。
 そう考えると、第2代3外国語でハングルの導入とかをもっと熱心に勧める、みたいな方向性の方がスジは良いんではないかなぁ、とも。

◆ところで。
 古代史ヲタ的には、誰も「現代の王仁吉師」というブコメを入れてくれなかったのが残念(苦笑。
 しかし、古代日本列島の住人は文字が導入されて200年以上くらい経っても、相当文字文化の導入に消極的だったように見られ(かなり長いこと、そういう所で文字仕事を渡来人にアウトソースさせていたりするような)、古代の日本文字文化史は牛歩的なものがあるように見える。ちょっと、世界史的に見ても不思議っちゃ不思議なんではないかな、とも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 韓国語

ジャンル: 学問・文化・芸術

海外雑感  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

結構、スターシステムの構図ってそんなものかと、的な。 

 ヒルズ族とかやにわ話題になり出したな、また(挨拶。

ヒルズ スカイアクアリウムIII 11
ヒルズ スカイアクアリウムIII 11 posted by (C)有芝まはる殿下。

子どもが好きなスポーツ選手ベスト10に現れた、ヒーロー不在の現実@ダイヤモンド・オンライン

 まぁ、微妙な話ではあるんだけれど。
 つか、朝青龍と金本と石川遼って、ある意味テレビの露出度がさほど昔と変わってないジャンルのヒーローだよな、ってのはある。ゴルフなんかは結構ツアーは毎週のようにテレビでやってる気がするし、相撲中継もNHKが老人向けコンテンツとして墨守している。地上は野球中継が絶滅危惧種なのは関東ローカルな話題であり、関西では近年の阪神の活躍により視聴率は良好なはずで、その阪神の4番が人気になるのは驚くべきでは無かろう。その上で、例えば朝青龍みたいな「ヒール」が人気している事実は、筆者が後段で述べる「浅田やイチローはメディアが持ち上げてるから人気してる」ってのの反証になっているようにも。

 はサテオキ、まぁ確かに浅田とか10回くらいしか大会とかテレビレベルになるアイスショートか出ないんだから、まぁそう登場回数多くはないんだよなぁと思いつつ、浅田に相当する女子の「ヒーロー」的なスポーツ選手の列に加わる人物ってどんなのがいたっけ、的なことを考えてたら、まぁ直近では高橋尚子だよな、みたいなことを思った。
 では、例えばこの調査がシドニーの翌年に当たる2001年とかだったらどんな感じだろう、などと考えてみる。
 そうすると、恐らくこれ票数的にも、1位中田英寿2位高橋尚子が、そっくり現在の1位イチロー2位浅田真央に取って代わるだけじゃねぇか、と。恐らくローマ優勝コンフェデ準優勝とかあったので、中田英寿の人気は間違いなくこの時期がピークだったろう。大方、現在のイチロー程度に圧倒的な票数になってたに違いない。また、高橋は国民栄誉賞もあったが、それのみならず、やはり「女子的なキャッチーさとスポーツ能力という、一見相容れにくいものを両立させている」という点で現在の浅田に通じるものがあり、小学生レベルの女子であこがれるスポーツ選手としては当時いの一番に上がる存在だったのではないか。

 で、中田を挙げたが、この時期ならばワールドカップも控えており当然ながらサッカー選手の人気は高かったと思うが、恐らく子供レベルとなるとあとは中村俊輔と小野伸二が挙がるくらいか。一方で、野球人気はまだ根強かっただけに、この年大リーグ入りしたイチローと、ノーヒッターを達成した野茂英雄、それに松井秀喜や松坂大輔くらいまでは入りそうではある。ここまでで8人。一方、アマチュア系スポーツではシドニーは比較的不振で、この次のソルトレークも惨敗と言っていい成績だっただけに、どこまで挙がってくるかは微妙だったかも知れない。流石にこの時期に原田雅彦ってのもどうだったんだろう的な部分はあるし、井上康生もなぁ……とか考えると。相撲でも貴乃花はほぼこの時期というと晩年に近く、ましてゴルフに石川のような選手はいない。そうすると、野球から清原辺りまでベストテン入りするという、ちょっとアレな雰囲気のランキングにはなったかも……(笑)。などと考えると、今の方がスターシステムに乗せやすい分かりやすいアスリートは豊富なんではとすら思われ。
 まぁともあれ、色々考えると、海外でプレーする中田と、試合回数の少ないジャンルの高橋がアウトクラスするであろう構図は替わらず、案外小学生レベルのスターの構図なんて、少々年代遡っても対して違いないのでは、的な気分にはなったのである。どっとはらい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: スポーツ全般

ジャンル: スポーツ

スポーツ一般  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

グランヴァニアがダメな、たった一つの理由。 

 どう見ても古炉奈です、本当にありがとうございました(挨拶。
 てな訳で、自宅のネット不調とかあったりして暫く開けてたが、業務再開って所でリハビリエントリ。

グランヴァニア……と見せかけて実は。
グランヴァニア……と見せかけて実は。 posted by (C)有芝まはる殿下。

 てな訳で、ハードウェア的には対して変わっていないグランヴァニア。
 店の丁度とかもほぼそのままに近いし、ただ喫茶店からレストランに模様替えしたという意味では昼休みとかに行きやすくなったには違いなく、まぁ寛ぐ場所としては良いかな、とは思ったのだが。いや、食事は量が少なくて値段が高くなければ自分のゾーンには合うし、メイドのミニスカとか制服とかは確かにコンセプトと合致しないのではないかとは思いつつ別に給仕などは単純に食事する場所として考えれば空気だし(ひでぇ)、まぁ晩にテーブルチャージとか酒が入ると値段が上がるが、まぁそれはそういうものと割り切れるのだが。

 この店の最大の問題点、それは、あのBGMである。

 或いは、RPG的なものを意識してと言うことなのかも知れないし、結構日替わりでBGMとか替わるのかも知れないけれど、あの勇ましいマーチっぽい曲をあの環境で延々流されるのは苦痛だ。
 うーん、この音楽のフィーリングって何なんだろうと暫く考えて気付いたのは、これってアレだ、昭和なパチンコ屋の軍艦マーチ的な音楽じゃねぇか、と。少なくとも、中世と聞いてオタクコンテンツ的に連想するのは志方あきこ的なフォークロア系だし、或いはチェンバロやオルガンなどを入れた教会音楽的なものなのではないか。そういうものならば、あの古炉奈のハードウェアにも親和性は高いと思うし、まぁオタク的にちと鬱と言われればそうかも知れないが、ただアキバの中で差別化するとしたら、少なくともあのパッケージならそういう方向はありだろう。
 ともかく、結構食事をする上でBGMって大事よね、みたいな部分はあり、可及的速やかに気を遣って頂きたい点ではあり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 今日の食事

ジャンル: グルメ

よしなしごと  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top