11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

殿下執務室2.0 β1

  : 

有芝まはるが綴る、競馬話その他の雑談、そしてYet Another Amateur Photography。

有馬。 

香港国際のヴァーズのメンバーは、当初ほとんどがJCからの折返し組であったが、実際ジョハー・アンジュガブリエル・アナマリー辺りが回避して、ほとんどJC組はいないような状態になってしまった辺りで、今年のジャパンCが負荷の高いレースであったことが窺い知れる。その中で一番「ラクな」レースをしたのは一番ゴーグルの汚れていない馬か一番ああいう馬場が得意な馬のどちらか、ということになるのだろう。前者においてはタップダンスシチーはこの範疇に入るのだが、9馬身と千切ってしまったことでやや負荷の度合いは高いと思われる。
その意味では、JC組で食指が動くのは、ザッツザプレンティとアクティブバイオか。シンボリクリスエスは負荷の高いレースでかなり負荷の高い頑張りを見せてしまった訳だが、今回またも「タップダンスに鈴を付けに行く」という重たい役割を仰せつかってしまったのは懸念される所。イメージとしてはあの98年の秋天におけるメジロブライトに近く、自分が1番人気を倒しに行って最後他の何かにやられる、というのが可能性としては高くなるのではないだろうか。しかも、去年の有馬や今年の金鯱賞を見れば歴然とすることだが、タップダンスシチーはその手の「喧嘩」に関してはやたらと(勝ち負けはともかく)強さを発揮するタイプなのである。
個人的には、クリスエスが着を外す可能性は、タップのそれよりはかなり高いとみる。
で、それに対してサンライズフラッグ的に食い下がるイメージが強いのは、ステイヤーズ組のチャクラ・ファストタテヤマ辺りか。一方で、JC組が100%を出せない状況を考えれば、菊の負け組であるゼンノロブロイやリンカーンも拾えるレベルまでは有馬のレベルが落ちてくることも考えられるが(近いところで、97年のシルクジャスティス)、この両者ならば一杯の競馬をしていないロブロイが優位には違いないだろう。
馬単のアタマという点ではザッツかロブロイを◎にすべきで、連または3連複辺りの軸としては、タップダンスからの流しというのがシュアな選択となりそう。自分は、後者を取ろうかと。思い入れ的には◎ザッツも捨てがたいが、競馬観としてこのローテの馬を中心にするのがまだ自分の中ではゴーサインを出せるものではない故に。
◎タップダンスシチー→
○ザッツザプレンティ▲ゼンノロブロイ
△アクティブバイオ、チャクラ、ファストタテヤマ
3連複5点ボックス。買い目は適当に調整。

スポンサーサイト
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

仕事納めの雑記 

◆マリみてアニメの映像
ここの12月25日の項。何か、祥子さまが微妙に老けてるような・・・。
http://hirobebe.hp.infoseek.co.jp/
ところで、色々検索してるけど、この作品については何かイマイチ萌える同人絵がまだ見つかっていない気がするが、それはやっぱり原作絵が非常に良く出来てるということなのだろうか?実はひびき玲音センセイって、動きのある絵とかはそんなに巧い方では無い気はするのだが・・・。

◆モンキーターン・アニメの映像
モンキースレでダウソしたものを見たのですが(多分今は消えてる)、これの水飛沫の描写が何かいい感じ。特にカメラに向かって飛んでくるような絵とかは迫力ありそうで、この辺はCG時代を実感。

◆マガジンの立ち読みなど
してて思うのだが、この雑誌って「ツバサだけ立ち読む人」「ネギまだけ立ち読む人」「ランブルだけ立ち読む人」「クロ高だけ立ち読む人」「一歩だけ立ち読む人」みたいな層が結構いて、しかもそれらの接点があんまり無いんじゃないか、と。これがサンデーとかだと、結構流れとして「サンデー文化」みたいなのがあって、他の作品とかもズルズル読み進めてしまうような部分はある気がするのですが。

ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

海外競馬ニュース(12月19日号)を読んで 

◆サイマルキャストの売上増が賞金引上げに貢献していない(アメリカ)
アメリカ競馬の場合、ある程度PM方式だったのが、サイマルキャストの存在によってブックメイカー化というか、ブリテン的な問題が発生してる、ということか。
ところで、香港賽馬会は夜中まで場外営業して海外サッカーのトトを開帳してたりするんですが、ああいうのって、サイマルキャスト的な手数料をUEFAなり各国リーグなりに支払ってるんでしょうか?(教えてえらい人)
放送権料だけでやらずぶったくりだとしたら、この競馬主催者は恐ろしいやっちゃな、なんてことを香港で思いましたが。

◆ドバイが外国人調教師を誘致(アラブ首長国連邦)
これ自体は前に別の場所でも(多分ブック)見た記憶があるんでそう目新しくはない話ですが、この話を見て真っ先に思い出したのは
「房朗氏の調教師募集」
だったことを記しておこう。

◆遺伝子の解析で競走馬生産に大変革(アメリカ)
「この技術は、競走馬が有しているある種の特性は特定のファミリーに受け継がれているという考えに基づいています」なんてくだりだけ見てると、「ファミナン理論か?」と色めき立ちますが、別に必ずしも牝系だけに拘ってる訳でもなかろうと思われ。
ただ、実際に遺伝子解析ベースで改善されるのは、「競走能力の改善」よりは「故障や体調悪化を引き起こすような遺伝因子の除去」の方が先行するんだろうなぁと思い、この会社のアプローチってのはちょっとロマンチックなきらいがあるんではなかろうか、なんてことも。

◆ケンタッキー・ダービー歴代優勝馬の彫像を展示(アメリカ)
香港にあったファイバーグラス製の馬の彫像、麻智さんに見せたら「キモいよ」という正直なコメントが返ってきますた(笑)。いや、馬そのものじゃなくて塗りがシュールなんですよね。
しかし、200頭もいたら、スタンプラリー的に全制覇するのはちょっと無理だろうなぁ。香港のも、全制覇しようと思ったら、相当あっちこっち全港を八達通片手に走り回らんといかんな、と思いましたが。
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Seabiscuitと野元賢一コラム 

Seabiscuitって、確かに良血ではないのですけれども、面白いのは、これサンデーサイレンス辺りとも共通するんですが、生まれた牧場自体はホイートリー・ステーブルという、Bold Rulerなどを所有し、シンジケートしてたことあるような、まぁ文句なしのトップ級なブリーダーのところなんですよね(因みに、Bold Rulerのシンジケートを共有してたのが、サンデーを産んだクレイボーンであります)。大牧場って、恐らく日本における社台なんかもそういうとこあると思うのですが、案外安馬も作ってない訳ではないのですよね。
そういう意味では、Seabiscuitの血統背景って、

「追分ファームで生まれたサマーサスピション産駒」

くらいのイメージで捉えれば良いのだろう、と。
サンデーがこの場合、Man o'Warに仮託される訳ですな(種牡馬としての質は全然違うけど、競走馬+種牡馬としての存在感では、大体総量として一致するレベルになりそう(^^;)。

しかし、ノモケン氏の
>書籍を見て感じたのは、米国競馬の「変わらなさ」である。

なんて辺りを読んでて思ったのですけど、実はアメリカの場合、
「変わるのが遅れた」
ことによって色々スポーツ界で取り残されたとかの弊害があって、そういう部分をここ最近になって必死に埋め始めてるような部分ってのがあると思われるんですよね。そういう意味ではアメリカ競馬というのは現状だけ見ると大きく変わってない部分も多いでしょうけれど、むしろ「Subject to Change」の途上にあるの要素の方が大きいのかなぁ、なんてことも考えたりします。
そういう点では、「主に良い意味で変わらない米国、悪い意味で現実に目を背けている日本」みたいなのがこのコラムの結びに言いたいことならば、それはちょっと微妙だったかも知れません。

<余談>
あと、恰もパチンコ業界は堅調なような書き方がされてますが、パチンコ業界も多分、1995年辺りをピークに落ちてるんだよな。中小ホールの退店が多い一方で寡占化が進展するなんてのも、中央と地方の関係に似た部分があるし(5年でホール10%減ってるなんて数字をぐぐりましたが、それって競馬場が3つくらい無くなってるのと同程度のインパクトはあろうかと)。
かの業界と公営競技の違いって、前者がある意味利権を片手に法の輪を掻い潜り続けることで成立してるのに対し、後者は逃げようが無い法律の前に雁字搦めになった状態で運用されてるという、成り立ちの違いが大きいので、弱いからといってどうしようも無いんだよな。それをああいう形で強調するのは、ちょっと競馬に対してフェアじゃないかと。
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

週末の雑記 

◆コンコルド墜落事件の真相@ディスカバリー(大石英司 日記帳)
何か、積荷の件は、単にファーストだから荷物の多い人が結構いたとかいう話でもあるのかな、という部分もありますが、しかしCDGの労働事情ってそんなもんかと、微妙に (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。
ただ、ちょっと面白そうな番組なので、ディスカバリーは年末年始、ちょっと気にしておこうかなと。関係ないけど、今の家はヒストリーチャンネルが見られないのが痛恨だったり。

◆暴君ハバネロ
食ってみた。辛いという評価とそうでもないよ的評価が相半ばしてますが、個人的にはやっぱりあの後味の辛さは結構あったようで、どうも水を飲まないとかなりツラいところがあったです。取り敢えず半分食って休憩。
ところで、辛いスナック菓子と言えば、辛ラミョンでおなじみの農心が香港でこんなのを出してますた。スナック界のトンチャモンの称号を贈る。

◆そんなことを書いてたら
下の方で、「小林センセには猫マンガを描いてもよさそう」などと言ってたら、実際あの人、動物描くのが好きなのですね。マガスペのアレもそういう流れだったのか。次が動物マンガならば、ランブル終わった後もそれなりに楽しめるものを作ってくれるかな。


ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

スクールランブル3巻 

読んだ。
麻智さんと言ってたのは
「♭での伊織の描写が巧い」
という話。この人、普通に猫漫画とか書かせてもいいもの作りそう。
基本的に麻智さんや俺のような同人に片足突っ込んでるような人間の場合、どうもサイドストーリーに萌えてしまいがちな傾向はあると思うけど、ランブルの同時進行的な外伝ってのはそういうニーズを掴んでる部分もあるのかなと。
単行本を通して読んで思ったのは、「30話と31話が、一連のイベントの中で若干浮いてる」ということ。その前の週が休載であることも含め、播磨放浪編の伏線回収について、かなり落とし所にアタマ使ってたんじゃないのかなぁと邪推しました。

今日のお買い物は、加藤栄氏の○外種牡馬辞典「世界の種牡馬」と、ジョージ吉沢氏が対談してる「最強の血統学」。後者は微妙にハズレくさいが、何となく読んでみる。
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

海外競馬ニュース(旧聞)へのツッコミ 

とりあえず、アンテナに登録した記念で、12月5日の記事から。

◆BC勝馬をワールド・チャンピオンとは呼べない(アメリカ)
なかなか良い記事ですね。中でも、このくだりが秀逸。
事実は、唯一の決定的な世界チャンピオンシップ競走を開催するには、世界はあまりにも大きすぎるということである。このことは競馬界にとってもいいことでもある。勝馬を的中させるにも技術が必要であるし、また優れた馬を生産するために種牡馬と交配する繁殖牝馬を選ぶ際にも熟練が必要である。

世界の垣根は、程々にあるくらいが面白いのかもね。
ただ、個人的にはPleasantly Perfectはもうちょっと強くなる余地のある馬なんじゃないかな、なんてことを考えてて、今年の低評価を覆すような走りを来年に期待したいところです(引退、しないよね?)。

◆シュワルツネッガー氏の勝利、競馬にとっては好機(アメリカ)
そういえば、マグナのストロナック氏は、FKオーストリアを買収して、この没落した古豪を4年でリーグ優勝できるチームに仕立てたなどという実績がありますね。一方で、シュワは、オシムの前任地として知られるシュトゥルム・グラーツのシュタディオンにその名前を残していますね。
この手のコネが、産業においてはいい面の影響をもたらせばいいですな。

◆ブリーダーズ・カップ:着順判定の遅れにより売上減少(アメリカ)
別に前売りがされていない、という訳ではないのでしょうけど、確かに同着があるとちょっと次の馬券に集中できない人は多いでしょうね。あと、TVの放送枠の中に収めるためには、発走時間の順延も難しいでしょうから、この辺も難しいところ。
ところで、先日香港で面白かったのは、最終レースでゲートの前扉を壊して突進した馬がいたのですが(なかなか綺麗な壊しっぷりだった)、その後に外枠発走じゃなくて、ゲート壊した馬から外を1つずつズレさせるんですよね。で、その間も馬券を売るもんだから、どんどん売上が上がっていった。最終的に5%くらいはそれで売上伸ばしたんじゃないかな。
丁度、上記ニュースとは逆の例ですね。

◆深刻化する騎手に対する嫌がらせ(フランス)
悪い意味でのフーリガニズムと捉えるべきか、こういう客が騎手を育てるというセルジオ越後史観で捉えるべきか、なかなか微妙なニュースですが、もう少し日本の騎手にも暖かい声援を送りやすい環境が欲しいなぁ、なんてことは思うわけで、まぁフランスの客の方がそういう点では日本人より恵まれてるんだろうなと。

◆JRAと日本軽種馬協会が「世界の牝馬系統図」を完成(日本)
関係各位様、お疲れ様でしたm(_ _)m
26日の到着を楽しみにお待ち申し上げます。
インターネットで利用可能というのは余りオススメ出来ないですが、CD-R化して、なおかつアップデートを年に1回くらい出来るようなものにしたら、それなりに使い勝手が良さそうですね。
DBから指定した牝馬を選択して、そっから先がファミリー・テーブル的なフォーマットでPDF出力されたりしてくれたら、結構素敵やん、などと思います。


ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

チャンピオンズ・リーグ歴代ファイナル監督対決 

掲示板で、A.F.師のレスにあった、
「CLを別のクラブで制した唯一の監督はヒッツフェルト?」
という話から、ちょっと歴代ファイナルの結果を調べてみますた。

    (゚∀゚)    ×   (´・ω・`)
MIL アンチェロッティ ×      リッピ JUV
RSM デル・ボスケ   ×   トップメラー LEV
FCB ヒッツフェルト  ×     クーペル VLC
RSM デル・ボスケ   ×     クーペル VLC
MAN ファーガソン   ×  ヒッツフェルト FCB
RSM ハインケス    ×      リッピ JUV
BVB ヒッツフェルト  ×      リッピ JUV
JUV リッピ      ×  ファン・ハール AJA
AJA ファン・ハール  ×     カペッロ MIL
MIL カペッロ     ×     クライフ BCN
OLM グータルス    ×     カペッロ MIL
BCN クライフ     ×     ボスコフ SMP
CZB ペトロヴィッチ  ×    グータルス OLM
MIL サッキ      ×   エリクション BEN
MIL サッキ      ×   ヨルダネスク STB
PSV ヒディンク    ×       トニ BEN
POR ジョルジ     ×     ラテック FCB
STB イェネイ     ×   ヴェナブルズ BCN
JUV トラパットーニ  ×    フェーガン LIV
LIV フェーガン    ×   リードホルム ROM
HSV ハッペル     ×  トラパットーニ JUV
AST バートン     ×    ツェルナイ FCB
LIV ペーズリー    ×     ボスコフ RSM
FOR クラッフ     ×     ゼベッチ HSV
FOR クラッフ     ×     ホートン MLM
LIV ペーズリー    ×     ハッペル BRU
LIV ペーズリー    ×     ラテック BMG
FCB クラマー     ×     エルバン STE
FCB クラマー     × アームフィールド LEE
FCB ラテック     ×     ロレンソ ATM
AJA コヴァチ     ×   ヴィツパレク JUV
AJA コヴァチ     × インヴェルニッチ INT
AJA ミケルス     ×    プスカシュ PAO
FEY ハッペル     ×    シュタイン CEL
MIL ロッコ      ×     ミケルス AJA
MAN バスビー     ×     グロリア BEN
CEL シュタイン    ×     エレーラ INT
RSM ムニョス     ×     ゲギッチ PTZ
INT エレーラ     ×   シュヴァルツ BEN
INT エレーラ     ×     ムニョス RSM
MIL ロッコ      ×      リエラ BEN
BEN グットマン    ×     ムニョス RSM
BEN グットマン    ×    オリサオラ BCN
RSM ムニョス     ×    オズワルド FRA
RSM カルニリア    ×     バトゥー STR
RSM カルニリア    ×     ヴィアニ MIL
RSM ビラロンガ    × ベルナルディーニ FIO
RSM ビラロンガ    ×     バトゥー STR


気づいたところとしては、

  • 最多優勝は2回。3度勝った監督はいない。やはりクビの危うい仕事だから仕方ないのか・・・。
  • 2つ以上のクラブで優勝したのハッペルとヒッツフェルトの2人。
  • 2つ以上のクラブでファイナル出たのは、上記2人のほか、ボスコフ(サンプ・サンマリノ)とラテック(バイエルン、ボルシアMG)のみ。トラパットーニとかカペッロとか、いかにも達成してそうな人が達成してないんだな。
  • 3つのクラブでファイナル出たのはハッペルのみ。しかもファイエ・ブルッゲ・HSVと準一流クラブでやってるのが凄い。ある意味史上最強。
  • 逆に言えば、CLで勝ち負けするビッグクラブの仕事なんてそんなに開くもんじゃないから、なかなか複数クラブで決勝ってのも難しいのか。
  • ワールドカップとビッグイヤーのダブル達成した監督は多分いない。よく言われることなんだろうけど、クラブと代表ってのは両方やれるのは難しいのかも・・・
  • やはり日本で指揮を取った監督で史上最高はクラマーだと思う。

ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今日も続く雑記 

もうそろそろ、旅行の準備しないといけないんだな。
とりあえず、デルマで出走馬の5代血統表は全部印刷しよう(違)
枠順のドローは出てましたね。

◆メイドコス
すげー神絵があったので、リンクしておこう。
ttp://cat.oekakist.com/schrun/dat/IMG_000027.jpg
あのコスは晶がコーディネートしてた訳ですが、本人が満更ではない辺り、やはりこやつは気立ての良い女というのに潜在的に憧れがある、という感じなのでしょうかね。本当はもうちょっと「私ほどの階級(←『クラス』と読め)の女が料理などすることはない」的なノブレスオブリッジがあるくらいがキャラ的にはツボになるのだけど、まぁここ最近のやたらおもろい展開を支えた立役者なので許す(何)。
#しかし、「いで」のベリ子といい沢近と言い、古くは「うる星やつら」の
#面堂といい、何故学園モノではその学校にありえねーような金持ちが往々
#にして在籍しているのだろう、という疑問は常にあり(笑)
##余談ですが、私立リリアン女学園においては、丁度沢近レベルが祐巳級
##として扱われるということであろうか、などとも考えたりする。

◆百合
で、八雲はドレスで現れたのだが、あれをコーディネートしたのは、俺の脳内設定では晶じゃなくてサラ。
ビバ、百合カプ(病気)。
しかし、サラはどうしても「八雲の一番の友人」というキャラギミック的に積極的な性格になる訳ですが、よくよく考えたら、最初出てきた時は「外国から来て友達がいない」というギミックだったのは多分小林センセイも忘れてる(笑)。

◆久しぶりにからくりスレ
ポエマー化したエレの心境について、鬼束ちひろの「私とワルツを」を思い出した、というのはなるほどなぁとか思いましたが、個人的にはサーカス最終章がたけなわの頃に浜崎の「Voyage」をViewsicで観て
「まんま、からくりサーカスのパクリやん」
と思った時のインパクトには負ける。
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今日は本当にノンジャンルな雑記 

◆昨日の買い物=エマ・ヴィクトリアンガイド
ネットで結構出来がよいと評判になっていたようなので購入。
秋葉原では売り切れだったが、錦糸町で発見。
ついでに本編の方も斜めに立ち読み(今まで読んだことなかったんで)。
実質的に、Maid of Allworksって日本でいう所の「おさんどん」だよなぁ、とか思いながら読み進めつつ、さらっと。まぁ、雰囲気を味わうには良いのではないかと。
個人的には、競馬の話とかが載ってれば萌えるんだけどなぁ。
せっかく、主人公の友人にアリ・カーン公子(違)がいるのに。

◆CLグルッペE~H最終節
どっちか抜けて欲しかったイットリンゲン×ブルッゲは壮絶に共倒れ。
しかし、勝ったブルッゲがUEFA進出かぁ。これはいい所まで進んで欲しいですな。しかし、今季のヨーロッパではオランダ勢分が悪過ぎ。
気が付いたら、スパルタが抜けてた。
リーグ戦でも強かったベジク、普通に抜けると思ったが、意外。

◆ワールドユースR16
このアイリッシュ魂発動見ると、やっぱり2位抜けでこのチームと当たりたかったかな、みたいなことをちょっとだけ思う。

◆Dark Ronaldの写真
ドイツで輸出されて当地で大いなる成功を遂げ、2次の大戦後もビルクハーンを経てドイツに土着父系を残す一方、イギリスに残したサンインローはステイヤー種牡馬として底力満点な血脈として現代まで影響を残し、アメリカに流れたエルバジェの系統も健闘した、偉大な種牡馬。
その知られざる映像。
http://users.ticnet.com/idyll/b3ta/darkronald.jpg
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今週末ゲットしたもの、これからゲットするもの 

◆ゲトしたもの
スコットランドのラグビージャージ
結構ホームウェアとしては着心地がよく暖かい。カンタベリーマンセー。
しかし、Famous Grouseというスポンサー、多分スコッチとかリキュールの類だと思うが、日本に喩えれば「銘酒 菊正宗」みたいな感じか。関係ないけど、日本のサカーのスポンサーって日本語が多いけど、縦書きはないね。アヤックスみたいに縦書き系ジャージを作ればかっこいい・・・・かも?

◆これからゲトするもの
「家族の食卓」4巻
海外向けサイトから申し込んでしまったら、サラ血様から丁寧に返事が来てますた。住所の番地入れ忘れてやんの >俺
さて、問題は家の何処におくか、か。

◆代表
ジーコジャパンの悪い所が色んな意味で出てしまった(「不運」ってのも含めて(^^;)試合でしたが、なんかでも、却って追い込まれたことで韓国に対する勝ち目は出てきたんじゃないかと思う。向こうはデフォルトでやる気十分だけど、こっちはそれなりに追い込まれてないとという部分はあろうかと思われるので。
ただ、それで守り倒されちゃったら相当鬱になるなぁ。

◆これ
ワロタ。
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/ー/g,'━━━(゚∀゚)━━━');focus();
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

人はことほぎ、人はのろう。そして人はくずおれる。 

兄という漢字は、象形では「跪く」という意味もあるらしい。
要するにあれか。

 □
| |_

 ↓
○| ̄|_

で、

ネ ○| ̄|_ オメデトー

口 ○| ̄|_ ノロマース

ということか。
実際のところ、呪いの場合は「咒」という書き方もあって、これだと何か、祭壇を象形化しているような風味で、これはこれで「呪い」らしいとも言えるのですが。
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

予想レートおさらい 

ジャパンC(RR:116.25, CR:119.0=G1)
125 127 タップダンスシチー(125)
114 114 ザッツザプレンティ(114)
113 113 シンボリクリスエス(120)
113 112 ネオユニヴァース(117)
111 110 アクティブバイオ

ていうか、基本的にザッツ基準は動かしようが無い以上、ここで強気レート入れておかないとあとで修正が利かないので、もうちょっと高めに踏んでくるのかなぁとか予想してたのですが、普通に重馬場で安目の風味。まぁ実際、ザッツ+11ならそんなもんかとも言えますが、逆にザッツが沈没してたら基準馬クリかネオな訳で、その場合アクティブバイオのレートとかどう解釈したのだろう。

JCダート(RR:113.5, CR:114.25=G2)
118 117 Fleetstreet Dancer(118)
117 117 アドマイヤドン(117)
110 109 ハギノハイグレイド(110)
109 108 スターキングマンボ(112)
105 104 ディーエスサンダー

アドマイヤドンが普通にほかの日本馬を千切り、先着したのが外国馬だけだったので、レートとしては分かりやすく、特にコメントもないですが、CR115切りは非常に残念。あと3ポンドをどう稼ぐかですが、スターキングが大賞典をある程度千切る、くらいしか無いのかな。ビワシンセイキ辺りが春の調子で3着くらいに潜り込んでれば話はラクでしたが・・・。

京阪杯(RR:102.75, CR:107.0=G3)
107 106 チアズブライトリー(107)
102 99 ダンツジャッジ(102)
101 98 タイムトゥチェンジ(101)
101 97 テンザンセイザ(114)

恐らくダンツジャッジを基準にしたくて、だからと言ってブライトリーにこれ以上やれんというところで、重馬場の大差を安めに見た風味ですな。ただそれだったら、別にこのレースのダンツジャッジがベストパフォには見えないのだから、2着以下を普通に下げればいいのにとも思われ。

全日本サラブレッドC(RR:99.0, CR:108.0=G3)
105 106 レジェンドハンター(105)
107 109 スターリングローズ(109)
93 96 ビワシンセイキ(116)
91 94 ツルマルザムライ(102)

こっちは基準馬、普通にスターリングローズでいいと思ったら、なんか分からんけど低い評価になっていて、レジェンドハンターから見ればやや辛いレートになりますね。もっとも着差で自分の予想レートより1ポンド強く判断されてるので、結果として105ならばこんなもんかなとも思いますが。

マイルCS(RR:116.0, CR:116.0=G1)
120 118 デュランダル(120)
114 113 ファインモーション(f)(114)
115 115 ギャラントアロー(115)
115 115 バランスオブゲーム(115)
109 108 ロサード

バラゲを毎日王冠でやたら高レートつけた成果で、全体的なレートが上がったようにも思われますが、要するにスワンも毎日王冠もレベル的にはそう変わらなかった訳で、若干強気レートの勢いに流されたっぽい数字になってますね。ロサードに109ついてる辺りが、ちょっと不自然なので、個人的にはそのまま1下げくらいで丁度いいように思われ(それでもCR115なんだし)。

浦和記念(RR:101.75, CR:102.5=L)
102 103 プリエミネンス(f)(102)
105 106 ストロングブラッド(105)
101 101 ブラウンシャトレー(104)
99 98 マキバスナイパー(99)

レート大将プリエミに敬意を表して、基準馬の持ちレートより敢えて1ポンド高めに設定してみましたが、普通に持ちレート通りに片付きましたな。マキバスナイパー、大賞典辺りで激走しないかと期待してはいますが、今のままだと若干G2としては寂しいレートではあり。

エリザベス女王杯(RR:111.75, CR:111.75=G2f)
113 112 アドマイヤグルーヴ(113)
113 112 スティルインラブ(113)
111 110 Tigertail(111)
110 109 レディパステル(110)

この手のハナ差決着の場合、勝ち馬だけプラス1ポンドというパターンが多いわけですが、このレースはそうなってない辺り、ハンデキャッパーが「スティルの負けて強し」を評価しているように見えまするね。111.75というCRは、セックスアローワンスを差し引けばG1相当なんですが、この基準保てばG1にしてくれたりするんかな?

福島記念(RR:100.0, CR:104.5=L)
102 102 メイショウドメニカ(102)
104 104 ウインブレイズ(107)
97 97 アサカディフィート(105)
97 97 ニシノシンフォニー(104)

上がり馬の入ったハンデ戦で、あんまりアテに出来るようなレートをもっていない馬が多かっただけに判断するのには苦労したが、そういうレースに限ってパーフェクト的中になっているのは微妙におかしい。まぁドメニカ当てれば全部当たるか、これは。

アルゼンチン(RR:102.25, CR:106.5?=G3)
105 108 アクティブバイオ(111)
102 107 ナチュラルナイン(102)
100 105 エリモシャルマン(104)
102 107 †ダンツランニング(109)
102 107 †ハッピールック(102)

( ´Д`)<先生!デッドヒートの場合、CRってどうつけるのでしょう?
てのはサテオキ、結果として相当の出世レースであると思われる京都大賞典勢を基準に考えて、そこそこ高めのレートつけてたんですけど、実は見落としてた4着デッドヒートのハッピールックの方が基準馬だったんですな。にしても、このメンバーならもちょっと付けてもいいと言えるし、ほっといても他のレースでレート取れるとも言える。


JBCクラシック(RR:110.5, CR:112.25=G2)
117 118 アドマイヤドン(117)
112 112 スターキングマンボ(112)
110 109 コアレスハンター(110)
103 101 ネームヴァリュー(f)(110)

ドンには余禄付くかなぁと思ったけど、付きませんでしたね。これもキングマンが非常にはっきりした基準だったので、まぁそんなに大きく動くレートではなく、強いて言えばある程度ネームヴァリュー辺りを調整するような数字かなと。

JBCスプリント(RR:111.25, CR:111.25=G2)
114 113 サウスヴィグラス(114)
113 112 マイネルセレクト(113)
109 108 スターリングローズ(109)
109 107 ハタノアドニス(109)

スターリングローズ基準にしたつもりで、1ポンド間違えたような予想レートになっちまいましたな。クラシックよりも僅差だけど、結果として格上の馬が走ってる分、CRでは逆転するというありがちな風味。

天皇賞(RR:116.0, CR:117.25=G1)
120 119 シンボリクリスエス(120)
117 117 ツルマルボーイ(117)
114 115 テンザンセイザ(114)
113 114 エイシンプレストン(118)

JCに向けて、勝ち馬にちょっとボーナスをつけたという感じだったのか。結果としてあんまり意味はなかったわけだが。レート自体はツルマルボーイを基準にして、まぁそんなに動きようのない範囲のレートではあり、要するにあれだけのペースでも上位2頭の結果はほぼ力通りという印象でした。
出来れば、もうちょっとクリが千切って欲しかったかな。

スワンS(RR:106.5, CR:108.25=G3)
111 113 ギャラントアロー(115)
102 103 テンシノキセキ(f)(107)
108 109 ゴッドオブチャンス(108)
105 106 ロイヤルキャンサー(105)

これはちょっとギャラントアローをなめたレートになっちゃってますね。個人的にはテンシノキセキ基準でもよかたんでねーのくらいの風味でしたが。ゴッドオブチャンスを真正直に評価しすぎた面はあって、本来この馬は110くらい取れるレート大将っぽい馬だし、もうちょっと上げてもよかったんじゃないかなと。

武蔵野S(RR:103.25, CR:107.25=G3)
112 112 サイレントディール(112)
106 107 ハギノハイグレイド(110)
97 99 ロングカイソウ(f)(101)
98 100 グラスエイコウオー(106)

一応、大方妥当らしいレートか。サイレントディールとハギノハイグレイドがどの程度この先に伸びるかという点がちょっとしたキーだったけど、JCダートで後者がちゃんと結果を出してくれたので(前者は・・・_| ̄|○)、まぁこの調子だったらそのうちG2格くらいのCRの出るレースになるかもなと。

ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ヒデ・ザ・ジャパニーズ 

某誌の「百合系少年誌カップリング」でスクールランブル系が出てなかった_| ̄|○(ご挨拶)
#因みに百合系人気が高いものとして「いちご100%」が出ていたが、
#基本的にハーレムものは女性適性は低いと思われ。

で、本題。
電波ライタースレより。

291 :   :03/12/02 02:04 ID:aHDxhlp9
 中田ってのは、バリバリ日本人だと思うんだけどなあ。
堅実な組織プレー。無口。頑固。時代劇によく出てくる
職人そのものじゃん。

この指摘は、非常に正しいと思う。
また、ヒデのサッカースタイルが、ある程度日本のサッカースタイルを規定しているような部分ってのはあると思うという意味で、この選手は「典型的な日本人」としてのベストプレイヤーだと思う。
しかし、本人の嗜好が「日本人らしさ」に向かっていないことが、恐らくこの選手の最大の不幸なんではないかな、と。
ちゃぶろ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top