05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

宝塚記念回顧。 

 時々、7月開催時代だった灼熱の宝塚が無駄に懐かしくなることもあり(挨拶。

実家にて
実家にて posted by (C)有芝まはる殿下。 [LARGE SIZE]

◆ラップ:12.6 - 10.9 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.5 - 11.7 - 12.0

 基本的に、ディープスカイが過剰人気というのは、ファンの側いやデスカの単勝を買ってた人にとってすら、ある程度明らかなレースだったのではないか、という気はした。実際、宝塚がそれほどこの馬にとって条件の良いレースであるとは思われなかったのは確かである。アグネスタキオン産駒は阪神2200は未勝利なんてデータもあったっぽく、またこの馬自身、直線の短いレースの経験自体が少なく(殆ど府中か外回りでの淀・阪神)、ドリームジャーニーに敗れた大阪杯はそうした弱点もあったかに見えた。
 更に、ジャパンCを3歳で連絡みというのは結構呪いの掛かった実績である。
 *ファビラスラフイン、*エルコンドルパサー、ジャングルポケット、ザッツザプレンティ、コスモバルク、ドリームパスポートと、その後にJRAのレースを勝った馬は1頭もいない。いや、エルを入れちゃうとちょっと「統計の詐術」のネタ的になるからアレだけど、実際JC2着を3歳で達成するような実力馬が、中央で勝ててないのである。バルクのSQ国際とかはちょっとイレギュラーとして処理されよう。逆にこれを巧いこと避けて3着したルドルフ、オグリ、スペシャルといった辺りは古馬でも輝かしい結果を残したのだが、さながらGI格7勝のカベと並ぶ「ルドルフの呪い・その2」とでも言うべきか。

 そういう意味では、圧倒的な1番人気へのマークともあいまって(そういう立場でのレースになったのも、G1では初めてであろう)、阪神巧者的な成績のドリームジャーニーやサクラメガワンダーの存在も含めて、レース前の段階である意味タニノウォッカの安田直線的な不利を背負ってのレースと言えば大袈裟ではあったか。いずれにせよ、今回デスカが負けることで「昨年のJCのレベルが問われる」とするのはちょっと早計っぽいかなぁというか、そんな簡単にデスカ勝てる条件じゃありませんぜと柏木回顧を見ながら思ってた次第でもあり。
 ただ、その上で、だからこそ「ここを勝ち切る」ことが出来たならば、ディープスカイという馬を「ただのG1馬、ダービー馬」ではなく、かなりの名馬として扱うことが出来ただろうし、また「強い馬」として認められるにはどうしても「獲りたい」レースではあったように思う。それが為されなかったことに関して、率直に残念な思いはあった。やはりレース前にああいうエントリ書いた俺が悪いのか、みたいな意味でも(苦笑。

 一方で、ドリームジャーニーもある程度の期待をずっと寄せていた馬ではある。
 トロさまに「あたかも今回を初G1と扱うような空気がある」みたいに指摘されてしまったが、自分自身もある程度そういう意識は持っているのは、やはり「晩成馬としての期待」みたいなものが強いから、ってのはある。朝日杯を勝ったからといって、「早熟」で終わって欲しくないなぁという感覚はずっと持ち続けてしまいがちな馬というか。
 その上で、実際「晩成で中長距離」という辺りの汎用性をよく保ち続けていた、というのも事実である。80年代後半~90年代中葉の朝日杯黄金時代ですら、5歳で春天3着するような朝日杯馬なんてのにはお目にかかった記憶が無い(因みに朝日杯馬の長距離と言えば、*エイシンチャンプがこそっと大井記念を勝ったりはしているが)。そういう感じである程度半端に期待に応えてくれてるだけに、春天の3着は素晴らしい実績ながらも「そこまでやれるなら、ここで勝たなければ何処でG1勝てるんだ」的な思いになったのは確か。
 しかし、冷静に考えればこの馬は阪神巧者であり、特にデスカとは逆に内回りの巧者。基本的に大外ズドン的なイメージがどうしても先行するが、きっちりデスカをマークしつつ、コーナリングからの加速は何時になくスムーズで、位置取りにも寸分の無駄がなかったのは、コース相性の大きさを感じる部分ではあった。終い12秒フラットはスローの流れではないにしても決して後ろに有利なラップ取りには見えなかったが、それでも流れに乗って前を大名マーク的に追走したサクラメガワンダーを完封といっていい完勝ぶり。
 ディープスカイも、基本的に上がり時計はメガワン辺りとそう差はないとは言え2番目であり、加速にスムーズさを欠きつつ凡走しなかった辺り、やはり能力は高い。このレース見る限りでは、ドリジャニとこの馬が「力」では一枚上回ってた気がした。さて、果たしてダービー馬は「JCの呪い」を秋に解けるのか。個人的には、凱旋門出なくていい理由をこのレースの敗戦に求められるなら、それはそれで「悪くはない」とも思う面はある。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

レース回顧  /  tb: 0  /  cm: 5  /  △top

ネットの荒れやすさに関しての断片。 

 空見るだけで「暑そう~」な感じになってくる(挨拶。

小岩菖蒲園
小岩菖蒲園 posted by (C)有芝まはる殿下。

 数日前に

人は殴られない距離にいると強気に出る。だからネットは荒れやすい。だから新聞の投書は高圧的。

 みたいながあって、そりゃ違うよね、的な辺りでぶこめを書いたのだけれど、微妙に書き足りない辺りがあって引っ掛かってた所で。
 そもそも、多分色々不快なことがあって、例えば上司に面と向かって説教されたりとかするのは、ある意味自分の収入という非常にクリティカルな物件が関わってくるようなものであるにも拘わらず、それよりも実は「ネットでの罵倒」の方がストレートにココロに刺さる、みたいなケースはあるようには思われる。そういう「受け側」的な心理の方が、ネットにおける「荒れやすさ」に直結するのではないのかな、みたいな思いはあり。その辺りは、前にも書いたけれど、「書き言葉」の非揮発性というか、書かれたものは「残る」ものと認知されるから、ってのが大きいかなみたいに思う。

 一方で、ネットの荒れやすさに関してもうちょっと思うことは、ネットでは「罵倒」が相互に継続することで「揉め事」としてより可視性が強くなる傾向はあるよな、みたいな部分。これは単にネットが全世界公開の場だからってだけではなく、その応答が時間をかけて行われることで、ヤジ馬側から流れが把握しやすく、乱入者に途中参戦されやすい、みたいな性質も惹起するところであろう。つまり、対面での罵倒、すなわち「口喧嘩」においては、ある程度声のデカさと罵倒を重ねて展開できる速筋的な頭の回転が要求され、それに優れた側が(口喧嘩的な意味で)マウントを取ることであっさり勝敗判定がなされる。因みに騎馬民族説の江上波夫氏とかはそういう適性に優れてたか知らんけど、シンポジウムでは無敵だったらしい。
 ……はサテオキ、そういう対面に対して、ネットはというと、罵倒に対してすぐに返答できなかったところでマウントを取られる訳ではない。半日待って返せば十分なレスポンスであるし、一方で真面目に半日考えれば、大概の罵倒における理路に対してある程度の屁理屈はこねくり回せるものではある。そうなると、喧嘩の止め所ってのは相当難しく、これも前にぶくまで書いたが「玉のない将棋を持ち時間なしで指し続ける」的な展開になりやすい。そして、更に上述したような「議論を読んで乱入する」輩が次々現れるともうカオス、ってお話ではあり。
 ただ、そういうネットにおける「反論の容易さ」ってのは、口喧嘩レベルでのスキルに欠けてる人にはある種の福音だし、一方で乱入の容易さってのは、それを巧く活用するならば、ある程度乱入者にバックパシングした上で自分をフェイドアウトさせるような展開に持ち込めば、不毛な議論を途中で打ち切る道具としても利用できるだろう。その意味では、「荒れやすさ」もあるけれど、ツールとしては所詮「使いよう」だよねぇ、というベタで自称中立的な生産性のない結論に。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: インターネット

ジャンル: コンピュータ

よしなしごと  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

亡きタキオンによせて。 

 「ひかり」「こだま」に続く新たな新幹線が出る、という話になった時、オヤジが自信満々に言った。
「光より速い新幹線なら、タキオンに決まっとるわ!」
……てな訳で、300系写真を掘り出してみてうp(挨拶。

新幹線300系 京都駅
新幹線300系 京都駅 posted by (C)有芝まはる殿下。

 社台としては、*エルコンドルパサー、*エンドスウィープ、アドマイヤベガといった辺りに続く、比較的供用年数の浅い種牡馬の死となった。強いて言えば、タキオンの引退は3歳なので、馬としては若死ではあるが種牡馬としては8世代もいれば十分にタマは残せている訳で、その意味ではまだ不幸中の幸いではある。
 しかし、何と言っても、リーディングサイアーである。
 内国産種牡馬としてクモハタ以来という壮大な快挙を成し遂げたこの馬は、惜しまれるに余りあるものではある。また、やはりある程度年を経て世代を跨る形で種付けした世代は、これまでの活躍馬ともまたひと味違ったタイプの馬が出てくるものではあったかともとも考えられ、そういう意味でもこの馬に10代後半から20代前半辺りの種付け世代が現れなかったことに関しては、惜しまれるべきではあろう。或いは、Hyperion 的な地力と Domino 的な爆発力という相反した才能を兼ね備えた*サンデーサイレンスの血脈にあって、生命力という側面では後者の要素をより強く享けた(*ロイヤルスキーは母方に Domino が強い)……などと妄想するのは考え過ぎか。

 それにしても、現在の社台のラインアップを見ると、20歳を越えるのがサッカーボーイにトウカイテイオー、そこに迫るのが*ホワイトマズルと、確かに産駒とてもよく走ったんだけれど、明らかにアンダーレートというか、長距離に実績が偏ったり芝に実績が偏ったり子出しが余り良くなくてちょっと機会を生かし切れなかったりという辺りが細々と生き残った感があるのはどういう風に表現したらよいのだろう、と考え込んでしまう。フジキセキくらい海千山千な種牡馬が20歳に至ったら、こうしたモヤモヤ感は和らいできたりするのだろうか。そこまであと5年、果たして。

 などと、彼の不在を惜しみつつも色々とそうした周辺の方に思いがいきがちなのは、やはり「サンデー系」がどのように今後遇されるかのある種のターニングポイント、みたいな部分を感じるからだろうか。恐らく、今回の訃報によりある種の「アドバンテージ」的なものを得るのは、2頭のディープ、というのがベタな見解にはなるのだろう。エース候補として相当な機会を与えられ、ここで父を同じくする先達の不在を得る3冠馬と、引退後に争うべき強大な父の不在を得る現役牡馬のトップホース。
 その上で、両者のうち明らかにアンダードッグである所のディープスカイが種牡馬入りした暁にせめてジャングルポケット程度に機会を得る程度の成績を持って帰れれば、案外面白いのかも知れない、と思う。社台は余り自牧場の牝馬に自牧場の種牡馬のインブリードは行わないが、牡馬側が3×で、なおかつ繁殖リソースがある程度増加する中で、そうした方向が新たに採用されるかも知れない。無論、失敗作も多くは出ようが(アウトブリードのサンデーはインブリード対象に不利、と俺の中の名古屋弁が囁く)、ある種の時代を切り開くスタートラインにはいるかも知れない。無論、時間が経つと今度はインパクトの方で2×4、なんて方向も出てくるかも知れないから、優しい勝負ではないが。
 ともあれ、ディープインパクト的な後発種牡馬によって Northern Dancer 的な展開をするのか、ディープスカイ的な世代更新によって Mr.Prospector 的な展開をするのか、或いは中間世代が穏当に世代を更新していくのか、その辺りの分岐点に現在は差し掛かっている、と思う。その上で、そうして見えてきた方向性が、Storm Cat と Sadler's Wells と*デインヒルの日本適性の低さによって一時的に停滞した輸入種牡馬勢の再襲来に堪えられるのか、ということも含めて。

 アグネスタキオンの思い出というと、自分の中では度肝を吐かされたのは勿論ラジたんであるが、一方で記憶の中により強く刻み込まれているのは外に振られ気味になってやや苦戦しながら勝利したように見えた皐月賞の方である。ある意味、こうした試練こそが、この馬を切り開くのではないかな、みたいな思いで彼のレースを場外のビジョンで眺めていた記憶が何となく生々しく残っていて。
 結果として、試練はやはり反動をより大きく残すものであったのだろうが、才能だけでなく「全力」が見られたことに関しての充足感は、少なくともこの馬に感じることは出来た。
 そうした思いを反芻しながら、類い希な競走馬にして種牡馬に、別れを告げたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

タグ: 競馬  血統  アグネスタキオン 
国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

「けいおん!」ももう最終回か。 

 けいせい!(挨拶。
#多分これがやりたかっただけ(ぉ

京成3700形 立石アウトカーブ
京成3700形 立石アウトカーブ posted by (C)有芝まはる殿下。 [LARGE SIZE]

 はサテオキ、家でけいおん話をしててつらつらと出てた話題などをログり兼ねて。

 まぁそんなんで、澪の友達居ないネタとかを麻智さんと話してたのだけれど、実際文化祭の回で小学校時代の回想シーンがあるんだけれど、そこでも澪って小学生の癖に一人で弁当食べてるんだよね。小学生でアレは、やはり余程その当時から友達が居なかったのだろうという結論になりつつ。
 ああいうケースの場合、或いはキレたら手が付けられない、みたいな属性が加わってるのかなとは思うのだけれど、実際澪ってキレる場面も(対律以外では)存在しないので、その辺りはちょっとピンと来ない辺りだけれど、律に対してのみ攻撃的で振る舞うことで、ずっと他社への攻撃性を抑えられてきたのかな、とかも妄想する。

 しかし、それ考えると唯って友達居なさそうで居るよなぁと思うのだけれど、あれはあれで馬鹿だと思われつつもそれなりに主人公属性的なカリスマがあって、ほっとけない的な扱いを周りから受けているのだろうか、なんてことも考える。その上で、唯と和の関係ってのは結構完成度高くて、正直軽音部に入ったことであの二人の間ってのはそれ以前に比べてかなり疎遠になったのではないかと想像されるのだけれど、それでも明らかな繋がりってのを結構丁寧に保ってるのは非常に百合的関係として良くできていると見える。何となく、元々仲良しででも主人公は部活に入って……みたいな図式ってのはマリみての祐巳さんと蔦子さんをどうしても思い出すのだけれど、彼女たちの場合は祐巳さんが山百合会に入ったお蔭で疎遠になった辺りで、蔦子さんが新聞部に近づいて距離が離れるのを保とうとしてるような作為が見受けられるのだけれど(無理読みだが自分は何となくそう思ってる。勿論、基本は作者の都合であろうがw)、唯と和はお互いそういう努力をせずともお互いに部活とか文化祭実行委員とかをやりつつあの距離感保ててるのは普通に凄い。

 で、そういうシチュとの対比で澪と律ってえらく共依存に描かれちゃうよな、と。

 個人的には律の場合、孤独ではないけれど孤高、みたいな部分はあるように思われ、ある程度空気も読めるし他の人を引っ張れるような自己主張もあるのだけれど、そういう強さがある種「敬遠される」結果となってるようにも。だから、例えば「お化け屋敷やろう!」と言ったら「はいはいそうだね」とクラスメートはついてくるんだけれど、でも「自分たちがやりたくなる」的な所までは持ってけない恨みがあるんではなかろうか。因みに麻智さん曰く「ああいう落ち着きが無いタイプは、確かにハブりはしないけど付き合いづらい」とか。で、そういう温度差を埋められる相手が、逆に律の場合には澪しかいない、と。
 ただ、澪の側からするとそういう辺りって実は余り見えてこなくて、自分の側が依存してる的な意識が強いからこそ、律が「依存させてやる」的な態度を見せた辺りでカチンと来たのが11話の諍いの経緯なのかなぁ、と。由乃さんと令ちゃんの共依存関係とやや同音異曲気味(実態としては結構異なるとは思う)なのかな。
 ところで、マリみてにおいては途中からかなり作者の語り部的なキャラとしては由乃さんが主流を占めるようになってきてた印象がありましたが、それは恐らく由乃さんが一番性格的に作者に似てるのだろう、という話を麻智さんとしており、実際あの人も友達居なくて数少ない相手とは共依存関係っぽかったのかなとか、そういう所を客体視出来たことでああいう作品を紡げたのかなみたいな会話も家ではしていたりしたのである。
 一方、子供は「てつどう!」な動画のお蔭で、「けいおん!」もかなり気に入ってるのであった。どっとはらい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: けいおん!

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: アニメ  けいおん!  百合 
趣味  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

共和国大統領賞@フランス。 

 TwitterでSeaBirdの人が上げてたディアヌの関連動画にて。



 共和国大統領賞という、何となく奮い気味なレース名にふとココロ惹かれてポチったところ、競馬は競馬でも、速歩競走だった。それもいわゆるイタリアでTroppoと言われたりドイツでTrabと言われる繋駕速歩系ではなく、騎乗速歩。2850mで争われるステイヤー的な展開の多様性がなかなかの妙味ではあり。
 にしても、確かに大レース的な名前ではあるが、賞金240.000€は高い。ドイツのサラブレッドG1くらいあるぞ(笑)。つかドイツのTrabも高いのはそこそこ高いけど(低いのは1500€くらいだが)、この水準は見たことがなかったり。
 恐らくはダートコースというべきコースなんだけれど、馬が走って……じゃなくて歩いてる割には妙に砂の跳ね上がりが少なく見えて、ある程度粘土質っぽいのか、最初アスファルトを走らせてるように見えました。あと内ラチ……は無いがコースの内側を走ってるスクールバス。何故スクールバス?
 まぁレース自体は結構面白くて(あのスピードで結構一瞬のうちに大きな差が付く辺りとか)、フランス競馬らしく実況は終始テンポ高めで、2850mを歩いてる馬相手にひたすら青嶋実況的なノリなのも愉しいが、そもそもこのレース、速歩競馬体系の中でどういうように位置づけられてるのか、速歩馬もハードルとチェイスみたいに片方に強いのは殆ど相互乗り入れしないモノなのか、とにかく基礎から何が何だか恥ずかしながら分かってないので、誰か詳しい人がいたら教えて下さい、的なお話で。

 ところで、勝ち馬の血統っぽいのはデルマのAllbreed見たらこれかな?ってのが、以下の血統。
ROMBALDI C, TROTTER, 2005
 ざざっと見る感じでは、常識的にセックスバランスがよさげだなぁくらいのもので、インブリードはさほど強くなく、割と同種で何代も固められててサラブレッド者からもさほど違和感はない。父系を辿ると、父と母父はともに Voltaire産駒の Kapirat からトロッターに入る父系である一方、祖母父以降は父系に少なからずアメリカのトロッターであるスタンダードブレッドが混じってくる。お馴染み(?)の、Hambletonian 系とかああいうヤツですな。
 もっと深い代になるとアングロノルマンとか混じったりとかするのは置いといて、取り敢えずスタンダードブレッドがトロッターに替わる辺りの基準が良く分からずちと混乱。これも誰か教えてくれるといいなーと思いつつ、さしあたり Wikipedia ではフランス版のみに Trotteur Français が馬種として記事があったので、まずはそれを後で読むというメモがてらにこのエントリを残したのであった。

◆末尾に一枚。
 ただのテレマクロ検証ついでの試し撮りですが、ブツ自体は結構高額(有芝家比)もの。

リアドロ人形
リアドロ人形 posted by (C)有芝まはる殿下。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

欧州競馬  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

デルタブルース引退雑感。 

 ガンダム撮りついででの、お台場からの夕景(挨拶。

夕刻の湾景
夕刻の湾景 posted by (C)有芝まはる殿下。

 で、ちょっと色々取り紛れて、言及が遅れたが。

デルタブルース号が競走馬登録抹消@公式

 確かに、種牡馬になれなかったってのは、聊かショッキングなニュースではある。
 実際、データ的な視点から見ても、デルタブルースは恐らく「事由が繁殖・斃死以外で抹消されたJRA登録馬の獲得賞金レコード」を更新したであろう。早晩ブルーコンコルドに抜かれそうな記録ではあるが。似たレベルだと同期のコスモバルクとかどうするんじゃろ的な思いはあるが、流石に総帥というバックアップがいるだけに、種牡馬入りくらいはさせて貰えようか。
 ただ、個人的にはこの馬に関して◎で当てた菊花賞も、ディープ敗戦の傷を癒すに余りあったメルボルンの勝利も、近年のG1の中で自分内カタルシスとしては上位に入るレースであり、それだけに思い入れという点では比較的思い入れている馬ではあるが、その上で種牡馬入りできなかったことに関しては、ある意味「仕方ないよねぇ」的な思いもある。やはり、2500m以下の重賞で一度も連に絡んだことがないってのは、現代の競走馬として種牡馬入りするには余りにも不利すぎる。ライスシャワーですら日経賞くらいは勝ってる訳で。自分としては、デルタの菊花賞時に2500のパフォで「2400以上なら相当に能力高い」と見立ててただけに、率直にこの馬が「そうしたレベル」の期待に応えられなかったのは残念ではあった。
 JC3着があるんだから、レース選べる立場なら勝てたかもってのはあるんだけれど(そもそもこの馬、G3を走ったことはキャリア中1度もない)、いずれにせよ、実際そういう結果が競馬場で出ているのだから仕方がない。我々は、品評会ではなくゴール板によって競走馬の優劣を決めることによって、サラブレッドを作り上げているのだから。
 その上で、海外で種牡馬入りとして拾ってくれる国が皆無であったとは思われないが、例えばアイルランドでナショナル・ハントの種牡馬をやるような道を選ぶなら、いっそ本朝で何時でも見られるならその方が、ってのはある。出来れば、NHPで引き取りよりは、JRAが一肌脱いで、誘導馬とかに仕立ててくれないモノか、とか。メジロファントムだって、現在の賞金体系で言えばデルタブルース級に稼いで結局種牡馬になれなかったが、そういう道でその後も競馬場の記憶に残り続けられた訳で。でもまぁ、ダンスの仔だから桿性的にかなり厳しいと言えば厳しいか。

 個人的には、引退に当たっての角居師のうちの屋台骨を支えてくれた〝ザ・スミイ〟という馬でしたというコメントがなかなか味わい深かった。確かに、彼の最後の大仕事的なものは、今年の皐月賞でのトライアンフマーチとの併せ馬辺りにあったのかもしれない。比較的併せ馬とかでデルタブルースは色々な馬に胸を貸していたような気がするし、そういう意味では、エースの座をタニノウォッカに譲り、ポップロックに毎度先着されるようになってからも、代表選手23人のうちの「試合に出ない2,3人」的なポジション的な意義はキャリア後半以降も維持し続けられていたのではないかな、と。そういう、見える部分見えない部分での「濃厚な現役生活」が、ラチの内側でも外側でも長く記憶に留まれば良いのかなぁ、なんてことを考えつつ、デルタの名残を惜しむのであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

タグ: 競馬  デルタブルース 
国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

ガンダム撮ってきた。 

 何か話題になってたので、折角だからと(挨拶。

お台場ガンダムご尊顔
お台場ガンダムご尊顔

posted by (C)有芝まはる殿下。

 お台場自体来るの久しぶりだったので、結構新鮮だったかも。
 因みに、アルバムの中にも一つ入れたけれど、潮風公園のガンダム展示してる広場入ったら、みんなカメラや携帯持ってバシャバシャ撮りまくりの大撮影会状態になっててワロタ。ネットにおける広報効果パネェっす。強いて言えば、案外ガイジンが少なかったなというか、まぁ向こうからいきなりネットで情報見ても「ちょ、日本行ってくる」みたいな訳にはいかんもんな。
#お台場自体はガイジン率高かったけど。
#彼らはゆりかもめの車窓からふらっと顔出すガンダム見て、どう思うんだろう?

しかし、ガイジン反応見てると、「日本いっちゃってるよ、あいつら未来に住んでるな」状態なんだけれど、こういう「勝手に未来に行ってる」的なブットビって、ある意味第一次大戦前のオーストリアなんかと似てるのかなぁ、なんてことを時々思ったりする。クリムトとかマーラーとか、明らかに未来に住んでただろ。
 一方で、そうした「いっちゃった」オーストリア自体は第一次大戦で滅んで解体される運命にあることを思うと本朝の運命も如何ばかりか、などと案じてしまう面もあるんだけれど、かの二重帝国が滅びた理由は、多民族国家としての矛盾の噴出であり、そういう点では、本朝は結構早い段階で朝鮮とか台湾を切り離して身軽になれている分、もう暫くこの「いっちゃった」状態を維持しつつ緩々と国際社会においてプレゼンスは落としながら変な所だけは妙に先進的でリスペクトされるという不思議な状況を更に続けるのだろうか、とかセカイ系つか中二病なことを思いつつ、夕陽を背にするガンダムの勇姿を焼き付けていたのであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ

ジャンル: アニメ・コミック

趣味  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

グレード10勝は牝馬最多記録? 

 寝る前に軽く。
 子犬は落ち着かないから、部屋でブレずに撮るのはちょっとキツいぜ(挨拶。

ヨン様、到来。
ヨン様、到来。 posted by (C)有芝まはる殿下。

6月10日(水)「マリーンC(船橋)はメイショウバトラー連覇」他@ラジたん
 てな訳で、久々のバトラーおばちゃ……ゲフゲフン、姐さんの重賞制覇だった訳ですが、これで重賞は10勝目とのこと。区切りの数字ではあるなぁと思いつつ、こんな重賞勝ってる牝馬ってのもそうはいねぇよなぁと思いつつでもホクトベガはいるか、後はどうなんだろうとふと思い浮かんだり。
 ホクトベガは地方中央合わせて重賞13勝で、これは恐らくは牝馬のレコードだと思いますが(昔の記録がこういう時にカベになるケースは間々あるが、そもそも昔は牝馬重賞がそんなにない)、ただホクトベガ時代は地方がグレード化されておらず、少なくとも「グレードレース10勝」ではない。これを入れると公営の名牝で引っ掛かりそうなのが出て来ちゃうし(ぱっとは思い付かん。少なくともロジータはそんなに勝ってない)、それはそれで、と。
 で、軽くファストフレンド、*レマーズガール辺りを眺めてみたんだけれど、どっちも9勝止まり。*ブロードアピールもそんな勝ってない。
 そう考えると、メイショウバトラーはこの年にして、一つ大きなカベを超えたんだなぁと、ある種の感慨を持ったりもした。逆に言えば、*グラッブユアハートという偉大なライバルに間々邪魔されつつ9回も勝てた*レマーズガールも凄いんだけど、バトラーも結構2着とかで何度か最後のカベに当たりつつこの結果残した訳で、取り敢えずは重賞フタケタについて、「G1ではブルーコンコルドのカベを越えられずとも、遂に歴史に名を残せた」的な気持ちはあり、率直に目出度い気分ではある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

タグ: 競馬  ダート  牝馬 
国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

安田記念の、「真実の瞬間」を回顧。 

 今日のレースを見たからこそ、敢えてこの「ユタカ伝説の大駄乗」を貼るぞ。



◆ラップ:12.0-10.6-10.8-11.9-12.1-12.1-11.6-12.4

と、ラップを貼ったがひとまずこれへの言及は置いといて、レースの中で、ユタカにとっての「真実の瞬間」は、1分17秒辺りの一気に外に持ち出す制動ではあったか。上に挙げたジェベルハッタの時には、大名マークで仕掛け所を待っていたら外から一気に後続馬が追い上げてきて出し所を無くすような展開もあったが、殆ど馬を無理矢理に動かそうという場面はなかったが、この時のタニノは結構クビを持ち上げ気味に抗いながらユタカの制動を受けている。結構パトロールで見ると、ずっと詰まった後にここで結構大きく動いているのだが、この辺りのユタカの積極性はジェベルハッタとはある種対照的に映る。
 勿論、ドバイで7st2lb背負ったステップレースとシーズンを締める目標のレースでは意気込みの違いは当然のごとくにあったはずだが、やはり内外に「お前、どうしちゃったんだ」と散々無駄な心配を齎したあの「6頭立てで前が詰まるフトシ」級の大ポカの記憶が、今日のレースで活きたのかな、みたいな思いもあり。

そして、馬の側にとっての「真実の瞬間」は、その7秒後、1分24秒辺り残り150mで訪れたように見える。ここで、外のスーパーホーネットと並びかけて一瞬ぶつかったようにも見える。レース映像を見ると、ここで制動を乱したように見えるのはスーパーホーネットで、まぁ自分より重い馬が自分より速い速度で衝突しそうな手応えで突っ込んできたら普通は負けるよな的な部分はあるが(この場面、スパホの馬体重が550kgくらいあったらどーだったんだろうか、なんてことをちと思う)、一方でタニノの側もノーダメージ的ではなく、全周パトロール見ると、こちらもやや内に弾かれ加減になっている。
 しかし、それに全く物怖じしないばかりか、そこから更に加速を見せたのが凄いというか、でもこの馬元からこういうキャラだっけ?なんてことを思うと、ある種の成長がこの馬の中にもあったように思われる。2歳からあれだけ天才的な馬で実際に天才的な競馬をずっとしてくと、なかなかそうした「成長感」というのが見出しづらい馬は多いだろう(ディープインパクトとか)。ただ、確かに「一回りスケールアップした」的な感覚を、あの映像からは見出すことが出来た気がした。それこそ、ヤネではないが、馬の側もドバイとかでインからなかなか開かない競馬とかを経験する中で得たモノはあったかも知れない。
 まぁもっと単純に、「ああいう『キレる』場面」みたいなのが2度もあったから、普段以上の怒りで末脚を炸裂させたみたいな気分的問題だったのかも知れんが(笑)。

 直線でディープスカイが抜け出してきた時は、むしろこの馬がマイルでこういう競馬を出来ることに驚いたんだけれど、今日のレースはラップの出方的にも、また最後方から飛んできた*ファリダットの伸び具合なんかから考えても、「本来は」いい脚を長く使う馬を選ぶ競馬になっていたように思われ、そういう辺りでデスカの適性に見合っていたのだろう。
 それでも負ける競馬の不条理というか、上がり3Fで自分より遅い馬に差されるなんてのは普通あんまり無くて、まさに「150mの脚」の撫で斬りにやられたというか。こういうレースでノリのカンパニーと同じような場所からデュランダルが飛んでくるような競馬が同時に行われてた時のアトサキは面白そうだよなぁ、なんてことも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

レース回顧  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

何ともな東京優駿を、回顧。 

 目黒記念では流石に調子に乗りすぎたか、前をあっさり躱せると踏んだかのように3角で捕らえに掛かったら、案外前に粘られて直後我慢のミヤビにあっさり楽勝されたのは、ノリちゃんご愛嬌と言うべきか(挨拶。
#いやでも実際、ダービー目黒ダブルって騎手的には結構ハードル高いかも。

スルたん
スルたん posted by (C)有芝まはる殿下。

◆ラップ:12.8-11.0-11.8-12.1-12.2-12.4-13.2-13.8-14.7-13.2-12.9-13.6
 いや、確かに実質スローとは言えども前走でマイル1分32秒台なんてズーパーツァイト経験してしまった馬が、ある程度スピードに乗っかってしまうという展開は見ておいても良かったかも知れない。だからって、このタイムは面白すぎたぞ、ジョーカプチーノ。
 その上で、実質今回のレースにおける単騎逃げ宣言に等しいようなコメント修正の一件がレース直前に発生していたユタカは、案外ああいうこと言う時に限って誰ぞ彼ぞ競られて行ききれないもんだよなぁってことを考えてたのですが(無論、予想である程度言及したところのゴールデンチケットがその候補ではあり)、果たせるかな前が飛ばしすぎてしまったのでラクに2番手追走が実質単騎になってしまったという流れに。
とは言っても、前があれだけ極端ならば、2番手も十分オーバーペース。結局、2歳のラジたんもある程度そういう「やや行ききり過ぎた」感のあったリーチが、最終的には全く同じロジユニヴァースに4馬身差という、柏木集保氏も指摘するところの予定調和が、これだけ異常な馬場の異常なタイムでも実現してしまうという辺りは、競馬の味わい深さというか、ダービーのある種のマジックではあろう。

 それにしても、恐らくはノリもユタカも、自信レベルとしては当然のことであるが皐月賞よりは下だっただろうし、この馬場もまた、その不確定要素を強めていたように思われる。しかし、逆にお互いが「自分の馬が強い」と信じていたら、ともに今日のような乗り方は出来たのかな?みたいなことを考えたりもする。ユタカの体内時計としては、リーチのペースがこの馬場では速すぎるかも知れないってことは分かってただろうけれど、それでも「それ以外の選択肢」は考えられなかっただろうし、ノリが最後カプチーノの前に出た瞬間にギリギリインを衝いて決然とリーチを抜き去ったのも、「何時でも抜け出せる」的な余裕のなさの現れだったかも知れない。
 そういう意味では、ある程度脚を測るようなラジたんのユタカと、ある程度余裕を感じさせたラジたんのノリの競馬とは、着差は同じとはいえコンテンツとしては随分違っていたようにも思われるレースではあり。

 ともあれ、こういう馬場でこれだけ馬場が縦長になると、そう簡単に後ろからの競馬が通用する訳はなく、その意味では16-16-16というポジションから早めに長い脚を使って4着に突っ込んできたナカヤマフェスタは何気に重馬場の鬼ではないかという思いがあり、こういう馬を海外とか連れてったらどうなんだろうな~とか考えたりも。逆に、トライアンフマーチなんかは一瞬の脚が使えない中で前付けしても、良さが活かされなかったって辺り、皐月みたいな嵌り展開を差し引くとこの距離ではスローが求められるのかなみたいなことは考えた。
ところで、ゆた氏が「ロジの勝てるレースってあるのかな」みたいなことを言ってて、競馬場では「うーんそうかも」的に思ってたのだけれど、後になって考えてみれば、有馬でダスカ的な競馬をして後ろを騙し切れれば結構普通に勝てそうな気がしてきた。ノリ自身、そういう競馬出来るタイプだし。その意味では、この馬も「評価を所々で落としつつも、最後に徳俵で打棄る」というグラスワンダー的なライズアンドフォールを演じるタイプかも知れませんぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

レース回顧  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ダービー回顧がまだ出来ず。 

 POG期限がもうすぐなんだけど、まだ決まらんのです(挨拶。
 てな訳で、本日はダービーデイに撮り散らかした写真などを軽くご笑覧してお待ちくだされ。いや、別に待たなくてもいいんだけど。まずは、勝ち馬の入ってる写真で一番マシに撮れたものから。

いざ、決戦の舞台へ。
いざ、決戦の舞台へ。 posted by (C)有芝まはる殿下。

◆その他、ダービーデイ写真。
 写真をクリックしたらフォト蔵の方にリンクするでよ(宣伝。
 撮影場所は男爵な人が確保されていた直線30m地点とか、自力で確保したターフビジョン前のスタンド階段辺りとか。レース本番は、結構前の人とかが手を上げて応援したりするから撮影断念。
And They're Off辛くも届かず
午前中のダート発馬まだ普通に稍重な午前中
晴れの日の先導役雨中の闘い
この頃は誘導馬も長閑であったが……衝撃の2分35秒
マー君@ダービー総理の表彰
マー君も馬場は厳しかったかノリの表情が何とも柔らか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 競馬

ジャンル: スポーツ

国内競馬  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top